DC Weekly 2021年6月14日 – 嬬恋スカイラン、Olla de Núria/動画で先週末の配信・収録振り返り

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

動画でお送りするDC Weeklyはこちらから。この記事に加えて、先週末に当サイト岩佐が登場した上田瑠偉選手のライブ配信の振り返り、今週公開予定のUTMFの共同代表、千葉達雄さんのインタビューの紹介をしています。

link


ClubhouseではDogsorCaravanのルーム「トレイルランニング・ジャーナル」を開いています。毎週日曜日の朝に「サンデートレイル」で雑談したりしています。フォローしていただけたら次回のお知らせも届きます。

(写真・嬬恋スカイラン【SKYRIDGE】で女子優勝の上田絢加。Photo by © 計測工房)

この記事の目次はこちらから

これも読む
DC Weekly 2020年6月10日 - 丹羽薫が「シガイチ」を7日目に完走、コリー・ウォルタリングが1900kmのロングトレイルに挑戦中、トレイルランニング再開時のガイドライン

先週末開催のイベント

6月11日金曜日 – 13日日曜日

Riano Trail Run (3 stages – 91k)

スペインのカスティーリャ・レオン州で開催される3日間のステージレース。リザルトはこちら

6月12日土曜日

バターになったトラ競走

山梨県北杜市、白州・尾白の森名水公園「べるが」で開催。3.3kmの周回コースを5周するレースの女子では井上千賀子(1時間26分)、宮本亜貴子(1時間32分)、上手幸恵(1時間33分)がトップ3に。男子は北村修二が1時間0分の1位でフィニッシュ。2位に(1時間1分)、3位に葛窪千晴(1時間2分)。男子ではこのほか4位に牧野公則、5位に大瀬和文、6位に菊嶋啓、7位に加藤淳一が続いています。今回の主催者チームが開催するスリーピークス八ヶ岳トレイルは例年の6月から延期して10月30-31日に開催予定。リザルトはこちら

Eco Trail Stockholm (80k, 40k, 16k)

スウェーデン・ストックホルムで開催された都市型トレイルランニングのイベント。6月1日から150人以内のレース開催が解禁されたことから、12日、13日の両日にわたって最大150人のレースを9つ開催という形式で行われました。80kmではアイナルス・カンピンス Ainars Kumpins(ラトビア)が7時間11分。マリン・フォルスベリ Malin Forsberg(スウェーデン)が9時間27分でそれぞれ男女のレースで優勝しました。リザルトはこちら

South Dawns Way 100m

イギリス、イングランド南部のサウス・ダウンズ・ウェイトレイルで行われるポイント・トゥ・ポイントの100マイルレース。男子は50歳代カテゴリーのピーター・ウィンドロス Peter Windrossが15時間30分、女子はアリス・ロビンソン Alice Robinsonが18時間48分でそれぞれレースを制しました。リザルトはこちら

Kettle Moraine 100

アメリカ・ウィスコンシン州で開催される100マイルのトレイルランニングレース。男子はマイク・エルスバリー Mike Elsburyが17時間37分、女子ではレイチェル・レゴナ Rachel Regonaがそれぞれ優勝。大会の模様はライブ配信されていました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

6月13日日曜日

嬬恋スカイラン【SKYRIDGE】(38km)

群馬県嬬恋村。スカイランナー・ジャパンシリーズのスカイシリーズ第二戦となるレースが38km 2550mD+のコースで雨の中、行われました。男子では近江竜之介が3時間24分で圧勝、藤飛翔(3時間34分)、上正原真人(3時間39分)がトップ3に入りました。女子は上田絢加が4時間22分で優勝、13分差で楠田涼葉(4時間36分)が2位。(4時間48分)が3位でした。リザルトはこちら。(追記・悪天候のためロングのコースはミドルのコース2周に変更され、コースは31km 2300mD+で開催されました。2021.06.14)

嬬恋スカイラン【SKYRIDGE】で男子優勝の近江竜之介。Photo by © 計測工房

嬬恋スカイラン【SKYRIDGE】で男子優勝の近江竜之介。Photo by © 計測工房

トレイルランニングin山の里(25kなど)

兵庫県赤穂郡上郡町で開催。ピュアランド山の里周辺の遊歩道と林間トレイルを組合わせた未舗装の特設コース約2.5kmの周回コースで開催されました。各部門の優勝は25km女子が名村洋子(3時間38分)、男子が万場大(2時間24分)。15kmでは阿部恵理(2時間3分)、古林茂人(1時間30分)、7.5kmでは泉恵美(48分41秒)、小牟田竜一(42分39秒)が男女それぞれのレースで優勝しています。リザルトはこちら

これも読む
DC Weekly 2021年10月19日 Penyagolosa Trails、Big Dog’s Backyard Ultra、VerticalM

Olla de Núria (21.5km)

スペイン・カタルーニャ、ヌリアで行われた21.5km 1940mD+のレースがGolden Trail World Seriesの開幕戦でした。男子のレースの前半の登りセクションはレミ・ボネ Rémi Bonnet(スイス)がスティアン・アンゲルムンド Asitan Angermund(ノルウェー)に25秒のリードという展開。しかし、下りが強みのアンゲルムンドが後半にリードを奪い、ボネはコース上で転倒して腕に切り傷を負うというアクシデント。結果、スティアン・アンゲルムンドが2時間4分で勝利、1分半の差でレミ・ボネが2位に(2時間5分)。ダビデ・マニーニ Davide Magnini(イタリア)が2時間6分で3位でした。女子は昨年、アソーレスでGTWCチャンピオンとなったモード・マシス Maude Mathis(スイス)がスタートから首位を守り続けて2時間21分で優勝。2時間34分で2位で続いたジュディス・ワイダー Judith Wyder(スイス)に12分半もの大差をつけての勝利でした。3位はオイアナ・コルタザ Oihana Kortazar(スペイン)で2時間35分でした。シリーズ第二戦は7月4日にシャモニーで開催されるMarathon du Mont-Blancとなります。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

Photo courtesy of @GoldenTrailWorldSeries @OlladeNuria

Photo courtesy of @GoldenTrailWorldSeries @OlladeNuria

Caumsett Park 50K

アメリカ・ニューヨーク州のロングアイランドで開催。50kmのロードウルトラマラソンの全米選手権でした。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

今週末開催のイベント

6月18日金曜日 – 19日土曜日

(延期)Broken Arrow VK / Skyrace(VK, 52k, 26k, 11k)

アメリカ・カリフォルニア州スコーバレーで開催。今年の大会は10月1-3日に延期されています。VKと26kmのレースが昨年に続いてマウンテンランニング・ワールドカップ Mountain Running World Cup、26kmのレースはさらにGolden Trail National Seriesの北米シリーズの最終戦となっています。なお、マウンテンランニング・ワールドカップは6月27日のTatra Race Run(ポーランド)、GTNS北米シリーズは8月14日のQuebec Mega Trail(カナダ)の51kmがそれぞれ開幕戦となります。

(中止)Scenic Trail(M100, K113, K54, K27, K18, VK)

スイス南部のイタリア語圏であるティチーノ県で開催の大会ですが、100マイルをはじめとするレースは中止に。バーティカルレースのみが6月20日に開催されます。

(中止)Zugspitz Ultratrail (103km, 82.6km, 64.1km, 39.5km, 25.6km)

ドイツ南部のオーストリアの国境の町、グライナウを拠点に5つのレースが開催される大会。今年の大会も新型コロナウィルスのために中止となり、次回は来年7月17-19日開催とアナウンスされています。

6月18日金曜日

Bighorn 100(100マイル、52マイル、32マイル、18マイル)

アメリカ・ワイオミング州のビッグホーン国立森林公園で開催される歴史あるトレイルランニングレース。今年は開催されます。

これも読む
DC Weekly 2019年9月19日 - Tor des Geants、信越五岳、TMBT、Drei Zinnen、Zacup

(中止)Dalat Ultra Trail (70k)

ベトナムの高原都市、ダラットで開催の大会は当初の3月開催予定から6月19-21日開催へ変更と発表されていましたが、その後2022年3月開催がアナウンスされた模様です。

6月19日土曜日 – 20日日曜日

(中止)トレニックワールド 100mile & 110km in 彩の国

埼玉県越生町のニューサンピア埼玉おごせを会場に開催される大会で、屈指の難度で知られる100マイルと110kmのトレイルランニングレースとして近年注目されています。当初予定されていた5月22日〜23日は東京都の緊急事態宣言により6月19日〜20日に延期されていましたが、その後中止と発表されました。

(延期)mozart 100 (108km, 78km, 42km, 31km, 21km, 9km)

オーストリアの古都でモーツアルトの生地、世界遺産の街として知られるザルツブルグを拠点に開催。今年のUltra-Trail World Tourのシリーズ戦となっているほか、来年からスタートするUTMB®︎ World Seriesのレースとしてラインナップされることが発表されています。今年の大会は9月3-4日に延期して開催予定です。

6月19日土曜日

Livigno Skymarathon (34k, 17k)

アルプス山脈の山中の村、リヴィーニョで開催。スカイランナー・ワールドシリーズの大会となっており、今年は4月に日本で行われたMt. Awa Skyraceに続く第二戦となります。

Mohican 100

アメリカ・オハイオ州で開催の100マイルトレイルランニングレース。COVID-19対策を行なって開催されます。

(中止)West Highland Way 95m

イギリス・スコットランドのグラスゴー近郊で開催の95マイル(153km)、累積獲得高度は4,500mD+という大会。今年も開催は見送られ、代わってバーチャル大会が行われます。

(中止)湯沢スカイエクストリーム(55k、27k、15k)

ガーラ湯沢スキー場をメイン会場にした55kmと27km、15kmのレースですが、今年は大会開催を見送ると発表されています。

6月20日日曜日

(延期)八王子丘陵ファントレイルin太田

群馬県太田市・八王子山公園。太田市から桐生市にまたがる八王子丘陵を舞台に鏑木毅さんがコースプロデュースする大会。11月21日に延期されています。

(中止)青梅市民体育大会トレイルラン(10k)

東京都青梅市。風の子太陽の子広場をスタートする5kmの往復コース。今年は中止に。

(中止)Echigo Country Trail (60k, 22k, 2.5k)

新潟県長岡市小国町。昨年に続いて今年も大会は中止となっています。

(中止)OSJ山中温泉トレイルレース(74k)

石川県加賀市。山中温泉をメイン会場とする70kmを超える本格的なトレイルランニングレース。大会は「来年に延期」となりました。

(延期)三原・白竜湖トレイルランレース(22k)

広島県三原市。新型コロナウィルス感染症の拡大のために大会は延期となり、現在は8月29日開催に向けて調整中。2017年は台風、2018年は豪雨災害と大会の中止が続き、2019年に久々の開催となった翌年は新型コロナでの中止となりました。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Beyond Jogging
マインドフル・ランニングの名著
「ほんとうのランニング」初邦訳

2021年12月発売
Sponsored link