バーチカルレースでアンドレア・マイアとパトリック・キプネゲノが金メダルを獲得【WMTRC世界選手権・インスブルック、ステューバイ】

世界選手権()インスブルック・ステューバイがバーチカルレースで開幕しました。ノイシュティフトでのエキサイティングなスタートからエルファーハットでのフィニッシュまで登るレースの女子部門ではオーストリアのアンドレア・マイア、男子部門ではケニアのパトリック・キプネゲノが見事に優勝しました。

競技はステューバイアルプスの息をのむような美しい背景のもとで行われました。バーチカル・アップヒルレースは全長7.1km、垂直高度1,020mというコース設定で、世界最高のランナーたちを極限まで追い詰めました。ステューバイ・チロル観光協会は、すべての選手、特に自国のアンドレア・マイアへの金メダル獲得を祝い、誇りを表明しました。

link


写真はバーティカルで金メダルのアンドレア・マイア。

All credit: © WMTRC 2023 / roast media

オーストリアのアンドレア・マイアが7回目の金メダルを獲得

オーストリアのアンドレア・マイアは、世界チャンピオンの記録保持者として再びその力を示し、WMTRCで7回目の金メダルを獲得し、開催国にとって最初の勲章をもたらしました。マイアは、ケニアのフィラリエス・ジェルート・キサンとアメリカのグレイソン・マーフィーに勝利しました。

金メダルのマイア(中)、銀メダルのキサン(左)、銅メダルのマーフィー(右)

レースはケニアとウガンダのランナーが早いリードを取る形で始まりました。しかし、短いフラットセクションの後、43歳のマイアは自身の強みを生かしてリードしました。キサンによる最後の急なセクションでの激しい挑戦にもかかわらず、マイアは彼女を追い抜いて7回目の世界選手権タイトルを獲得しました。彼女は自身の勝利について語り、レース中の支持的な雰囲気とその達成感に喜びを表現しました。

Vertical

Female

  1. Andrea MAYR AUT 48:14 –
  2. Philaries Jeruto KISANG KEN 48:51 +37

  3. Grayson MURPHY 49:22 +1:08

  4. Laura HOTTENROTT GER 49:56 +1:42

  5. Valentine Jepkoech RUTTO KEN 49:59 +1:45

パトリック・キプネゲノがケニアに金メダルをもたらす

男子のレースでは、ケニアのパトリック・キプネゲノが最初からハイペースでレースをリードし、金メダルを獲得しました。キプネゲノは、全長7.1キロメートルのルートを40分38秒で駆け抜け、ウガンダのレビ・キプロティチを1分33秒、同じケニアのジョスファット・キプロティチを1分46秒差で抑えての勝利でした。

男子のレースで優勝のパトリック・キプネゲノ

レースは比較的フラットなアスファルト路面で始まり、すぐに狭い道に進む形になりました。初めからリードをとったキプネゲノ、レビ・キプロティチ、ジョスファット・キプロティチの3人は、この時点で他の選手との差をつけました。オーストリアに移住したばかりのキプネゲノは、アウテナルムでの最初のスプリットタイムまでにリードをさらに広げることができました。彼の勝利はトライアンフ的なもので、彼は追いかけてくる選手たちから明らかに距離を置き、ルート沿いのファンたちにハイタッチをすることもできました。

金メダルのパトリック・キプネゲノ(中)、銀メダルのレビ・キプロティチ(左)、銅メダルのジョスファット・キプロティチ。

Male

  1. Patrick KIPNGENO KEN 40:18 –
  2. Levi KIPROTICH UGA 41:51 +1:33

  3. Josphat KIPROTICH KEN 42:04 +1:46

  4. Eliud CHEROP UGA 42:16 +1:58

  5. Joseph GRAY USA 42:32 +2:14

世界選手権の全4競技の二つ目は「トレイル・ショートレース」。インスブルックからスタートし、フライツァイトツェントラム(レジャーセンター)シュタバイで12時頃にゴールが予定されています。6月8日の木曜日に開催されます。

バーティカルのリザルトはこちら

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link