[DC] 日本からは280人が参加権を獲得・ウルトラトレイル・デュ・モンブラン Ultra-Trail du Mont-Blanc 2014の抽選結果発表 #UTMB

今年2014年は8月25日から31日に開催されるThe North Face® Ultra-Trail du Mont-Blanc®。エントリーの抽選結果が日本時間1月15日午後6時に発表され、日本からは全体で557人のエントリーのうち、280人が参加権を手にしました。

Sponsored link


  • The North Face® Ultra-Trail du Mont-Blanc® – Consult registrations 抽選結果を伝える大会サイト。CountryでJapanを選ぶと日本からのエントリー者の一覧が見られる他、Nameから個別の名前で検索することもできる。Statuteの欄でTo Payなら当選、Refusedは落選。Registeredは当選後エントリー手続き完了済みであることを示す(有力選手など一部のエントリーについては抽選なしで参加権を得ている模様)。

12月19日から1月6日までのエントリー受付期間を経て、定員を上回る応募があった168kmのUTMB、100kmのCCC、50kmのOCCについては参加権を得るための抽選が行われました。抽選結果は大会サイトのほか、エントリー申し込みをした人にメールで通知されます。

数字でみる抽選の結果

大会サイトでは抽選結果の詳細はまだ公表されていませんが、日本からのエントリーについて集計してみたところ、次のような結果となりました。なお、今回は前年のエントリーで抽選にはずれた人にも優先権(抽選なしで参加権を得られる)は与えられていません。

(全体の定員2300人)
エントリー数 425人(昨年274人)
抽選による当選者  188人(抽選前から参加権を得ていた相馬剛さんを含む)(当選率 44.24%)<昨年 88人(当選率 40.7%)>

(全体の定員1900人)
エントリー数 81人(昨年56人)
抽選による当選者  49人(当選率 60.49%)<昨年 32人(当選率 64.0%)>

(全体の定員1600人)
エントリー数 17人(昨年11人)
抽選直後の参加権者  17人(昨年11人)
*TDSはエントリー数が定員の範囲内のため抽選は行われないとアナウンスされていた。抽選後に他のレースで抽選に外れた人がTDSにトランスファーして上記よりも参加者は増える見込み。

(300kmの2ー3人一組のチームレース、全体の定員100チーム)
エントリー数 4チーム11人 <昨年 2チーム6人>

(全体の定員1000人)
エントリー数 23人
抽選による当選者  15人(当選率 65.22%)

5レースの合計
エントリー数 557人 <昨年 347人>
抽選直後の当選者、参加権者合計 280人 <昨年 201人>

昨年と比較できる1月3日時点でのエントリー状況はUTMBが昨年160%→今年200%、CCCが115%→150%、TDSが1000人→1100人。

注目選手の抽選結果

UTMB等に日本からエントリーしている主な有力選手(および当サイト岩佐が個人的に注目する人)などの抽選結果は次の通り。

UTMB

伴 明美  Refused(落選)
原 良和  To Pay(当選)
野本 哲晃 To Pay(当選)
小原 将寿 To Pay(当選)
尾形 鉄郎 Refused(落選)
小野 裕史 Refused(落選)
大瀬 和文 To Pay(当選)
坂井 優里 Refused(落選)
新名 健太郎 To Pay(当選)
塩見 悠 Refused(落選)
相馬 剛 Registered(抽選前に参加権獲得)
田村 聡 Refused(落選)
山屋 光司 To Pay(当選)

CCC

浜梶 富夫 Refused(落選)
今泉 奈緒美 Refused(落選)

OCC

原 朋子  To Pay(当選)
三浦 誠司 Refused(落選)
中尾 益巳 Refused(落選)

<その他、日本以外の注目選手についても追って更新します>

下のiRunFarの記事に欧州、アメリカの有力選手のUTMBへの抽選直後のエントリー状況がまとめられています(有力選手については大会独自のエントリー枠やUTWT経由のエントリー枠も考えられるので後日エントリーリストに名前が加わる可能性があります)。印象としては7月にアメリカ・コロラドで開催のHardrock 100に今年は多くの有力ランナーが出場権を得たせいか、それらのランナーの分だけは有力選手のエントリーが控えめになっている印象です。

Sponsored link