サロモンがGolden Trail National Seriesを日本で開催。全5戦でシリーズ順位上位者は2022年10月のマデイラ諸島でのグランド・ファイナルに招待

30-40kmのトレイルランニング・レースにおいて世界トップクラスの選手が集まるレースシリーズとして知られる「Golden Trail Series」。このシリーズ戦をサポートするサロモンはシリーズの各国国内版となる「Golden Trail National Series」を今年2022年に日本で開催することを発表しました。シリーズ戦は6月の「マウント湯沢アウトスタンディング」で開幕し、9月に開催の最終戦「白馬国際クラシック」までの6つのレースで構成。シリーズ終了時のポイントランキングの上位選手は今年10月にマデイラ諸島でステージレース形式で開催される「GTNS Grand Final 」に招待されます。

link


GOLDEN TRAIL NATIONAL SERIES (ゴールデントレイル・ナショナルシリーズ・ジャパン)

シリーズのポイントランキングに参加するには第1戦から第4戦のうち2戦以上と最終戦に参加する必要があり、ランキングはポイントの大きい順に二つのレースと最終戦(ポイントは2倍)の合計で争われます。

シリーズ終了時のランキングの男女それぞれ上位3名は2022年10月26日からの5日間のステージレース「MADEIRA OCEAN TRAILS®」のオープン部門で行われる「GTNS Grand Final 」に招待されます。この招待チケットにはレースへの出場権のほか、現地での宿泊8泊、最大1,500ユーロの航空券代が含まれます。

【補足】10月26日からの「MADEIRA OCEAN TRAILS®」は、今年は5月のZegama-Aizkorriで開幕する「Golden Trail World Series」のファイナルともなっています。このワールドシリーズのファイナルは、それまでのポイントランキングで男女それぞれ30人の枠に入って招待される「インターナショナルエリート」をはじめとする選手が参加。 OCEAN TRAILS®のエリート部門がワールドシリーズのファイナルに当たります。一方、各ナショナルシリーズの男女それぞれ上位3人に入って招待される選手が参加する「GTNS Grand Final 」はMADEIRA OCEAN TRAILS®のオープン部門で行われます。インターナショナルエリートに該当する選手がナショナルシリーズの上位3人に入った場合にはその選手を除いて次点の選手が招待されることとなっています。このオープン部門で3位以内に入った選手には来年2023年の「Golden Trail World Series」のうち3つのレースに参加できる「ゴールデンチケット」が贈られ、いわば世界のトレイルランニング界への登竜門となります。

Sponsored link