上田瑠偉がバーティカルで世界チャンピオンに・スカイランニング世界選手権初日【7月9-11日開催】

一年のギャップがあっても上田瑠偉の快進撃は続く!

スペイン・カタルーニャで開催されているBUFF® Mountain Festivalで7月9日にスカイランニング世界選手権 Skyrunning World Championshipsが開幕し、初日のバーティカル競技で Ueda Ruy選手が欧州のトップ選手たちとのレースを制して優勝。2019年のスカイランナー・ワールドシリーズでの年間チャンピオンに続いて再び世界の頂点に立ちました。上田選手は10日日曜日のスカイ競技にも出場予定で、今回の世界選手権で二冠に挑みます。

Sponsored link


今回の世界選手権のバーティカル競技が行われたのは、バルエラ Barrueraの町から距離2.8kmで累積獲得高度1000mD+を登るコース。一斉にスタートした男子の33選手をリードする上田は2.2km地点(481mD+)を後続に7秒差をつけてトップで通過。そのまま35分6秒でフィニッシュして勝利を手にしました。32秒差で2位のダニエル・オサンズ Daniel Osanz Laborda(スペイン)は23歳で、2018年、2019年のユース世界選手権で優勝、2019年のVertical Kilometer World Circuitの年間チャンピオン。オサンズに17秒差で3位のロベルト・デロレンジ Roberto Delorenzi(スイス)も現在23歳、2017年、2018年、2019年のユース世界選手権で優勝した経験を持ちます。

上田は2016年に同じコースで行われたスカイランニング世界選手権では36分27秒で10位となっていました。

一方、20人の各国代表選手が参加した女子のレースではマルセラ・バシノバ Marcela Vasinova(チェコ)が41分0秒で後続に2分以上の差をつけて圧勝。昨年のSwissalpine Davos K68で優勝、 Ultraks 25k優勝、アソーレス諸島でのGolden Trail Championshipで7位となっており、先週末のMarathon du Mont-Blancでは5位でフィニッシュしたばかりです。2位には43分14秒でオイアナ・コルタザ Oihana Kortazar Aranzeta(スペイン)。先月のOlla de Nuriaでの3位に続いて表彰台に立ちました。3位はイリス・パッシー Iris Pessey(フランス)が入りました。

日本代表チームでは、上田のほか男子で近江竜之介 Omi Ryunosukeが7位、上正原正人 Kamishohara Masatoが19位、女子で楠田涼葉 Kusuda Suzuhaが15位、上田絢加 Ueda Ayakaが17位でした。

初日のVKを終えた上田瑠偉(中)、近江竜之介(右)、上正原正人(左)の各選手。Photo by Japan Skyrunning Association

初日のVKを終えた上田瑠偉(中)、近江竜之介(右)、上正原正人(左)の各選手。Photo by Skyrunning Association

スカイランニング世界選手権は二日目の10日土曜日に68kmのスカイウルトラ競技、最終日の11日日曜日に42kmのスカイ競技が行われます。上田瑠偉選手は日曜日のスカイ競技にもエントリーしており、初日のバーティカルとあわせて二冠、そして両競技を合算するコンバインドでの優勝を目指すこととなります。

スカイランニング世界選手権2020・VK( Epic Trail)

リザルトはこちら

女子 Women

  1. マルセラ・バシノバ Marcela Vasinova(チェコ)00:41:00
  2. オイアナ・コルタザ Oihana Kortazar Aranzeta(スペイン) 00:43:14
  3. イリス・パッシー Iris Pessey(フランス) 00:44:26
  4. リナ・エルコット・ヘランダー Lina El Kott Helander(スウェーデン) 00:45:18
  5. シルビア・ララ Silvia Lara Diéguez(スペイン) 00:45:46
これも読む
DC Weekly 2019年12月17日 - Soochow International Ultramarathon、Malaysia Mountain Festival、Tokyo Vertical Race、養老山脈、伊勢の森、近江湖南、Tokyo Vertical

15 楠田涼葉 Kusuda Suzuha(日本) 00:52:04
17 上田絢加 Ueda Ayaka(日本) 00:52:56

男子 Men

  1. Ueda Ruy(日本) 00:35:06
  2. ダニエル・オサンズ Daniel Osanz Laborda(スペイン) 00:35:38
  3. ロベルト・デロレンジ Roberto Delorenzi(スイス) 00:35:55
  4. マヌエル・ダ・コル Manuel Da Col (イタリア) 00:36:05
  5. オスカー・カサル・ミル Oscar Casal Mir(アンドラ) 00:36:52

7 近江竜之介 Omi Ryunosuke (日本) 00:37:44
19 上正原正人 Kamishohara Masato(日本) 00:41:59

Sponsored link