イングビルド・カスペルセン Yngvild KASPERSEN とジョナサン・アルボン Jonathan ALBON がCCCで優勝 Dacia UTMB Mont-Blanc 五日目 see

Dacia UTMB Mont-Blancのハイライトとなる171kmのUTMBが1日金曜日午後6時(日本時間2日土曜日午前1時)にシャモニー市内のトリアングル・ド・ラミティエ広場で開幕しました。20回目を迎える記念碑となるこのレースのスタートで171kmと獲得標高10,000mD+のコースを目指す2,300人のランナーの興奮は最高潮に高まりました。UTMBはUTMBワールドシリーズの100Mカテゴリーのファイナルとなります。

(写真 CCCの男子トップ3、優勝したジョン・アルボン<中>、2位のシェン・ジアシェン<左>、3位のダコタ・ジョーンズ。 Photo © UTMB)

Sponsored link


一方、1日の午前9時にはイタリア・クールマイユールで100KカテゴリーのファイナルであるCCCがスタートしました。今もシャモニーはCCCの選手が次々とフィニッシュするのを迎えています。

Photo © UTMB

Photo © UTMB

この日のレースを最終盤まで先頭で牽引したシェン・ジアシェン Jiasheng SHEN (CHN – UTMBインデックス 907) は10時間22分30秒で見事な2位でのフィニッシュでした。そのシェンに80kmを過ぎたバルローシン Vallorcineを出てから追いつき、8分もの差を広げてシャモニーに10時間14分25秒でフィニッシュしたのはジョナサン・アルボン Jonathan ALBON (GBR, 939) 。2021年のOCC優勝、昨年のCCCで2位に続く快挙です。3位はダコタ・ジョーンズ Dakota JONES (USA, 904) は10時間41分40秒でした。

フィニッシュ後、アルボンはレースについて振り返りました。「去年は栄養補給がうまくいかなかったのでさまざまな戦略を考えました。レース全体でエネルギーを徐々に使い果たすことを目標にしました。シャンペ・ラック (54km) を出てからは試しに音楽を聴きながら、シェンを追い上げました。妻のアンリエット Henriette Albonのサポートのおかげで、さらに時間を短縮してパフォーマンスを上げることができました。」

女子は、イングビルド・カスペルセン Yngvild KASPERSEN (NOR, 730) が11時間51分22秒で優勝しました。レース中盤に女子選手の先頭に立つと、2番手を走っていたヘレン・ミノ・フォークナー Helen MINO FAUKNER (USA, 761) との差を着実に広げました。しかし、レース後半に入って順位を上げ、バルローシンを出てからの最後の登りセクションで加速したエミリー・ホーグッド Emily HAWGOOD (ZWE, 754) がミノ・フォークナーを捉えて2位に浮上し、そのまま12時間28分19秒で2位となりました。ミノ・フォークナーは12時間38分5秒で3位でフィニッシュしています。このほかハウ・ハ・ティ Hau HA THI (VNM, 725) がミノ・フォークナーに23秒差で4位となりました。ハ・ティは2022年のAsia Trail Masterチャンピオンで昨年12月のDoi Inthanon by UTMB 50Kや今年5月のUT Australia by UTMB 50Kで優勝しています。東南アジアのトップ選手がモンブラン初挑戦で好成績を上げました。

CCCの女子トップ3、優勝したイングビルド・カスペルセン<中>、2位のエミリー・ホーグッド<左>、3位のヘレン・ミノ・フォークナー。 Photo © UTMB

CCCの女子トップ3、優勝したイングビルド・カスペルセン<中>、2位のエミリー・ホーグッド<左>、3位のヘレン・ミノ・フォークナー。 Photo © UTMB

女子優勝のカスペルセンは、優勝した2023年のCCCを振り返りました「信じられない、夢が叶いました。 スタート地点で体調はベストではなく、レースを完走できるかどうか自信がありませんでした。本当に嬉しいです。」前日のOCCでのスティアン・アンゲルムンドをはじめ、今年の大会ではノルウェー人選手がなぜ成功をしているか、という質問には「それは私たちを突き動かすヴァイキングの精神です!」と笑顔で答えました。

CCC、UTMBのレースの模様はlive.utmb.worldからライブ配信で観ることができます。すべてのレースの結果と通過状況は、live.utmb.worldと大会のSNSで大会開催期間中を通してフォローすることができます。現在進行中の171kmのUTMBの最初のフィニッシャーは2日土曜日午後2時(日本時間同日午後9時)ごろにシャモニーに現れる見込みです。

CCC女子・リザルト

  1. イングヴィルド・カスパーセン Yngvild KASPERSEN (NOR, adidas TERREX) 11:51:22
  2. エミリー・ホーグッド Emily HAWGOOD (ZWE, adidas Terrex) 12:28:19
  3. ヘレン・ミノ・ファウクナー Helen MINO FAUKNER (USA, HOKA) 12:38:05
  4. ハウ・ハ・ティ Hau HA THI (VNM, Mude Running Team) 12:38:28
  5. エミリー・シュミッツ Emily SCHMITZ (USA, HOKA) 12:42:24
  6. オードリー・タンギー Audrey TANGUY (FRA, Hoka) 12:42:37
  7. マリ・クラケッグ・フェンレ Mari Klakegg FENRE (NOR, Hoka) 12:47:30
  8. エミリーゼ・フォン・アヴィス Emmiliese VON AVIS (USA) 12:53:53
  9. タラ・フラガ Tara FRAGA (USA) 13:10:03
  10. アーデン・ヤング Arden YOUNG (CAN, Norda) 13:11:15
これも読む
バーチカルレースでアンドレア・マイアとパトリック・キプネゲノが金メダルを獲得【WMTRC世界選手権・インスブルック、ステューバイ】

14 吉住友里 Yuri YOSHIZUMI (JPN, Mt. Fuji Spring Inc.) 13:49:05

CCC男子・リザルト

  1. ジョナサン・アルボン Jonathan ALBON (GBR, The North Face) 10:14:25
  2. ジャーシェン・シェン Jiasheng SHEN (CHN, The North Face) 10:22:30
  3. ダコタ・ジョーンズ Dakota JONES (USA, NNormal) 10:41:40
  4. ジョナサン・レア Jonathan REA (USA, Hoka) 10:43:51
  5. ドリュー・ホルメン Drew HOLMEN (USA, Nike) 10:47:49
  6. セス・ルーリング Seth RUHLING (USA) 10:55:14
  7. ピーター・フラノ Peter FRAŇO (SVK, Scarpa) 10:59:52
  8. ルーク・グレンフェル・ショー Luke GRENFELL-SHAW (GBR) 11:00:41
  9. バプティスト・プティジャン Baptiste PETITJEAN (FRA, Team Juanito) 11:08:47
  10. ロドリゴ・モナソール・ロメロ・デ・テハダ Rodrigo MONASOR ROMERO DE TEJADA (ESP, Salomon Spain) 11:08:55
この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link