キリアン・ジョルネが11回目の優勝、シルビア・ノルスカーが初優勝 – Zegama-Aizkorri 2024、Golden Trail World Series 第3戦

2024年5月26日、スペイン・バスク地方のゼガマで開催されたゴールデン・トレイル・シリーズ第3戦ゼガマ・アイズコリ Zegama-Aizkorri で、キリアン・ジョルネ Kilian Jornet (ESP – NNormal) とシルビア・ノルスカー Sylvia Nordskar (NOR – Hoka) がそれぞれ男子・女子の部で優勝を果たしました。

(写真 11回目の勝利となったキリアン・ジョルネ。Photo © Leo Rsl / Zegama-Aizkorri / Golden Trail Series)

Sponsored link


キリアン・ジョルネ、17年越しの11回目の優勝

キリアン・ジョルネ Kilian Jornet (ESP – NNormal) は、17年前の初優勝から数えて今回で11回目のゼガマ・アイズコリ優勝を達成しました。彼はレース後に次のように語っています。

「夢のようです。17年前には、今年もここで優勝するなんて思ってもみませんでした。トレーニングのおかげで自信はありましたが、レース中に胃の不調があり、特に軽快には感じませんでした。この状況では記録更新は無理だと分かっていたので、できるだけうまく管理しようとしました。他の選手が近くにいると思っていたので、追いつかれないようにプッシュし続けました。もし知っていたら、もっとレースを楽しんでいたかもしれません!」

ジョルネの後に続いたのは、同じくNNormalチームのエルフシン・エラザウイ Elhousine Elazzaoui (MAR – NNormal) で、昨年と同じく2位に入りました。彼はレースについて次のようにコメントしています。

「今日のレースにはとても満足しています。序盤はグループで冷静に走り、時には3位、時には6位、時には5位と変動しました。26キロ地点からバートと一緒に走り、最後の下りで経験を活かして追い越すことができました。」

3位には、2018年にゼガマで首位に2分余りまで迫る3位で名を馳せたバート・プシェドヴォイェフスキ Bart Przedwojewski (POL – Salomon) が入りました。彼はゴール後、感情を抑えきれずに次のように語りました。

「本当に嬉しいです!まずは妻に感謝したいです。この3位は私にとって大きな意味があります。2018年にここで始まり、2021年以来の初めての表彰台です。これは私だけの結果ではなく、妻や家族の結果でもあります。今年は生活が大きく変わり、トレーニングが難しい時もありましたが、一緒に乗り越えました。」

男子トップ5。Photo © Mathis Decroux / Zegama-Aizkorri / Golden Trail Series

シルビア・ノルスカー、初のゴールデン・トレイル・シリーズ優勝

シルビア・ノルスカー Sylvia Nordskar (NOR – Hoka) は、ゴールデン・トレイル・ワールドシリーズで初めての優勝を果たし、その舞台として最も伝説的なレースであるゼガマを選びました。彼女はレース中、テレス・ルブーフ Theres Leboeuf (CHE – Teamleboeuf/Compressport) としばらく競り合いましたが、早い段階でリードを奪い、そのままゴールまで走り切りました。

女子優勝のシルビア・ノルスカーのフィニッシュ。Photo © Leo Rsl / Zegama-Aizkorri / Golden Trail Series

「世界で一番幸せです!テレスを追い越したとき、自分がリードしていることは分かっていましたが、『それを考えず、自分のレースに集中しよう!』と思いました。レース中の雰囲気も大きな違いを生み、ゴールまで全力を尽くす助けになりました!」

地元バスク出身のマレン・オサ Malen Osa (ESP – Salomon) は、初めてのマラソン距離を地元で走り、2位に入りました。彼女は次のように語っています。

「スタート時にはあまり調子が良くありませんでした。最初の登りでは脚が思うように動かず、観客の声援に引っ張られてエネルギーが戻ってきました。他の選手が後退していくのを感じながら、下りではまだ強さを感じていました。これは私の戦略ではありませんでしたが、うまくいきました!」

女子の部の表彰台を締めくくったのは、マルタ・マルティネス・アベリャン Marta Martínez Abellán (ESP – La Sportiva) でした。

これも読む
キャッチフレーズは「予想外」、土曜日のGolden Trail World Series開幕戦のKobe Trailを前に記者会見を開催

「今年は昨年よりも良いコンディションだったので、ランキングで上位に入れると分かっていました。自分のリズムを見つけ、それをゴールまで維持しようとしました。本当に嬉しいです。これは私にとって本当に夢のようです。」

女子トップ5。Photo © Mathis Decroux / Zegama-Aizkorri / Golden Trail Series

次はシャモニーへ

ゴールデン・トレイル・シリーズは次にシャモニーで6月30日に開催される「マラソン・デュ・モンブラン Marathon du Mont-Blanc」で第四戦を迎えます。

結果

全体のリザルトはこちら

男子

  1. キリアン・ジョルネ Kilian Jornet (ESP – NNormal):3:38:07 (+200 pts)
  2. エルフシン・エラザウイ Elhousine Elazzaoui (MAR – NNormal):03:46:16 (+188 pts)
  3. バート・プシェドヴォイェフスキ Bart Przedwojewski (POL – Salomon):3:46:54 (+176 pts)
  4. ルカ・デル・ペロ Luca Del Pero (ITA – Scarpa):03:47:25 (+166 pts)
  5. マヌエル・メリラス Manuel Merillas (ESP – New Balance):03:47:42 (+156 pts)
  6. ロバート・プケモイ・マタヤンゴ Robert Pkemoi Matayango (KEN – Joma):03:50:02 (+150 pts)
  7. マルチン・クビカ Marcin Kubica (POL – Salomon):03:53:24 (+144 pts)
  8. アラン・サンタマリア・ブランコ Alain Santamaría Blanco (ESP – Salomon):03:54:11 (+140 pts)
  9. ロイック・ロベール Loic Robert (FRA – Kiprun):03:55:52 (+136 pts)
  10. レオナルド・ミトリカ Leonard Mitrica (ROM):03:56:28 (+133 pts)
これも読む
AmazfitのCheetah ProやBalanceなど最新モデルを皇居周辺のランステで体験できるサービスがスタート

女子

  1. シルビア・ノルスカー Sylvia Nordskar (NOR – Hoka):04:29:12 (+200 pts)
  2. マレン・オサ・アンサ Malen Osa Ansa (ESP – Salomon):04:35:19 (+188 pts)
  3. マルタ・マルティネス・アベリャン Marta Martínez Abellán (ESP – La Sportiva):04:35:39 (+176 pts)
  4. テレス・ルブーフ Theres Leboeuf (CHE – Teamleboeuf/Compressport):04:36:16 (+166 pts)
  5. リデ・ウレスタラザウ・アギレ Lide Urrestarazau Agirre (ESP):04:37:20 (+156 pts)
  6. エリサ・デスコ Elisa Desco (ITA – Scarpa):04:40:28 (+150 pts)
  7. ダニエラ・オエムス Daniela Oemus (GER – Nike Trail):04:41:21 (+144 pts)
  8. ロサ・ララ・ファリウ Rosa Lara Faliu (ESP – Compressport):04:42:54 (+140 pts)
  9. イダ・アメリー・ロブサム Ida Amelie Robsahm (NOR – Hoka):04:44:31 (+136 pts)
  10. ケイトリン・フィールダー Caitlin Fielder (NZL – Salomon):04:46:02 (+133 pts)

(Source: Golden Trail Series)

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link