[DC] 観戦情報・今週末開催のウェスタンステイツ(Western States)と今年も出場の当サイト岩佐 #WS100

Western-States-100-logo

いよいよ今週末開催のウェスタンステイツ(, )。アメリカ・カリフォルニア州のスコー・バレー()からオーバーン(Auburn)までを結ぶ100.2マイル。100マイルのランニングレースの起源である伝統のレースは今年で第40回目を迎え、6月29日土曜日午前5時(日本時間同日午後9時)にスタート。当サイト岩佐も幸運にも昨年に続いて出場権を得て参加します。

Sponsored link


ウェスタンステイツについての情報、当日のレース速報

ウェスタンステイツについての情報はこちらをご覧ください。

今年の見どころ

そして当サイト・岩佐は?

今回は鏑木毅さんのBighorn 100参戦に同行して早くから渡米。レースでの鏑木さんのサポート(クルー)そして鏑木さんの優勝、続くボルダー滞在で慌ただしくも様々な刺激を受けた10日間が過ぎ、帰国する鏑木さんをデンバー空港で見送ったのが本稿執筆の前日。当方もコロラドからカリフォルニアに移動してようやく自分が走るレースのことが気になってきたところ。 正直なところ、昨年以上に不安な今年のウェスタンステイツ。

  • いろいろ自分の身辺事情が変わったこともあり(lol)、レースに出る機会が減った。昨年のウェスタンステイツ以降に出たレースは、11月のOSJ八ヶ岳スーパートレイル(100マイル、DNF)と今年2月のイベント、六甲全山縦走キャノンボールラン(Power、約100k)のみ。5月にUTMFを走った昨年に比べると自分の調子を客観的に知る機会が少ない気が。
  • トレーニングについては、年が明けるまでは諸々の理由により例年より少ない。年が明けてから地元の鎌倉での長時間のランの回数を増やす一方、激坂でのショートヒル・リピートを週一回ほど取り組む。しかし4月は再びUTMFなど諸々の事情でかなり練習量が減少。5月に入ってからはここが最後のがんばり時と考えて毎週末のバックトゥバックに精力的に取り組むものの、5月が終わる頃にはバックトゥバックの合間の平日のランニングやスピードワークなどでパフォーマンスが落ち、やや疲労がたまりがちな印象。
  • 今年のウェスタンステイツの暑さ。昨年は暑さを予想して寒くて驚いたが、後になって考えてみれば、暑いはずのキャニオンの底も吹く風が爽やかな絶好のコンディション。当方は100キロ地点まで24時間で完走するペースで進んだものの、補給のタイミングがずれたりして結局その後大減速。25時間27分で完走。今年が暑くなるならこれまでには経験のない世界にチャレンジすることになる。ちなみに天候に恵まれた昨年の完走率は82%。暑かったことで知られる2009年の完走率は59.6%。

もちろん、今年こそは名誉ある24時間以内の完走(完走者に与えられるバックルが制限時間の30時間以内完走のブロンズではなくシルバーになる)を死ぬ気で達成したい、という思いがある。とはいうものの、昨年の失敗の理由の一つは自分が作ったエイドへの到着目標時間を意識しすぎて、結局実力不相応のオーバーペースで潰れたこと。結局のところは自分の実力を超えた無理な走り方で100マイルを完走することはできない。今年が暑いレースになるならなおさらで、序盤の無理は致命的な失敗になる。

とはいうものの、終盤に自分の実力を打ち破るプッシュを自分に仕掛けることができるかどうか、も結果を大きく左右する。今回、鏑木さんのBighorn 100でのランをこの目でみて、この点での鏑木さんの凄まじさに背筋が震えた。82マイル地点で余裕の表情を浮かべるトップのZach Millerと、その20分後に苦しそうな表情を浮かべてほとんど何も補給しないでジャケットだけを着込んでエイドを出た2位の鏑木さんをみたとき、正直なところ鏑木さんが優勝できるとは思えなかった。しかし、鏑木さんは数少ないチャンスを絶対に無駄にしない、という強い意志を失うことなく、その後苦しみながらも大逆転劇を仕掛けて見事に優勝した。トレーニングの量、体の出来(fitness)、レース中の体調や補給といった客観的なことが結果を左右することはもちろんだが、メンタルや動機付けの強さは時に信じがたい力を発揮することを、鏑木さんがトップでフィニッシュしたときに思い知った。

自然体で構えつつも、強い動機付けで立ち向かう。鏑木さんが成し遂げたことと同じことが自分に出来るはずもないが、自分に取ってはどんなことができるだろうか、とSquaw Valleyをスタートするまでに考えてみたい。

2013 06 06 16 56 24

渡米前にWS100に向けてのウェアなどを準備。いろんな天候のパターンを考えたが、暑い方のケースで臨むことになりそう。

Sponsored link