Boa Technology社、敏捷性とスピードをテーマにしたデンバー大学との研究成果を初公開

努力するアスリートの背中を押そうとするBoaの本気を垣間見ることができます。

アメリカ・デンバーに本社のあるBoa Technology社はデンバー大学と共同で設置した研究施設「パフォーマンスフィットラボ」の最初の研究成果を発表しました。この研究により、ダイアルを回してシューズなどのフィットを最適にする®フィットシステムを用いたトライパネル(三面)構成がアスリートのパフォーマンスを1.5〜5%向上させることがわかりました。

Sponsored link


今回の研究は「敏捷性とスピード」。Boaフィットシステムを含む4つの異なるアッパー構成を備えたシューズで、31人の優秀な学生アスリートがジャンプ、ステップ、着地などの動作について複数回のテストを実施。この結果、Boaフィットシステムを用いたシューズがアスリートに有意な効果をもたらすことが明らかに。

共同研究にあたったデンバー大学機械工学准教授のブラドレー・デビッドソン Bradley Davidson博士は次のようにコメントしています。

「通常、イクイップメントを変更してもアスリートのパフォーマンスにはほとんど影響しませんが、今回のケースではBoaフィットシステムによる明確な改善を示すエビデンスが得られました。このクラスのアスリートにとって、数週間のトレーニングプログラム後の1.5〜4%のパフォーマンスの向上でさえ非常に重要であり、それがシューズを交換するだけで同等の効果が得られたのです。」

Boaでは今後「パワーと精度」、「耐久性と健康」をテーマにしたリサーチにも着手する予定。例えば前者はゴルフ、後者はトレイルランニングにおいてBoaフィットシステムがどのようにアスリートのパフォーマンスを改善をもたらしうるかを研究することになるそうです。

DogsorCaravanでもBoa Technology社の欧州オフィスを訪ねた際に、パートナーの製品向けにプロトタイプを制作している様子を見学しました。今回の研究成果はさらにその前の段階で、Boaが技術革新に取り組んでいることを示しています。

Boaではこうした研究を拡大しながら継続するほか、その成果を反映した最新のBoaフィットシステムを搭載したパートナーの製品の発売も予定されているそうです。

Sponsored link