2017年のUTMB® 概要まとめ・本日12月15日からプレエントリー開始

Sponsored link

今年も本日12月15日から(例年通りなら日本時間午後6時から)2017年のUTMB®︎のプレエントリーがスタートします。毎年少しずつ変わるUTMB®の各イベントとそのエントリーについてまとめる当サイト恒例の記事をお送りします。

来年の®は2017年8月28日から9月3日に開催。プレエントリーは2017年1月4日(水)まで大会ウェブサイトで受付が行われ、抽選結果は1月12日(木)午前10時(日本時間同日午後6時)に発表されます。

UTMB-2016-logo-Columbia

(写真・今年2016年のCCC、序盤で先頭を走る上田瑠偉 Ruy Ueda。Photo by Koichi Iwasa, DogsorCaravan.com)

UTMB®︎のウェブサイトでのエントリーの詳細な手順を解説した当サイトの記事は以下から。今回の2017年大会の手順は異なる可能性があります。お気づきの点がありましたら、コメント欄やコンタクトフォームからお知らせいただければ幸いです。

UTMB®の5つのレース

その大会名となっているモンブラン山麓をシャモニーから一周するUTMB®のほか、約300kmの縦走イベントであるPTL®、来年が3回目となる55kmのOCCまで5つのレースが行われます。

  • UTMB® :170km / 10,000mD+、制限時間47時間、定員2,300人
  • CCC® :100km / 6,000mD+、制限時間26時間30分、定員1,900人
  • TDS® :119km / 7,250mD+、制限時間33時間、定員1,600人
  • PTL® :1ステージでコースマークなどがなく順位の付かない縦走イベント。2–3人のグループで参加。約290km / 26,500mD+、制限時間152時間、定員100チーム(上限300人) 。
  • OCC :55km / 3,300mD+、制限時間14時間、定員1,200人
  • #YCC:2015年から始まった高校生・大学生の世代を対象としたユースイベント。シャモニー中心部を走るプロローグの翌日となる水曜日にクールマイユールをスタート・フィニッシュする15kmのレースが開催。2017年は近隣のフランス国内のトレイルランニング大会に設けられるユースイベントともに4つのレースからなるシリーズ戦、The Young Trail Challengeが開催されます。
UTMB-FInish-gate-20160828-P8281775

今年2016年のUTMB、制限時間ぎりぎりまでフィニッシュするランナーを迎えるシャモニーの街。

プレエントリーの日程

  • プレエントリーの対象となるイベント:UTMB®、CCC®、TDS®、OCC、PTL®。#YCCは12月15日からエントリーが始まり、先着順で満員となるまで受付が行われます。なお、PTL®は2016年からプレエントリーをもとに大会側で参加を認めるか審査し、その後に抽選が行われる仕組みとなっています。なお、2015年と2016年に連続して同じイベントで落選している場合は抽選なしの優先エントリーが可能です(PTL®︎を除く)。
  • プレエントリー期間:2016年12月15日(木)10:00 CET(日本時間同日18:00)〜2016年1月4日(水)
  • エントリー料:デポジットとして50ユーロをクレジットカードとして支払う(当選した場合はエントリー手続き時にエントリー料に充当、当選しなかった場合は払い戻し)。
  • 抽選:プレエントリーが定員を超えたレースについては抽選が行われ、1月12日(木)10:00 CET(日本時間同日18:00)に抽選結果が発表されます。いずれのレースにもウェイティング・リストは設けられません。
  • 抽選に外れた場合:次回2018年の大会にエントリーする際に次のような抽選での優遇があります。なお、今回からは抽選に外れた場合に満員となっていない他のレースに振り替える仕組みは設けられていません(従来満員とならず振り替え先として選ぶことができたTDSも2016年大会ではプレエントリーで満員となっています)。
    • 今回初めて抽選に外れた場合:2018年大会での抽選での被抽選権が2倍に。ただし、2017年にエントリーしたのと同じレースにエントリーし、2018年のエントリー資格(2017年2月発表予定)を満たすことが条件。
    • 2016年大会に続いて2回目の抽選外れの場合:2018年大会では抽選なしでエントリーが可能に。ただし、2016年、2017年にエントリーしたのと同じレースにエントリーし、2018年のエントリー資格(2017年2月発表予定)を満たすことが条件。

プレエントリーに必要なポイント数

各レースのエントリーにはUTMBの大会サイトにあるリストに掲載されたポイントが認められるレースを完走していて、合計のポイントがそれぞれ以下の基準を満たしている必要があります。必要なポイント数などは2016年大会から変わりません。なお、必要なポイント数については2018年以降は新規格(1-6ポイント)のみで定められ、旧規格は用いられなくなります。

  • UTMB®:2015年1月1日〜2016年12月31日*に3つ以内のレースで15ポイント<旧規格(1–4ポイント)で9ポイント>。
  • CCC®:2015年1月1日〜2016年12月31日*に2つ以内のレースで7ポイント<旧規格で3ポイント>。
  • TDS®:2015年1月1日〜2016年12月31日*に2つ以内のレースで7ポイント<旧規格で3ポイント>。
  • OCC:2015年1月1日〜2016年12月31日*に2つ以内のレースで3ポイント<旧規格(1–4ポイント)で1ポイント>。
  • PTL®:参加希望者は他のレースと同様に大会ウェブサイトからプレエントリーを行ったのち、所定のフォームに参加希望のチームメンバーの氏名や山岳経験を記入して1月4日のプレエントリー締め切りまでに電子メールで送付。記入事項に基づいて大会の審査委員会がエントリー資格を満たしているか判定。資格を満たしたチームが定員を超えた場合にはその後抽選となります。

*2014年に開催されたUTMB®、CCC®、TDS®、OCC、PLT®︎は資格レースとしてポイントの対象となります。

エリート・アスリートとチャリティの特別エントリー

  • エリート・エントリーITRAが公開している成績指数(Performance Index)で基準をクリアしている有力選手については、各レースのエントリー資格を満たしていれば抽選なしでエントリーが可能。男女別、CCC®︎、TDS®︎、OCCに共通の基準とUTMB®︎の基準、さらにエントリー料免除の有無でそれぞれに基準が設けられています。申し込みは1月4日まで。
  • チャリティ・エントリー:大会側が指定する団体に2000ユーロ以上を個人で募金、または支援元の企業などから集めた場合には、エントリー資格を満たしていることを条件に抽選なしてエントリーが可能です。2016年の実績では慈善団体への寄付(Solidarity)が150件、長距離トレイルランニングに関する医学団体への寄付(Health)が5件、UTMBの自然環境保護事業への寄付(Environmental)が5件でした。

ポイントが認められている日本の大会

前々回2015年大会からUTMBの資格が認められるレースは、それまでのUTMB大会事務局による勝手認定から、レースがITRAに申請して審査を受け、その結果に基づいてUTMBが資格レースとして認定するという仕組みになりました。

昨年までは日本のレースで資格レースと認められているレースが限られていましたが、今回は例えば2016年開催分でみると国内で27の大会についてすでにポイントが認められています。

エントリー料

各レース、イベントのエントリー料は次の通りとなります。

  • UTMB® : 235ユーロ(前回は219 ユーロ)
  • CCC® : 143ユーロ(前回は136 ユーロ)
  • TDS® : 158ユーロ(前回は150 ユーロ)
  • OCC : 73ユーロ(前回は71 ユーロ)
  • PTL® : 1チームにつき880ユーロ(前回は690 ユーロ)
  • $YCC : 30ユーロ

【PR】奥三河パワートレイルは4月30日開催!

愛知県豊根村の茶臼山高原から、設楽町を経て湯谷温泉(新城市)まで四谷千枚田や鳳来寺山を結ぶ70km。おにぎりやしし汁、地元の皆さんの声援が雰囲気を盛り上げるエイドステーション。今年の奥三河パワートレイルは現在エントリー受付中です。
Okumikawa_2016-Kazufumi_Oose
Sponsored link