2021年マウンテンランニング・ワールドカップ Mountain Running World Cupは3つのカテゴリーの16レースで開催 #WMRA

WMRA-logo世界マウンテンランニング協会(World Mountain Running Association)は来年2021年の「マウンテンランニング・ワールドカップ Mountain Running World Cup」の日程を発表しました。マウンテンランニングのW杯は今年2020年からレース数が増え、3つのカテゴリーをカバーする形式にリニューアルしていました。しかし実際には新型コロナウィルスの世界的な感染拡大によりW杯は中止に(シリーズを構成していた大会の中には開催されたものもあります)。2021年のW杯は今年に予定されていたシリーズ各レースをほぼ引き継ぐ形となりましたが、ポーランドとフランスから新たな大会も加わっています。また、開幕戦は昨年の5月初めから6月中旬にずれています。

カテゴリーは距離が20km前後未満の「クラシック Classic Mountain Race」、45km以下の「ロングディスタンス Long Distance Mountain Race」、そして登りを駆け上がる「ショートアップヒル Short Uphill Race」の三つから構成されます。16のレースのうち、ショートアップヒルが3つ、クラシックが7つ、ロングが6つという内訳です。

Sponsored link


このほか、2021年はマウンテンランニング・トレイルランニング世界選手権の開催が予定されています。その開催地や開催日の発表は予定されていた11月の上旬から遅れています。

現時点ではトレイルランニングなどの大会はCOVID-19の感染防止策をとった上で開催する事例も増えていますが、世界各国から広く参加選手を集める国際的な大会としての開催はほとんどの場合で見送られています。来年も国際的な感染状況や国境を越える移動の制限を見極めつつ、そして感染予防策を行うことが必須となるでしょうが、少しでも世界のアスリートの活躍と交流の場が復活することに期待したいところです。

  • 6月18-21日 アメリカ、カリフォルニア州スコーバレー
  • 6月26日 ポーランド、タトリ山脈
    • Tatra Race Run (24.2km 2,019mD+/2,019mD-, Long Mountain)
  • 7月11日 オーストリア、ハイリゲンブラット=アム=グロースグロックナー
  • 7月17日 フランス、サンジェルべ
    • La Montee du Nid d’Aigle (19.5km 2,000mD+ 100mD+, Classic Mountain)
  • 7月24日 ポーランド、コシチェリスコ
  • 8月7日 スイス、バレー州シエール
  • 8月15日 チェコ、フラデツ・クラーロヴェー州ヤーンスケー・ラーズニェ
  • 9月4-5日 イタリア、ロンバルディア州ブレシア県
  • 9月11-12日 スペイン、アラゴン州カンフランク
  • 9月26日 イタリア、プッリャ州ガリアーノ・デル・カーポ
  • 10月3日 スペイン、バスク州スマイア
  • 10月12日 イタリア、ロンバルディア州ソンドリオ県キアヴェンナ
Sponsored link