THE NORTH FACEの新作モデルがついにベールを脱ぐ・Flight VECTIV、世界同時発売

噂のトレイルランニングシューズがついに発表されました。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)は長距離に適したトレイルランニングシューズのトップモデル、Flight VECTIV(フライト ベクティブ)を1月26日に世界同時発売することを発表しました。湾曲したロッカー構造のミッドソールや3Dカーボンプレートなどからなる新開発のVECTIV™テクノロジーを搭載し、着地から蹴り出しまでのエネルギーを推進力に変えるトップアスリート向けのシューズとして発売されます。

Sponsored link


THR NORTH FACE / Flight VECTIV(フライト ベクティブ)

THR NORTH FACE / Flight VECTIV(フライト ベクティブ)

さらに「VECTIV SERIES」としてVECTIV Infinite(ベクティブ インフィニティ)、VECTIV Enduris(ベクティブ エンデュリス)も同時発売。これらはそれぞれレースでの自己ベスト更新を狙うランナー、完走を目指すランナーを想定したモデルで、VECTIV™テクノロジーを搭載しながらも素材が目的に応じて変更されています。

Flight VECTIVをはじめとするVECTIV SERIESは、日本国内では一部店舗及びブランドオフィシャルオンラインストアで先行販売、その後全国の「」直営店および取扱店などで順次販売が予定されています。

また発売にあわせて公開された「Flight VECTIV」特設サイトではシューズのコンセプトや開発のストーリー、アスリートのメッセージが発信されています。

カーボンプレート&ロッカー構造の走れるトレイルランニングシューズ

昨年10月下旬にTHE NORTH FACEが国内の関係者向けに開催したイベントの中でFlight VECTIVについてのプレゼンテーションと、Flight VECTIVの最終テストモデルを使って試し履きをする機会がありました。

VECTIV™テクノロジーは推進力、安定性、防滑性の三つの要素から構成される。

VECTIV™テクノロジーは推進力、安定性、防滑性の三つの要素から構成される。

ウィメンズモデルには細やかなスペックが盛り込まれている。

ウィメンズモデルには細やかなスペックが盛り込まれている。

TNFアスリートがレースの結果でVECTIVのパフォーマンスを証明している。

TNFアスリートがレースの結果でVECTIVのパフォーマンスを証明している。

手に取ってみるとソールが弓状にかかとからつま先へとゆるやかに上がっているロッカー構造、そして踵のミッドソールとアッパーの間に露出しているカーボンプレートに目をひかれました。どちらも今やランニングシューズのトレンドとなっていますがトレイルランニングでもこれから広まりそうです。

ロッカー構造のミッドソール

ロッカー構造のミッドソール

3Dカーボンプレート

3Dカーボンプレート

Surface Control™ ラバーを用いたアウトソール

Surface Control™ ラバーを用いたアウトソール

ただ、このFlight VECTIVのカーボンプレートは「3Dカーボンプレート」と呼ばれ、かかとや足の側面を包むような形状となっています。カーボンプレートとして反発力で着地から地面を離れるまでの足の動きをサポートするのに加えて、立体的な形状が着地時の足のブレを防いで安定感のある走りにつながります。同時に発売されるVECTIV Infiniteではプレートの素材がPebax®、VECTIV EndurisではTPUとなりますが、立体的なプレートで着地時の安定性を高めるというVECTIV™テクノロジーの特徴は共通しています。

Flight VECTIV

Flight VECTIV

このほか、Flight VECTIVではMatryx®と呼ばれるシューズの部位ごとに異なるニット素材がパネル状に組み合わされていて、高い耐久性、通気性を確保。アウトソールには各モデルとも滑りにくく摩耗耐久性に優れた生分解性素材ベースのSurface CTRL™ ラバーが使われています。

実際に走ってみるとロッカー構造による滑らかな体重移動を感じます。また、3Dカーボンプレートからくる反発力はスピードを上げて走るとよりはっきりするので、ペースを上げて走るのが楽しくなります(どれだけその楽しさを感じられるかは履く側の走力次第ですが、、)。

試し履きをする筆者

試し履きをする筆者

履く前に懸念したのは、薄手のアッパーの素材で長時間快適に走れるかどうか。実際に履いてみると、素材に適度な伸縮性があるためか当たりや擦れを感じることもなく、心配は杞憂に終わりました。

今回登場するVECTIV SERIESの中でもトップ選手向け、レースモデルとされるのが実際に試した「Flight VECTIV」ですが、これなら筆者のような普通レベルのトレイルランナーでも安心して履けそうです。「Flight VECTIV」 の3Dカーボンプレートの安定性&反発力でペースを(少しだけ)上げて走ることを楽しみたいと思います。

VECTIV SERIES・スペック

Flight VECTIV (フライト ベクティブ) メンズ

価格: 28,050円(税込)
カラー: TNFホワイト×TNFブラック(WK)
サイズ(インチ): 7、7.5、8、8.5、9、9.5、10、10.5、11
素材: <アッパー>Matryx®パネル、エンジニアードニット、TPEフットベッド <ボトムユニット>3Dカーボンファイバープレート、ハイリバウンド2層圧縮成型EVAミッドソール、Surface CTRL™ ラバーアウトソール
重量: 約285g(片方/9インチ)

これも読む
DC Weekly 2020年11月18日 - 山本健一「甲斐国」完走、びわ湖バレイスカイラン/動画版では「キリアンが24時間走の驚き」

W Flight VECTIV (Wフライト ベクティブ) ウィメンズ

価格: 28,050円(税込)
カラー: TNFホワイト×TNFブラック(WK)
サイズ(インチ): 5、5.5、6、6.5、7、7.5、8、8.5
素材: <アッパー>Matryx®パネル、エンジニアードニット、TPEフットベッド <ボトムユニット>3Dカーボンファイバープレート、ハイリバウンド2層圧縮成型EVAミッドソール、Surface CTRL™ ラバーアウトソール
重量: 約248g(片方/8インチ)

Flight VECTIV(フライト ベクティブ)

Flight VECTIV(フライト ベクティブ)

VECTIV Infinite (ベクティブ インフィニティ) メンズ

価格: 21,890円(税込)
カラー: TNFホワイト×TNFブラック(WK)
サイズ(インチ): 7、7.5、8、8.5、9、9.5、10、10.5、11
素材: <アッパー>Matryx®、TPEフットベッド、3D成型ヒールカウンター
<ボトムユニット>2層3D Pebax®プレート、2層EVA圧縮成型ミッドソール、Surface CTRL™ ラバーアウトソール
重量: 約307g(片方/9インチ)

W VECTIV Infinite (W ベクティブ インフィニティ) ウィメンズ

価格: 21,890円(税込)
カラー: TNFホワイト×TNFブラック(WK)
サイズ(インチ): 5、5.5、6、6.5、7、7.5、8、8.5
素材: <アッパー>Matryx®、TPEフットベッド、3D成型ヒールカウンター
<ボトムユニット>2層3D Pebax®プレート、2層EVA圧縮成型ミッドソール、Surface CTRL™ ラバーアウトソール
重量: 約264g(片方/8インチ)

VECTIV Infinite(ベクティブ インフィニティ)

VECTIV Infinite(ベクティブ インフィニティ)

VECTIV Enduris (ベクティブ エンデュリス) メンズ

価格: 18,590円(税込)
カラー: TNFホワイト×TNFブラック(WK)
サイズ(インチ): 7、7.5、8、8.5、9、9.5、10、10.5、11
素材: <アッパー>エアメッシュ、TPUマッドガード、TPEフットベッド
<ボトムユニット>2層 3D TPUプレート、2層EVA圧縮成型ミッドソール、Surface CTRL™ ラバーアウトソール
重量: 約316g(片方/9インチ)

W Vectiv Enduris (W ベクティブ エンデュリス) ウィメンズ

価格: 18,590円(税込)
カラー: TNFホワイト×TNFブラック(WK)
サイズ(インチ): 5、5.5、6、6.5、7、7.5、8、8.5
素材: <アッパー>エアメッシュ、TPUマッドガード、TPEフットベッド
<ボトムユニット>2層 3D TPUプレート、2層EVA圧縮成型ミッドソール、Surface CTRL™ ラバーアウトソール
重量: 約278g(片方/8インチ)

VECTIV Enduris(ベクティブ エンデュリス)

VECTIV Enduris(ベクティブ エンデュリス)

Sponsored link