山本健一がプロデュースする真夏のイベント、「サンライズヒル・穂坂 ヤマケンカップ2017」は8月11日(祝・金)、「アドベンチャーイン富士見」は8月19-20日に開催

これだけ暑い日が続くと近場では楽しく走れない、と嘆くトレイルランナーも多いことでしょう。そんな皆さんには今週、来週の週末に山梨、長野で開催のこちらのイベントはいかがでしょうか。トレイルランナー・がプロデュースする二つの大会はまだエントリー可能です。

Sponsored link


サンライズヒル・穂坂 ヤマケンカップ2017

8月11日の「山の日」に山本健一の地元・山梨県韮崎市で開催される大会は、昨年の山の日にできた穂坂自然公園のサンライズヒル・穂坂トレイルランニングコースで行われます。トレイルランニングのために整備されたコースとはいうもののなかなか手応えがあって経験者も楽しめるトレイルです。定員に達しない場合は大会当日でもエントリー可能となっています(9日水曜日夜の時点ではまだ定員にはなっていないとのことです)。もちろん、山本健一も会場で参加者の皆さんと歩いたり走ったりします。

  • 日時:8月11日(金・山の日)午前8:00開会
  • 場所:サンライズヒル・穂坂(穂坂自然公園)
  • 参加料:5km/1,000円、10km/2,000円
  • 定員:各150名
  • 申込み:定員に達しない場合、当日受付可。定員に達していないかの確認は韮崎市商工観光課(電話・0551-22-1111<内線213・214>)へ。
  • スケジュールなどの詳細は韮崎市観光協会のウェブサイト、または韮崎市役所のFacebookページでご確認ください。

アドベンチャーイン富士見

こちらは八ヶ岳南麓の長野県・富士見町の富士見パノラマリゾートで開催。8月19日土曜日はトレイルランナー・山本健一のプロデュースする「バーティカルKm」、翌日の20日日曜日はプロMTBライダー・松本駿がプロデュースする45kmの「MTBロングライド」のレースが行われます。

「バーティカルKm」は富士見パノラマスキー場の山麓から入笠山山頂までの6.4km、標高差1,000mを駆け上がるレースで、午後1時からビブ番号順に約10名のグループが1分間隔でスタートするという形式です。最寄り駅のJR中央本線・富士見駅から会場へのシャトルバスも運行されます。

大会当日は山本健一が参加者の皆さんと一緒に走るほか、大会当日の午前中には山本健一と一緒に走るファンランも開催されます。アドベンチャーイン富士見のエントリーは本日8月10日木曜日が締め切りです。

Sponsored link