DC Weekly | 先週末はイセエビCUP、Sean O’Brien、今週はTarawera、くだまつ笠戸島、OSJ奄美・2018年2月6日

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyを今年もお届けします。このDC Weeklyへ皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

(写真・週末に行われたPilipinas Akyathlonのスタート前。Photo courtesy of Asia Trail Master)

先週末のイベント

1月31日水曜日 – 2月3日土曜日:Le Treg

  • Le Treg (180k):アフリカ中央部のチャドで行われる180km、2,400mD+というコースで行われるシングルステージのレースで今回が4回目の開催でした。結果は Sebastian Chaigneauが28時間46分で優勝しました。2位にギヨーム・ルノルマン Guillaume Le Normandが30時間25分、3位が内田憲匡 Norimasa Uchidaで39時間53分でした。女子はバレリー・ルバイ Valerie Levaiが42時間39分で優勝しています。リザルトはこちら

2月1日木曜日 – 2月3日土曜日:Brazil 135

  • Brazil 135:ブラジル・サンパウロ郊外のサンジョアン・ダ・ボア・ビスタをスタートするウルトラマラソン。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

2月3日土曜日 – 4日日曜日:Rocky Raccoon

  • Rocky Raccoon 100:アメリカ、テキサス州ハンツビルで開催。ハリケーンによる被害のため周回コースが一部変更されて、今年は25マイルの周回コースを4周するレースとして行われました。米国陸連の100マイルのトレイル全米選手権ともなっています。レースは男子がロニー・デルツァー Ronnie Delzerが14時間52分、女子はサブリナ・リトル Sabrina Littleが15時間23分で優勝。ともに昨年優勝で、ともに後続に大差をつけての勝利でした。リザルトはこちら
これも読む
今年のUTMFを支える京セラの高耐久スマホ「TORQUE G03」で当サイトのライブ速報もお届けします!【PR】

2月3日土曜日:Sean O’Brien、TNF100 Thailand

  • Sean O’Brien (100k/50m/50k/26m):アメリカ・カリフォルニア州マリブで開催。100kmのレースがWestern Statesの出場権を得られるGolden Ticket Raceでした。男子はドイツのフロリアン・ノイシュバンダー Florian Neuschwanderが8時間48分で優勝、チャーリー・ウェア Charlie Wareが9時間6分で2位となり、ウェスタンステイツへのチケットを獲得。3位はタイラー・グリーン Tyler Greenで9時間20分。日本の永田務  Tsutomu NagataはDNSでした。女子は昨年からアメリカのウルトラランニング界での活躍が著しいコートニー・ドウォルター Courtney Dauwalterが大会新記録となる9時間38分で優勝。男女総合で4位というタイムでした。2位はケイト・エリオット Kate Elliottで10時間15分、3位はテイラー・ノウリン Taylor Nowlinで10時間34分。ドウォルターとエリオットがウェスタンステイツに出場します。リザルトはこちら
  • The North Face 100 Thailand (100k, 75k, 50k, 25k, 15k):タイ・バンコク近郊で開催のトレイルランニングレース。100kmのレースはデビッド・エンチ David Emchが9時間46分で男子優勝、女子はカロル・フックス Carole Fuchsが10時間21分、男女総合4位で優勝しました。リザルトはこちら

2月4日日曜日:Pilipinas Akyathlon、イセエビCUP

  • Asia_Trail_MasterPilipinas Akyathlon (46k):フィリピンのウゴ山で開催される46km 3,257mD+のレースで今年はAsia Trail Masterの第三戦でした。エリアス・タバック Elias Tabac(フィリピン)が5時間42分で男子のレースを勝ち取りました。7分差の2位にジェフリー・アリガン Jeffery Alligan、昨年優勝のマルセリーノ・サナオイ Marcelino Sano Oyはトップから10分差の3位でした。女子はマホ・リャオ Majo Liaoが優勝、マーホリー・ソフラ Marjorie Soflaマーホリー・ベロ Marjorie Veloが2位、3位に続きました。レースを途中までリードしていたサンディ・メンチ Sandi Menchiとグレチェン・フェリペ Gretchen Felipeは途中でコースをロストし、元のコースに戻るために時間をロスしたことが勝負に響くこととなりました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)
  • イセエビCUP おんじゅくオーシャントレイル10マイルレース(16k, 5k):千葉県・御宿で開催。コースは昨年からさらに魅力的に変更されている模様です。16kのレースは1時間9分で梅澤孟、1時間31分で桑原絵理がそれぞれ男女の優勝者となりました。男子は大野紘崇(1時間10分)、小川祐一(1時間12分)、女子は齋藤磨実(1時間33分)、西内宮佳江(1時間34分)がそれぞれ2位、3位でした。リザルトはこちら
  • X-RUN CHIBA クロスカントリー大会:千葉市・昭和の森公園。昨年から種目、距離が大幅にリニューアルしたクロスカントリー走の大会です。20km一般の部で上田瑠偉 が1時間6分4秒で優勝、2位は渕田拓臣 Takumi Fuchida(1時間9分44秒)、3位は吉見健太 Kenta Yoshimi(1時間12分12秒)でした。女子は永尾薫 Kaoru Nagaoが1時間16分58秒で優勝、2位に小柳里帆 Riho Koyanagi(1時間32分50秒)、3位に豊島英子 Eiko Toyoshima(1時間33分44秒)が続きました。リザルトはこちら
これも読む
DC Weekly | 先週末はOSJ新城、中辺路、Berkley Marathonsなど、今週はハセツネ30k、青梅高水山・2018年3月27日

今週末のイベント

2月10日土曜日:Tarawera、

  • Tarawera Ultramarathon (100m, 102k, 87k, 62k):ニュージーランドで開催のUltra-Trail World Tourの今シーズン第2戦です。今年から102kmのレースは昨年までとスタート、フィニッシュの場所が入れ替わり、カウェラウをスタートしてロトルアでフィニッシュ。また、100マイルのレースも今年から新たに加わりました。UTWTのレースとなる102kmには2015年のこの大会で優勝、2016年の短縮されたUTMFで優勝の Dylan Bowman(アメリカ)や昨年3位のサム・マカケオン Sam McCutcheon(ニュージーランド)がエントリー。女子はこの大会で3度優勝のルビー・ミュア Ruby Muir(ニュージーランド)に加え、ケリー・ウルフ Kelly Wolf(アメリカ)、ジョー・ザクレゼウスキ Jo Zakrzewski(イギリス)などがレースをリードしそうです。
  • MSIG Sai Kung (50k, 22k, 12k):香港の東部の豊かな自然が残る西貢 Sai Kungで開催。Action Asia Eventsが開催する香港の50kmレースシリーズの今シーズンの最終戦です。

2月11日日曜日:くだまつ笠戸島、OSJ奄美

  • くだまつ笠戸島アイランドトレイル(30k, 18k):山口県下松市の沖合、瀬戸内海に浮かぶ三日月形をした島、笠戸島で開催の奥宮俊祐さんがプロデュースする大会です。宮﨑喜美乃、東徹、常田めぐみ、川崎雄哉などの選手も招待選手として参加。
  • OSJ奄美ジャングルトレイル50K:奄美大島で2009年から開催されるOSJトレイルランニングシリーズの開幕戦。昨年の3月上旬の開催から開催時期が繰り上がりました。

2月11日日曜日 – 16日金曜日:The Coastal Challenge

  • The Coastal Challenge (230km, 6 stages):南米コスタリカで開催される6日間のステージレース。アメリカからティム・オルソン Timothy Olsonヘイデン・ホークス Hayden Hawks、イギリスのトム・エバンス Tom Evansがエントリー。女子ではエスター・アルブス Ester Alvesラグナ・デバッツRagna Debatsがエントリーしています。
Kyocera TORQUE G03
PR・京セラの
高耐久スマートフォン
「TORQUE G03」

トレイルランナーにオススメの
山での頼れる相棒。
Sponsored link