リサイクルから一歩進んだ新技術・Onが炭素排出物から作る新フォーム素材「CleanCloud™(クリーンクラウド)」を発表

スイスのパフォーマンスブランド「On(オン)」は炭素排出物から作られた新しいフォーム素材「CleanCloud™(クリーン クラウド)」を先週発表しました。バクテリアによる発酵で作られるこの新素材は、今後 のランニン グシューズに使用されます。

「CleanCloud™」と名付けられたこの革新的な素材は、アメリカ・イリノイ州のLanzaTech(ランザ テック社)とウィーンの化学メーカー、Borealis(ボレアレス社)と共同で開発されたもの。製鉄所などから発生する一酸化炭素などの排ガスを大気中に放出する前に回収。これを特別なバクテリアによって自然に発酵させることで液体エタノールに変換し、そこからEVAができあがるという仕組みです。

link


4年かけて誕生したこの新素材は、リサイクル素材を使用することからさらに踏み込んで、さらに広範に炭素排出物を活用するというもの。

Onでは今後EVAフォームで製造されている同社製品の全てのアウトソールをこのCleanCloud™に置き換えることを目標としています。今後のCloudファミリーのランニングシューズや「THE ROGER」シリーズなどのライフスタイルコレクションの一部がその対象となります。

Beyond Jogging
マインドフル・ランニングの名著
「ほんとうのランニング」初邦訳

2021年12月発売
Sponsored link

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください