中国当局が「5・22」黄河石林100kmトレイルランニングレース21選手死亡事故の調査報告と関係者の処分を発表

・甘粛省の政府当局は5月22日に起きた黄河石林100kmトレイルランニングレースで低体温症などにより21人の選手が亡くなった事故について、調査結果と関係者の処分を発表しました。中国メディアによれば発表は6月11日に行われ、事故の直接的な原因としてコース最大の難所で急な悪天候に見舞われたこと、大会主催者の危機管理意識の欠如を挙げたほか、背景として大会主催者の運営体制や救護体制に問題があったことが指摘されています。

あわせて、大会運営を受託していた企業の幹部5人の逮捕と訴追のほか、大会が開催された白銀市のトップを含む27人が処分されました。この処分に先立って9日10時ごろ大会開催地の白銀市景泰県トップの李作璧・県党委書記が飛び降り自殺したことも報じられています。

link


【追記あり】2019年UTMF2位のリャン・ジン Liang Jing 梁晶を含む21選手がレース中に死亡、中国・甘粛省のトレイルランニング大会で天候急変

2021.05.23

以下では11日の甘粛省当局による発表時の記者会見資料と思われるテキストの日本語訳をご紹介します。*太字による強調は当サイトによるものです。日本語訳はDeepLによる翻訳を固有名詞など部分的に修正しました。

2021年5月22日(第4回)黄河石林マウンテンマラソン100キロオフロードレースと農村活性化健康ランが、黄河石林景勝地の白銀市、景泰県で開催され、100キロのオフロードレースでは、強風、降水、冷却の影響が大きい天候に遭遇し、21人の参加者が死亡、8人が負傷しました。

事件後、中央の指導的な同志が重要な指示を出し、救急救命、負傷者の救出と治療、アフターケア、事件の調査などの仕事をしっかりと行うことが求められ、深い教訓を得て、危険防止を強化し、スポーツイベントの組織と管理を改善し、法律に則り、責任を真剣に調査する。

甘粛省政府は、省党委員会書記の尹弘と、省長の任振鹤が自ら手配、調整、指揮を行い、人員の捜索と救助、アフターケア、負傷者の治療、事件の調査などを実施した。 6月4日現在、犠牲者21名の遺骨はすべて適切に安置され、負傷者8名のうち7名は5月25日までに退院し、重傷者1名は白銀市の第一人民病院で治療を続けている。

「中華人民共和国緊急対応法」「大規模マスイベント安全管理規定」「スポーツイベント活動管理方法」などの法令に基づき、省政府は合同調査チームを設置することを決定した。省の緊急部門の主な責任者同志が責任者となり、省の公安部門、省のスポーツ局、省の気象局の責任者同志が副責任者となり、省の規律検査委員会、省の党委員会組織部、省の検察院などの関連部門から構成のバックボーンを引き出し、中国気象局、国家体育総局、省の気象学、イベント組織、スポーツ医学、企画管理などの専門家の参加を求めた。

合同調査チームは、法に従い、客観的かつ公平、厳格かつ真実であり、社会の一般的な要求と人民のテストに耐え、事実に基づいた、真面目で真剣な調査作業を行います。 10バッチ以上の現場調査とテクニカルフォレンジック、360人以上へのインタビューと聞き取り、90の重要なインタビュー、800以上のあらゆる種類のドキュメントと情報へのアクセス。 現地調査、調査と証拠収集、専門家による論証と総合的な分析により、イベントの準備、事件、現場での救助状況を確認し、事件の原因を分析し、事件の性質を決定し、関連する責任部署と担当者の責任を決定し、事件処理のための提言を行い、事件から得られた教訓をまとめ、再発防止策を提案しました。

調査の結果、「2021年(第4回)黄河石林マウンテンマラソン100キロオフロードレースと農村活性化健康マラソン」は、白銀市党委員会と市政府が主催し、白銀市体育局と景泰県党委員会と県政府が主催し、市と県の関連部門が共催し、黄河石林大景勝地管理委員会が執行部門、その下部企業である景泰黄河石林文化旅遊発展有限公司が推進と実際の実施部門、甘粛省盛京体育文化発展有限公司が運営部門となっていることが確認されました。

2021年5月22日に開催されたこのイベントは、5kmの村おこし健康ラン、21kmのトレイルランニングレース、100kmのトレイルランニングレースの3つのグループで構成されています。 実際の参加者(観光客を除く)は、「村おこし健康マラソン」が約1,700名、「21kmトレイルランニングレース」が93名、「100kmトレイルランニングレース」が172名など、約1960名でした。 午前9時に3つのグループが同じスタート地点で号砲を鳴らし、午前10時30分頃に「村おこし健康マラソン」(5km)、午後12時30分頃に「クロスカントリーレース」(21km)が無事終了しました。

10時30分頃、100kmのトレイルランニングレースエリアでは雨が降り始め、CP2(24km地点)からCP4(38km地点)では8時から気温が下がり続け、5~7℃の冷え込みが5時間続き、CP2からCP3(32km地点)の高地区間では、8時から13時までの平均風速は最大6~7レベル、最大突風は8~9レベルでした。 100kmのトレイルランニングレースは12時頃まで続き、131人の参加者がCP2を通過した。

12時17分頃、レース関連組織のスタッフと仕事のWeChatグループは、参加者、救助隊員の遭難情報を受信しており、12時20分、参加者の脱退報告を受信し、12時56分、景泰県110番司令部は、参加者の遭難警報コールを受信し、石林警察署が救助に向かいました。 期間中、イベント運営部隊は、退避する人々を次々と収容するための車両を手配し、現場に配置された救助隊は、一部の参加者の救助活動を行いました。

14時10分、多数の参加者が棄権したためにレースが中断され、主催者側は救助活動を開始したが、レースの中断を発表しなかった。 15時00分、景泰県の主担当者は黄河石林の管理委員会から、レースで発生した問題についての報告を受けた。 15時10分、レース主催者は長生村の村民で朱克铭氏から、2人のランナーが地面に倒れているのを発見し、死亡した可能性があるとの電話報告を受けた。

15時34分、白銀消防分遣隊が市民からの通報を受け、景泰県の条山消防署の車両と人員を救助に向かわせた。16時30分頃、景泰県政府の主要担当者が現場に駆けつけ、関連する救助作業を手配した。17時頃、捜索救助隊員がCP2でCP3の方向にいる1人の生命のない参加者を発見した。

17時、白銀市政府の関係者が現場に到着し、17:10頃、景泰県党委員会の主担当者が白銀市党委員会の主担当者に電話で状況を報告しました。 19時、レース主催団体が確認したところ、139名がマッピング後に無事または帰還し、33名が行方不明となりました。

19時10分、白銀市党委員会の主要責任同志が省党委員会に状況を報告し、省党委員会書記の尹弘がすぐに特別会議を開催し、救助活動の展開を手配した。 省長の任振鹤が現場に駆けつけ、現場の指揮権を確立し、あらゆる面での力の調整と指揮を行い、捜索と救助、処理作業を行った。

19時00分、白銀市公安局、白銀市消防救助隊、白銀会社、金源石炭救助隊などの市の救助隊が相次いで救助に入り、20時45分、省の消防救助隊、森林火災などの省の救助隊が相次いで救助に入りました。

5月23日午前2時30分頃、捜索救助隊員が負傷した参加者を発見し、直ちに病院に搬送して治療を行いました。これまでのところ、33名の遭難者のうち、20名の死亡が確認され、12名が救助されましたが、1名がまだ行方不明です。

9時10分、最後の迷子が発見されましたが、生命反応はありませんでした。172名の参加者のうち、151名が最終的に拾得または捜索され、安全な場所に移されたことが確認されました(負傷者8名は病院で治療を受けました)が、21名が死亡しました。 11時50分、最後の7名の犠牲者の遺体が山を降りて移されました。

5月23日12:00、現場指揮所は緊急救助活動の終了を発表した。

調査の結果、エクストリームスポーツイベントの100kmトレイルランニングレースの最高難度区間で強風、降水、気温というインパクトの強い天候が原因で、重大な死傷者を出した公共安全責任事故であると判断しました。また、標準化されたイベントの組織・管理がなされておらず、専門家ではない運営実行が行われたことも原因となりました。

この事故の直接的な原因は、100kmのトレイルランニングレースの参加者が、その日の最も強度が高く難易度の高いステージで最大の風、降雨、冷却に遭遇し、その結果、体温が最も低くなり、急性低体温症により一部の参加者が死亡したことである。 12:00頃、131名のランナーがCP2を通過し、CP2からCP4までの14km、最高高度2,230mのステージに入った。13:00頃、CP3付近の気温は4℃程度まで下がり、平均風速6~7、最大突風速8~9、3~5mmの降水を伴い、風と降水の影響で体感温度は-5~-3℃に下がった。15時まではほとんどの時間、体温が0℃以下になります。 体感温度が最も低い状態が続き、荒野の高原の環境や薄手の衣服など多くの要因が重なり、急性低体温症で死亡した参加者もいました。 本作品の直接的な原因は、大会主催団体の危機管理意識が弱く、レース前に気象庁から特別気象情報や強風の青色警報を受けても有効な対策を取らず、高地レースの要求に応じて防風・防寒装備を必須装備に含めなかったこと、100kmトレイルランニングレースのコース上に無理な補給地点を設定し、医療支援やレースの主催者および運営者は、組織・管理・運営のレベルが低く、要求された基準に従ってレースの特別な緊急計画やセキュリティ対策を策定しておらず、緊急救助隊の準備が著しく不足していました。救助要請やレースからの広範な撤退の情報を受け取った後、予備的な救助が十分に調整・組織されていませんでした。救助要請とレースからの撤退の情報を受け取った後、予備的な救助は十分に調整されず、組織的に行われなかった。

この事件は、次のような間接的な理由でも起こりました。まず、イベントの組織や運営が標準化されていないこと。 白銀市、景泰県では、この大きなイベントでは、特別な調査と意思決定を行わず、真剣に配備の手配をせず、作業プログラムを急いで発行した結果、関連する部門やユニットが効果的なセキュリティ対策を取るためにイベント活動の準備をしていません。イベントの実施単位は、オペレーティング-ユニットは、特別なセキュリティプログラムや緊急計画を開発しておらず、イベントの特定のオペレーティングエージェンシーの専門スタッフの強さと専門的な能力が深刻な不足している。 2つ目は、安全管理措置が実施されていなかったことです。 白銀市と景泰県のスポーツイベント管理部門は、業界の安全監督責任を真剣に果たしておらず、イベント終了後も監督措置を厳密に実施していなかった。 市・郡レベルの関連機能部門は、大規模なマスイベントの要件に従わず、イベントの実行・運営部門が策定したセキュリティプログラムの効果的な監督の実施、セキュリティ対策を行った。 3つ目は救助隊の準備が整っていなかったこと。 大会の関連ユニットの作業プログラムと関連計画では、緊急救助隊の派遣、緊急救助隊員、資機材の準備が十分ではありません。 4つ目は、安全・安心の条件が十分でないこと。イベント関連のユニットは、通信セキュリティ対策を実施していない、イベントエリアの無線通信信号のカバレッジが完了していない、CP3のウォーキートーキーの中間信号局に設定していない、その結果、早期の救助コマンドの通信がスムーズでなく、救助効率に影響を与えます。

調査の結果、甘粛省盛京体育文化発展有限公司が事件の直接の責任者であることが判明し、同社の責任者である张小燕氏をはじめとする5名の逮捕が正式に承認され、司法当局が法に基づいて刑事責任を追及することになりました。 大会主催者、請負業者、共同主催者、エグゼクティブオペレーター16ユニットとその27関連人員は、事件の発生に責任がある、法律と規律に従って責任を負うべきである、回復の意見は、規律検査のための地方委員会の責任ある同志によって通知されます。

この公共の安全に関わる責任ある事件、その結果は非常に深刻であり、教訓は非常に痛いものです。 今回の事件は、リスクの予防と管理に対する意識の欠如がセキュリティの発展に対する最大の脅威であり、セキュリティの責任を履行しないことが公共の安全に対する最大の隠れた危険であり、プロ意識と専門能力の欠如が指導的幹部の最大の欠点であることを私たちに警告した。 今回の事件は、党委員会、各級政府、指導幹部が、人間中心の発展思想をしっかりと確立し、安全な発展のために「人間第一、生活第一」の概念を効果的に導入しなければならないこと、党と人民に託された神聖な任務と使命を遂行し、発展の側面を促進し、平和の側面を確保するという重大な政治的責任を効果的に導入しなければならないこと、さまざまなリスクに対応する能力とレベルを常に向上させ、効果的に導入しなければならないことを私たちに警告している。 様々なリスクへの対応力とレベルを継続的に向上させ、リスク予防と緊急対応のための効果的な施策を効果的に行っていく必要があります。

調査報告書では、公共安全のリスク防止を強化するための提言を行っています。まず、国民第一、生活第一を堅持し、心配性の感覚を高め、しっかりとしたボトムラインの思考を持ち、安全な発展のための思想的、運営的意識を効果的に強化することです。 第二に、公共安全の緊急システムを改善し、あらゆる種類のリスクや危険をタイムリーに排除し、公共安全の緊急事態への対応能力とレベルを効果的に向上させる。 第三に、スポーツイベントに関する規制・基準のシステムを改善・完成させ、スポーツイベントの主催者・契約者・運営者の安全・安心に対する責任を強化し、スポーツイベントの健全な発展を効果的に推進する。 第四に、スポーツイベントの安全リスク評価を強化し、その後の監督を強化し、イベントの専門化を促進し、スポーツイベント監督サービスのレベルを効果的に向上させること。 第5に、大規模イベントの安全責任の管理と実施システムの垂直方向を末端まで、水平方向を末端まで確立して改善し、大規模イベントの安全管理レベルを効果的に向上させる。 第6に、各種の緊急計画を策定・改善し、緊急時の連携メカニズムや対応手順を標準化し、指揮・調整を強化し、緊急計画の管理や救助・処分のレベルを効果的に向上させること。 第七に、スタイルの構築を粘り強く強化し、形式主義と官僚主義を断固として克服し、層ごとに、誰もが実装を把握し、すべてが実装できるように、優れたワークスタイルで人々の安全を確保し、地域の発展を促進する。

Sponsored link