DC Weekly | 先週末はHong Kong Four Trails Challenge、UT Unseen Koh Chang、今週はトランスグランカナリア、9 Dragons・2018年2月20日

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyを今年もお届けします。このDC Weeklyへ皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

(写真・UT Unseen Koh Changのコースの様子。Photo courtesy of

先週末のイベント

2月11日日曜日 – 16日金曜日:The Coastal Challenge

  • The Coastal Challenge (230km, 6 stages):南米コスタリカで開催される6日間のステージレースでした。全日程のタイムの合計では 21時間44分でトム・エバンス Tom Evans(イギリス)が優勝。2位にはヘイデン・ホークス Hayden Hawks(アメリカ)ですが、トム・エバンスとは総合タイムがわずか4分差でした。3位はマイク・ワーディアンMichael Wardian(アメリカ)でした。ティム・オルソン Timothy Olson(アメリカ)はケガのため4日目にリタイアしています。女子は終始リードしたラグナ・デバッツRagna Debatsが26時間14分で優勝。2位はエスター・アルブス Ester Alves(ポルトガル)で29時間59分、3位はスザンナ・ワダラマ Suzanna Guadarrama(メキシコ)で30時間41分でした。ステージごとの途中経過はこちら

2月16日金曜日 – 18日日曜日:Hong Kong Four Trails Challenge

  • Hong Kong Four Ultra Trails Challenge (298km):香港の代表的なロングトレイル4つ(MacLehose、Wilson、Hong Kong、Lantau)を通して走る約300kmという壮大なチャレンジに今年は28人がチャレンジ。各トレイルの制限時間をクリアしつつ、全体の制限時間である60時間をクリアしたのはサロモン・ヴェトスタイン  Wettstein(スイス)が56時間14分、パイラト・バラシン Phairat Varasin(タイ)が57時間54分、とわずかに二人。60時間を超えてフィニッシュ地点に到着した「サバイバー」が5人、21人がリタイアという結果でした。参加者には厳しい週末になりましたが、完走率が低い厳しいイベントほど挑戦者の意欲を駆り立てる、という意味では成功した第7回大会でした。大会のFacebookページに今回の各選手の様子を伝える写真が多数掲載されています。
これも読む
DC Weekly | 先週末は房総半島、伊勢の森、TNF100 HK、今週はTOKYO八峰、いちご・2017年12月18日

2月16日金曜日 – 17日土曜日:Ultra-Trail Unseen Koh Chang

  • Asia_Trail_MasterUT Unseen Koh Chang (100 km / 70 km / 35 km / 13 km):タイのリゾート地、チャーン島で開催される大会は南国の暑さの中で、泥と木の根で滑りやすいトレイル、長く続くロードなど、過酷なコンディションの大会です。Asia Trail Masterの一戦でした。男子のレースはタイのトレイルランナー、アドベンチャーレーサーであるジェイ・ジャンタラブーンJay Jantaraboonが14時間27分で優勝し、46歳のベテランランナーであるサンヤ・カーンチャイ Sanya Khancaiが14時間44分で2位になりました。二人のタイムは昨年のこの大会でスティーブン・オン Steven Ongといいのわたる Wataru Iinoがタイで優勝した15時間6分を破って大会新記録となりました。女子のレースは波乱の展開でした。レースはATMのレースで活躍するルース・テレジア Ruth Theresia(インドネシア)が一時はフランスからバカンスで滞在中のエリザベス・レグロス Elisabeth Legrosに15分の差をつけてリードしますが、テレジアはコースをロスト。コースに戻った時にはレグロスが大きくリードしていました。しかしレグロスは足のマメが痛み始めたのに加えて、コース上で虫が耳に入り込むというトラブルに見舞われます。結局レグロスは75km地点でリタイアして、耳から虫を取り出してもらうために病院へ。結局、ルース・テレジアが23時間23分で優勝しました。2時間差で2位にはシンディ・パトリシア Shindy Patricia(インドネシア)でした。パトリシアもコースをロストしながらのフィニッシュ。3位はカンラヤ・スリナンタウォン Kanlaya Srinantawong(タイ)でパトリシアからさらに3時間差という展開でした。

UT Unseen Koh Changで優勝したジェイ・ジャンタラブーンJay Jantaraboon(右)と2位のサンヤ・カーンチャイ Sanya Khancai(左)。Photo courtesy of Asia Trail Master

2月17日土曜日:Black Canyon

  • Black Canyon Ultras 100k/60k:アメリカ・アリゾナ州で開催。ウェスタンステイツへの出場権をかけたGolden Ticket Raceでした。男子はティム・フレリクス Tim Freriksが8時間12分で優勝、2位はフアン・モラン Juan Moranで8時間53分。二人はウェスタンステイツへのチケットを獲得。女子は男女総合で2位という好成績でアイルサ・マクドナルド Ailsa MacDonald(カナダ)が優勝、フアン・モランとわずか2秒差でほぼ同時のフィニッシュでした。3位はコートニー・ドウォルター Courtney Dauwalterで9時間18分。ドウォルターはすでにウェスタンステイツへの出場権を獲得済みのため、3位のページ・パティジョ Paige Pattilloがチケットを獲得しました。リザルトはこちら

今週末のイベント

2月21日水曜日 – 25日日曜日:Transgrancanaria

  • Transgrancanaria (125k, 64k, 42k, 30k, 17k):スペイン・カナリア諸島のグランカナリア島で開催。Ultra-Trail World Tourの第3戦であり、まだ雪に覆われているエリアの多い欧州におけるトレイルランニングの開幕戦ともいえる大会です。当サイトでは昨年に続いてこの大会を現地で取材します。125kmのスタートは2月23日金曜日の午後11時(日本時間24日土曜日午前8時)です。プレビュー記事はこちら

2月23日金曜日 – 25日日曜日:9 Dragons

  • Asia_Trail_Master9 Dragons Ultra (50m, 50k):香港で昨年初開催の大会で、2回目の今年はAsia Trail Masterのレースともなっています。土曜日に50マイル(86km 4200mD+)、翌日に50k(53km 3600mD+)のレースが行われる二日間のステージレースとなっていて、ソロまたはペアで参加可能。このほか、50マイルおよび50kのレースのいずれかだけに参加することも可能、というユニークな大会です。香港の有力ランナーに加えて日本からも注目の選手が参加します。二日間を通した50-50の部には Keita Kobayashiコリーヌ・ウィリアムズ が参加。初日の50マイルのみには がエントリーしています。
これも読む
DC Weekly | 先週末はOSJ新城、Eco Trail de Parisなど、今週末は六甲、中辺路、瀬戸内アイランドトレイルなど・2017年3月22日

2月24日土曜日 – 25日日曜日:Antelope Canyon

  • Antelope Canyon (100m, 50m, 55k, & half marathon):アメリカ・アリゾナ州ページ近郊、砂岩が削られた回廊のようなトレイルが有名なアンテロープ・キャニオンで開催されます。

2月24日土曜日:三浦半島縦断

  • 三浦半島縦断トレイルラン大会(44k):NPO野外活動(自然体験)推進事業団が主催する、三浦海岸 から港南台まで三浦半島を北上するトレイルランニング大会。今回が8回目です。
Sponsored link