[DC] Ultra-Trail® World Tour 世界を代表する長距離トレイルランニングレースが連携、2014年からシリーズ戦も展開

UTMB終了後の9月1日、世界各地のロングディスタンスのトレイルランニング・レースの連合体としてUltra-Trail World Tourが設立されることが発表されました。

UTMBやアメリカのWestern Statesのほか、日本からもウルトラトレイル・マウントフジ/UTMFがメンバーとなります。また2014年から加盟レースによるシリーズ戦、Ultra-Trail Seriesが開催されます。同日にシャモニーで行われた記者会見で発表された主な情報は次の通りです。

Sponsored link


Ultra-Trail® World Tour

Ultra-Trail® World Tourは世界を代表するトレイルランニング・レースの連合体として設立され、100km以上の壮大なコースを持ち、海外からランナーを受け入れている国際性のあるトレイルレースによって構成される模様です。

Ultra-Trail World Tour | The best ultra-trails of the World

UTMBのレースが行われたシャモニーで行われたUltra-Trail World Tourの記者発表に顔を揃えたメンバーレースの主催者と有力アスリート。

UTMBのレースが行われたシャモニーで行われたUltra-Trail World Tourの記者発表に顔を揃えたメンバーレースの主催者と有力アスリート。

メンバーとなるレースについてそれぞれの国外でその魅力をアピールし、知名度を高めて行くことも目的とされています。それぞれのレースの完走者は、Ultra-Trail® World Tourの「パスパート」が発行され、メンバーのレースに参加すると「ビザ」が発行されるとのこと。その他のレースに関する情報、参加のためのサポートや特典等の提供が検討されている模様。また上位入賞が狙える有力選手については、メンバーのレースに参加するための渡航費のサポートなどの枠組みも設けられる。

それぞれのメンバーとなるレースにとっては、国際的な知名度が高まることが期待できるほか、有力選手が集まって競技レベルが向上することでメディアでの露出が増えることが期待できるとのこと。

Ultra-Trail® World Tourを構成するレース

初シーズンとなる2014年については以下の8つのレースがUltra-Trail® World Tourのメンバーとなります。このほかに加盟条件を満たすレースの応募を受け付けるとのことで、2014年のシーズンの加盟レースは増える可能性があります。

2013 08 22 08 02 59
  • The North Face Transgrancanaria:大西洋モロッコ沖のスペイン領カナリア諸島にあるグラン・カナリア島で行われる125km、+7500mDなどのレース。次回は2014年3月1日開催。
  • Vibram Tarawera Ultra Marathon:ニュージランド 北島の火山と温泉のエリアでロトルアからカケラウまでの100km。次回は2014年3月15日開催。
  • Marathon des Sable:モロッコ南部の砂漠で行われる6ステージ・7日間のステージレース。距離の合計は約230km。食料を自分で用意して持つなどセルフ・サポート型のレース。次回は2014年4月5日開催。
  • Western States Endurance Run:アメリカ・カリフォルニアのウェスタンステイツトレイルで行われる、世界で最も歴史ある100マイルレース。+5800mD。2014年6月29日開催。
これも読む
DC Weekly 2019年7月5日 - Western States、Marathon du Mont-Blanc、Lavaredo、Olympus、サロマ湖

Ultra-Trail® Series

有力なランナーが集まってその力を競う機会を増やし、同時に欧米以外の世界各地でもそうした機会を設けることをねらいにして、Ultra-Trail® World Tourの中から毎年5-6つのレースが選ばれ、Ultra-Trail® Seriesというシリーズレースが構成されます。

Ultra-Trail® Seriesを構成するレース

2014年についてはUltra-Trail® Seriesの構成レースは現在調整中、今秋中に発表されます。

トレイルランニング、ウルトラランニングの世界的な盛り上がりが加速する契機となるか

日本でもウルトラトレイル・マウントフジ/UTMFが開催され、多くのトレイルランナーが参加してメディアで大きく取り上げられた。こうした山や自然の中のトレイルをコースとした100kmあるいは100マイルといった長距離のトレイルランニングレースの人気の高まりは日本だけではなく、ヨーロッパでもアメリカでも起こっている。より多くのランナーがこのスポーツに魅力を感じるようになっている。

そうしたなかで、UTMBは世界でも著名なモンブランというブランド、規模と国際性、地元を巻き込んだ組織作りの点において長距離のトレイルランニングレースでは世界を代表する存在だといえるだろう。そのUTMBでの経験やメディアへの対応、インターネットを使った動画配信などのノウハウを共通のブランドのもとで活用していく土台として、Ultra-Trail® World Tourは機能するに違いない。最近のISF(国際スカイランニング連盟)とそのシリーズ戦のSWS/ World Seriesの成功をみると、ISFは欧州を中心に100kmくらいまでの距離を、Ultra-Trail® World Tourはアジアや南米等も想定して100kmを超える長距離を、という具合に棲み分けながらこのスポーツを盛り上げて行くことが期待できそうだ。

また、日本のファンとしてはウルトラトレイル・マウントフジ/ULTRA-TRAIL Mt.FUJIが加盟したのが大きなニュース。海外からのランナーが増え、特に上位選手のレースが海外からの有力選手の来日で盛り上がった今年以上に国際的なイベントとなるに違いない。

当サイトでは引き続きUltra-Trail® World Tourに関連する話題をお伝えして行きます。

Sponsored link