上田瑠偉の「ONE STROKE – 富士山4往復 – 」スタート間近、富士山4ルートの連続登頂のタイムトライアルに挑む

上田瑠偉 が富士山の四つの登山道(富士宮、御殿場、須走、吉田)のそれぞれを使って富士山山頂まで4往復の最速記録に挑むプロジェクト『ONE STROKE – 富士山4往復 – 』が発表されています。挑戦は天候を見極めた上で7月中旬に決行とされています。挑戦当日はライブトラッキングで挑戦の進捗状況を追うこともできます。

ハセツネCUPで2度優勝して大会記録保持者、CCCで2位、2019年のスカイランナー・ワールドシリーズ年間チャンピオンとして世界の頂点を極めた上田瑠偉が、この夏に日本で挑むのが今回のプロジェクトです。コースは富士宮口五合目からスタートして富士山山頂へ。御殿場口、山頂、須走口、山頂、吉田口、山頂、そして富士宮口五合目に戻るというもの。距離52.1km、累積獲得高度が約7000mとなります。

Sponsored link


このコースについては2012年8月28日に登山家の鈴木裕久さんが23時間54分28秒という記録を残したことが伝えられたのち、2013年8月26日にトレイルランナー、近藤敬仁さんが11時間53分44秒を記録しています。現時点では近藤さんの記録が最速記録とされています。Redbullのウェブサイトに設けられたこのプロジェクトのページによれば10時間台での最速記録更新を目指します。

Sponsored link