今年のUTMBワールドシリーズを締めくくるドイ・インタノン・タイランド by UTMB は5000人が参加して今週末に開催

2023年のドイ・インタノン・タイランド by UTMB(Doi Inthanon Thailand by UTMB)の今週末の12月8-10日に開催されます。4回目の開催となる今回は世界中から五千人以上のランナーがドイインタノン国立公園に集まり、これまで以上に大規模な大会となります。今回は大会会場がラジャプルーク王立公園(Rajapruek Royal Park)に設けられ、各レースのコースも一新されます。全ての選手にとって今年のドイ・インタノンは新しい経験となります。

(Photo © UTMB)

Sponsored link


昨年に続いて、今年のドイ・インタノンはアジア・パシフィック・メジャーに位置付けられており、完走者は来年のファイナルの抽選チケットとなるランニングストーンが他の大会の2倍得られます。成績上位選手のファイナル出場権も他の大会が上位3名であるのに対し、この大会は上位10名が出場権を獲得します。さらに100マイルのレースは来年6月のウェスタン・ステイツへの出場権がかかるGolden Ticket Raceともなっています。

距離175km、累積獲得高度10.030mD+に及ぶ「Trans-INT 160」はPoint-to-Pointの新コースで開催されます。スタートは8日金曜日午前10時(日本時間同日正午)です。男子では2021年、2022年とこの大会の100マイルのレースを連覇しているチョウ・ジアジュ Jiaju Zhao(CHN, UTMBインデックス 888)が三連覇を狙ってスタートラインに立ちます。昨年の100マイルでチョウと表彰台で並んだロウ・カンファ Canhua Luo(CHN, 864)とゲディミナス・グリニウス Gediminas Grinius(LTU, 845)も今年のレースに戻ってきます。加えて欧州からはパブロ・ビジャ Pablo Villa(ESP, 883)、ベニャ・マルミソレ Beñat Marmissolle(FRA, 875)、アメリカからアーレン・グリック Arlen Glick(USA, 872)とこれまでにも増して100マイルの男子は国際的な顔ぶれとなります。日本からは小原将寿 Masatoshi Obara(JPN、809)、シンガポールから城武雅 Masashi Shirotake(JPN、768)がエントリーしています。

Trans-INT 160の女子では昨年のこのレースで100マイル初挑戦ながら優勝し、今年のウェスタン・ステイツで11位のジェニー・クイルティ Jenny Quilty (CAN, 726)が今年のレースにも参戦します。も、第4回大会でのタイトル防衛を目指します。今年のクイルティは2023年Black Canyon 100k優勝のキーリー・ヘニンジャー Keely Henninger(USA, 754)や今年のCanyons by UTMB 100kで3位のアロア・シオ Aroa Sio(ESP, 749)、今年のTrail 100 Andorra by UTMB 105kで2位のウー・ユアンユアン Yuanyuan Wu(CHN, 708)などが上位争いに加わります。

今年の100Kカテゴリーのレースはドイインタノン象保護区(Doi Inthanon Elephant Sanctuary)にちなんで「Elephant 100」と名付けられました。コースは距離95km、累積5,860mD+のコースで、9日土曜日午前5時(日本時間同日午前7時)にスタートします。昨年のこの大会の100Kで3位のヨウ・ペイチュアン Peiquan You(CHN, 838)は今シーズンはDNFとなるレースが続きましたが、シーズン最後のレースで笑顔のフィニッシュを目指します。今回のレースにはユン・ヤンチャオ Yanqiao Yun(CHN, 904)、ダミアン・ウンベール Damien Humbert(FRA, 910)、メン・グアンフー Guangfu Meng(CHN, 877)など、中国や欧州のエリート選手が揃います。日本の田村健人 Kento Tamura(801)、上正原真人 Masato Kamishohara(787)、岩井竜太 Ryuta Iwai(774)がどこまで上位に迫れるかにも注目です。

これも読む
2023年Western States Endurance Runプレビュー

昨年の100Kカテゴリーの女子で優勝した吉住友里 Yuri Yoshizumi(JPN, 749)は今年も「Elephant 100」に参戦します。アジアからは今年のUTMBワールドシリーズファイナルのCCCで4位となって世界の注目を集めたハウ・ハ・ティ Hau Ha Thi(VNM, 740)が登場します。加えてラグナ・デバッツ Ragna Debats(NED、779)、ジュディッタ・トゥリーニ Giuditta Turini(ITA, 745)、ヒラリー・アレン Hillary Allen(USA, 732)も加えた上位選手のレースは今年のドイ・インタノンの最も激しいレースとなりそうな予感です。日本からは枝元香菜子 Kanako Edamoto(669)、岩井絵美 Emi Iwai(588)もエントリーしています。

距離50km、累積2,870mD+の「Hmong 50」はこの大会で最も参加者の多いレースで、9日土曜日午前7時(日本時間同日午前9時)にスタート。チェンマイ県の山岳部族や有名なモン族市場をつなぐコースは地域の歴史や文化を感じる要素に満ちています。男子有力選手は2022年のレースで注目されながらDNFとなったロウ・タオ Tao Luo(CHN, 881)が今年はどんな走りを見せるか注目されます。OCCで2位、3位、6位に入っている50Kのスペシャリスト、ロビー・シンプソン Robbie Simpson(GBR, 912)に加え、マイケル・ボードワン・ルソー Meikael Beaudoin Rousseau(USA, 874)が注目れています。日本からは丸山将真 Shoma Maruyama (743)がエントリーしています。

今年のシリーズファイナル、100マイルのUTMBで4位となる快挙が話題となったシャン・フージャオ Fuzhao Xiang(CHN, 791)は、今回は50Kカテゴリーにエントリーしています。シャンとのレースに挑むのはイダ・ニルソン Ida Nilsson(SWE, 770)、ミンミ・コトカ Mimmi Kotka(SWE, 751)、エリサ・デスコ Elisa Desco(ITA, 741)といずれも経験豊富なアスリートたちです。

このほかにも25kmの「Palace 20」、10kmの「Rajapruek 10」のショートディスタンスのレースも開催されます。

ライブトラッキングおよびリアルタイムで会場やコース上から配信されるライブ配信は live.utmb.world で見ることができます。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link