ランニングを通じた問題提起のフィルムシリーズ「Run to」をパタゴニアがローンチ、10月6日に石川弘樹 × 内坂庸夫のインスタライブも

ランニングを通じて伝えられることは、私たちが思うよりももっと大きいのかもしれません。

パタゴニアは新しいショートフィルムのシリーズ「Run to」をスタートすることを発表しました。「何かを守る(救う)ために走る」というコンセプトで、トレイルランニングを通じてアクションを起こしている世界各地のエピソードを展開するとしています。

link


 

このフィルムシリーズの第一弾「流域を救うために走る」は現在公開中。チリのアンデス山脈の奥深くに位置するマイポ渓谷を走るトレイルランナーで環境活動家でもあるフェリペ・カンシーノが、この地で進む水力発電プロジェクトがおよぼす自然環境や地域社会への脅威について明らかにする、というエピソードです。

今回、「Run to」のローンチにあわせてプロトレイルランナーの石川弘樹さんと「」の内坂庸夫さんの対談がインスタグラムライブで10月6日水曜日21時から配信されます。どうぞお見逃しなく。

Beyond Jogging
マインドフル・ランニングの名著
「ほんとうのランニング」初邦訳

2021年12月発売
Sponsored link