12月15日に開催・「復活!房総鋸山トレイルランレース」は参加者募集中

各地に甚大な被害をもたらした今年の台風。台風の影響で一旦は中止となった大会が地元の皆さんのご尽力により、形を変えて開催されることとなりました。

9月8日に千葉県・房総半島を直撃した台風15号は地元の皆さんの命や暮らしに打撃を与えましたが、山々も未曾有の被害を受けることになりました。12月15日に開催が予定されていた「房総半島横断2019」も、安房小湊(鴨川市)から金谷(富津市)の70kmのコースとなる林道の復旧の目処が立たないことから大会は中止と発表されていました。何より、未だ多くの地元住民や関係者の皆さんが不自由な生活を強いられています。

Sponsored link


こうした中にもかかわらず、地元の有志の皆さんが早くも「鋸山復興プロジェクト」を立ち上げ登山道の復旧に向けて全力で取り組んでおられます。そうした方たちの「このような時にこそ大勢の方に来てもらいたい、この鋸山をさらに元気にしてもらいたい」との願いから、大会が予定されていた12月15日に「復活!房総鋸山トレイルランレース」を開催することが決まりました。参加費の一部とTシャツの売り上げは鋸山復興プロジェクトに寄付されます。

大会は富津市の浜金谷フェリー埠頭をスタート・フィニッシュ地点とし、鋸山の山頂を通るコースで開催。「シングル」の15kmとループを2周する「ダブル」の28kmの二つのレースが行われます。参加申し込みは10月26日土曜日0時から。

「復活!房総鋸山トレイルランレース」は台風被害から復興しようという地域の皆さんを応援しつつ、トレイルランニングを楽しめる環境に感謝する、よい機会となるかもしれません。

またこのレースを企画・運営するフィールズが千葉県・御宿町で開催している「イセエビCUP おんじゅくオーシャントレイル」は例年通りに来年2020年2月2日に開催予定、とのこと。

※ DogsorCaravanでは台風の被害、復興の取組みについての情報を伝えていきたいと考えています。当サイトをご覧の皆様からの情報提供を歓迎いたします。

Sponsored link