DC Weekly 2021年8月16日 マウンテンランニングW杯、ティム・オルソンがFKT更新/来週はUTMB開幕

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

動画でお送りするDC Weeklyはこちらから。

link


ClubhouseではDogsorCaravanのルーム「トレイルランニング・ジャーナル」を開いています。毎週日曜日の朝に「サンデートレイル」で雑談したりしています。フォローしていただけたら次回のお知らせも届きます。

(写真・Krkonossky Half Marathonで優勝のジェフリー・ンダング Geoffrey Ndungu(ケニア) photo by WMRA)

この記事の目次はこちらから

これも読む
DC Weekly 2020年11月2日 - Golden Trail Championship、Thailand by UTMB®︎、Eboshi/動画版でThe North Faceで白馬をレポート

トレイルランニング関連ニュース

スコット・ジュレク、再び3530kmのアパラチアン・トレイルのFKTに挑むも、ケガのため7日目で中止

ウルトラランニングのレジェンド、スコット・ジュレク Scott Jurekは2015年にアメリカ東部のアパラチアン・トレイル (2190マイル、約3530km)をサポートありで46日8時間7分で完走して当時のFKTを更新。この記録は3年後にカレル・サッベ Karek Sabbeが41日7時間39分というタイムで更新していました。ジュレクは前回とは逆方法の北から南に向かうコースをとり、8月4日午前7時30分にメイン州のコース北端を出発。しかし4日目から大腿部に違和感が出始めたといい、次第に悪化したことから7日目の11日に中止を決めています。

ティモシー・オルソン、パシフィッククレスト・トレイル(4270km)を51日16時間15分で完走してFKTを達成

一方、こちらもウェスタンステイツの連覇などで知られるレジェンド、ティモシー・オルソン Timothy Olsonはアメリカ中央部を縦断するパシフィッククレスト・トレイル Pacific Crest Trail(2653マイル、約4270km)を北向きのコースで51日16時間15分で完走してサポートありFKTの新記録となりました。こちらもカレル・サッベ Karek Sabbeが持っていた52日8時間25分がこれまでの記録でした。

先週末開催のイベント

8月12日木曜日- 15日日曜日

Challenge du Montcalm (109k, 73k, 42k, 25k)

ピレネー山脈のフランス側、アリエージュでVKから109kmまでのレースに今回は新たに73kmのレースが加わったほか、バーティカルのレースと、73k、42k、25kの4レースの合計タイムを競う種目も新たに設けられ、6人が完走しています。リザルトはこちら

Quebec Mega Trail(100m, 110k, 80k, 50k, 25k, 15k, 6k, 3k, 1k Vertical)

カナダのケベック州ボープレのスキーリゾート、モンサンアン Mont-Sainte-Anneで開催。7月1-3日から延期されて先週末に行われました。初開催の100マイルはベノワ・ガイラール Benoit Gaillard(フランス、カナダ在住)が21時間15分、オードレー・ラフレニエール Audrée Lafrenière(カナダ)が30時間24分で男女それぞれのチャンピオンとなりました。リザルトはこちら

QMT100マイル男子優勝のベノワ・ガイラール Photo by Quebec Mega Trail

QMT100マイル男子優勝のベノワ・ガイラール Photo by Quebec Mega Trail

QMT100マイル女子優勝のオードレー・ラフレニエール Photo by Quebec Mega Trail

QMT100マイル女子優勝のオードレー・ラフレニエール Photo by Quebec Mega Trail

8月13日金曜日- 17日火曜日

Bigfoot 200 (200m)

アメリカ・ワシントン州のカスケード山脈で開催の200マイルのトレイルランニングレース。206.5マイル(332km)のレースは本稿執筆時点ではスタートから60時間が経過しており、145人の選手の中でマイケル・マクナイト Michael Mcknightがただ一人、57時間58分でフィニッシュした模様。制限時間は107時間となっています。

8月13日金曜日- 14日土曜日

Eastern States 100

アメリカ・ペンシルベニア州北部のLittle Pine State Park。164km 6,116mD+のシングルループのトレイルランニングレース。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

8月13日金曜日

Swiss Alps 100 (50k, 100k, 160k)

スイス・ヴァレー州の東端にあり、地中海に注ぐローヌ川の源流部で開催。リザルトはこちら

8月14日土曜日

Iron Legs (60k, 80k, 100k)

カナダ・アルバータ州で開催。こちらも昨年の中止を経て2年ぶりの開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

これも読む
DC Weekly 2021年9月9日 8月後半から9月1週目までの3週分のリザルト

8月15日日曜日

Krkonossky Half Marathon 21km

チェコのフラデツ・クラーロヴェー州ヤーンスケー・ラーズニェで行われた21kmのレースがMountain Running World Cupの第6戦でした。女子のレースは最初から徐々にリードを広げたジョイス・ンジェル Joyce Njeru(ケニア)が1時間50分2秒で優勝。2位のバルボラ・マクロバ Barbora Macurová(チェコ)がコース 15km地点の山頂では1分45秒までトップと差を広げられていましたが、下りセクションで差を縮め、25秒差の1時間50分27秒でフィニッシュ。3位はパブラ・マチャソバ Pavla Matyášová (チェコ)で1時間52分45秒でした。男子では前半の登りでは上位選手の集団は崩れませんでしたが、下りに転じるとジェフリー・ンダング Geoffrey Ndungu(ケニア)が単独リードする形となり、そのまま1時間32分30秒で優勝。1分差の1時間33分22秒でティモシー・クルイ Timothy Kurui(ケニア)が2位、クルイに13秒差まで迫ったマレク・チラシナ Marek Chrascina(チェコ)が1時間33分35秒で3位という結果でした。リザルトはこちら

Krkonossky Half Marathonで優勝のジェフリー・ンダング Geoffrey Ndungu(ケニア) photo by WMRA

Krkonossky Half Marathonで優勝のジェフリー・ンダング Geoffrey Ndungu(ケニア) photo by WMRA

今週末開催のイベント

8月18日水曜日 – 22日日曜日

Grand Raid des Pyrenees (220k, 160k, 120k, 80k, 64k, 40k)

フランスのピレネー山脈で開催、メイン会場はヴィエル=オール Vielle-Aureの町。2008年から続く大会は100マイルのほか、220kmなどのレースも行われます。昨年はCOVID-19で中止になったため2年ぶりの開催です。

8月20日金曜日 – 22日日曜日

L’Echappee Belle (149k, 84k, 62k, 21k)

フランス南東部のベルドンヌ山脈を、ヴィジーユ Vizilleからエーグベル Aiguebelleへと縦走するコースで開催。今年は新たに標高2928mのロシェル・ブラン Rocher Blancへ登って下りる21km 2000mD+のスカイレースが加わっています。149kmの「Integral」には日本から野間陽子 Noma Yokoがエントリーしています。

Matterhorn Ultraks (26k<Extreme>, 49k, 32k, 19k, VK)

スイス・ツェルマットをメイン会場とする大会の25km 2,876mD+のレース「EXTREME」がスカイランナー・ワールドシリーズのレースとなっています。

Ultravasan (90k, 45k)

スウェーデンで開催。クロスカントリースキーの長距離レースとして有名なVasaloppetのランニング版ともいえる大会で、コースはポイント・トゥ・ポイントの90km、45km。今年は金曜日にオープンレース、日曜日にエリートレースと二度に分けて開催される模様です。

8月21日土曜日 – 22日日曜日

Pikes Peak Ascent & Marathon

アメリカ・コロラド州で開催。マニトウスプリングスからパイクス・ピークの山頂への約21kmのコースで行われる伝統ある山岳マラソンで、近年はマウンテンランニングのW杯やGolden Trail Seriesにラインナップされて国際的に注目される大会となっています。土曜日に登りのみで山頂でフィニッシュする「Ascent」、日曜日は山頂までの往復コースで開催の「Marathon」が予定されています。今年もMarathonがGolden Trail World Seriesの第5戦となっていましたが、目下は欧州などから米国への渡航の負荷が大きいことから、第5戦は9月4日のChiemgau Trail Run(ドイツ)に差し替えとなりました。

これも読む
DC Weekly 2021年6月21日 - Livigno Skymarathon、Bighorn 100/エマ・ロカさんが逝去、スキーモーが冬季五輪に

Leadville Trail 100

アメリカ・コロラド州レッドビル。1983年に始まった歴史ある100マイルのトレイルレースで、コース全体が標高3000mから4000mという高所となっています。今年のレッドビルにはアメリカのウルトラランニングのレジェンドでこの大会を2006年、2007年に連覇したアントン・クルピチカ Anton Krupickaが参加するとしていて話題になっています。

8月21日土曜日

(中止)世界文化遺産”富士山”山麓一周フットレース(100k)

山中湖をスタートし、時計回りで富士山山麓を一周する101.1km 2,150mD+のロードのウルトラマラソン。昨年に続いて今年も中止と発表されています。

Waldo 100k

アメリカ・オレゴン州のウィラメット・スキーエリアで開催される100kmのトレイルランニングイベント。

8月22日日曜日 – 27日金曜日

(中止)白山ジオトレイル(6ステージ、250km)

石川県・白山で開催のステージレース。テント泊、行動中の食料はスタート時に背負ったものだけで途中の補給不可、という厳しいルールのもとで行われる本格的な山岳レースです。昨年に続いて中止となっています。

8月22日日曜日

SAPPORO★テイネトレイル(32k, 16k)

札幌市のサッポロテイネスキー場で開催。今年6月13日に予定されていた大会が延期されて開催されます。

赤城の森トレイルラン(30k / 15k)

群馬県赤城高原の横浜市少年自然の家「赤城林間学園」を拠点に開催。6回目の開催となります。

世界ジオパークトレイルラン(57k, 40k, 10k)

兵庫県神鍋高原。世界ジオパーク山陰海岸をコースとする57km、40km、10kmのレースが予定されています。

(中止)十勝岳トレイル in かみふらの(55k, 15k)

北海道・上富良野町、美瑛町で開催。上富良野・日の出公園から十勝岳避難小屋まで登って下りる55km、累積獲得高度1,570mD+のコースなどで行われる大会ですが、今年も開催を見送りとしています。

(中止)OSJ MAHIRUSANCHI TRAIL 50K

秋田県大仙市。秋田県と岩手県にまたがる真昼山地で2019年に始まった大会は、昨年に続いて今年も来年への延期を決めています。

(中止)やっちろドラゴントレイル(60km)

熊本県八代市坂本町。60km、4,070mD+のコースで第3回大会の開催が予定されていましたが新型コロナのために中止を先週発表しています。昨年7月の豪雨災害で無期限延期を決めた昨年に続いての中止となります。

8月23日月曜日 – 29日日曜日

UTMB®︎ Mont-Blanc

フランス・シャモニーなどを拠点に、171kmのUTMB®︎、101kmのCCC®︎、145kmのTDS®︎、55kmのOCC、302kmのアドベンチャーイベント・PTL®︎などのイベントが1週間にわたって行われます。「世界のトレイルランニングの最高峰」 をうたう大会は昨年の中止を経て2年ぶりの開催。今年5月には来年2022年から新たにUTMB®︎ワールドシリーズをスタートすることを発表して話題となりました。当サイト岩佐が大会ライブ配信のために現地に入る予定で、今年の大会の模様を当サイトでもお伝えします。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Sponsored link