[DC] リザルトまとめ・6月末から7月中旬にかけての国内外の主なトレイルランニングレース

6月下旬から7月中旬にかけては国内外で様々なトレイルランニングレースが開催されました。当サイトはこの間、レポーティングに関する活動に携わることができなかったため、海外と国内の主なレースとリザルトを以下にまとめてみました。
こうしてみると、キリアン/Kilian Jornetの並外れた強さが目立つほか、アントン・クルピチカ/ローリー・ボジオ/Rory Bosioロブ・クラール/Rob Krarの活躍も印象に残ります。またそれぞれのレースでこれからの活躍が期待される新しい名前も挙がってきています。

日本のランナーではHardrock 100で鏑木毅/ Kaburakiが6位に。スイスのEiger Ultra Trailで奥宮俊祐/相馬剛/がそれぞれ6位と11位に入りました。

海外のレース

Lavaredo Ultra Trail(6月27日開催)

イタリアのドロミテ地方、コルティナで開催された119km/5850mD+のトレイルランニングレースで、UTWTのシリーズ戦の一つともなっています。深夜11時にスタートしたレースの男子優勝はアントン・クルピチカ/Anton Krupicka。2位には春のUTMFで3位のマイク・フート/Mike Footeが入りました。女子では昨年のUTMBを大会記録で優勝して注目を集めたアメリカのローリー・ボジオ/Rory Bosioが優勝。こちらもUTMFで来日していたフランチェスカ・カネパ/が2位で続きました。

Sponsored link


これも読む
UTMB®︎の新プロジェクト第一弾、160kmの「GaoLiGong by UTMB®︎」が2018年3月に中国で開催

Western States 100 (6月28日開催)

アメリカ・カリフォルニアで開催の伝統の100マイルレースは今年からUltra Trail World Tour / UTWTのシリーズ戦に加わって、上位選手の顔ぶれは一層国際的になりました。今年のレースで優勝したのはロブ・クラール/Rob Krarステファニー・ホウ/Stephanie Howeでした。
男子のレースでは序盤にニック・クラーク/Nick Clark、次いで中盤にはマックス・キング/Max Kingがリードしましたが、後半に一気にペースを上げたロブ・クラールがリードを奪ってそのままフィニッシュ。2012年のティモシー・オルソン/Timothy Olsonによる大会記録に次ぐ歴代2位の好タイムでの優勝となりました。安定した走りで上位を維持して2位に入ったセス・スワンソン/Seth Swansonは地元モンタナのレースで活躍しているものの、全米規模のビッグレースではほとんど知られていないダークホース的な存在です。女子優勝のステファニー・ホウは昨年のSpeedgoat 50kで優勝、UROC 100kで2位、今年4月のLake Sonoma 50で2位、などの結果をもつ実力派ですが、初めての100マイルレースとなるこのレースで見事に優勝を飾りました。
日本からの参加で注目された原良和/Yoshikazu Haraは総合38位(19:49:03)でした(原さんのレースレポートはこちら。)

/ Andorra Ultra Trail(7月10日開催)

ピレネー山脈の合間にあるアンドラで開催されたAndorra Ultra Trailの170kmのレース、Ronda dels Cimsは、2012年のこのレースで11位という経験を持つフランセスク・ソレ/Francesc Soléが30時間20分で優勝。女子はUTMFで来日していたジュリア・ボテガー/Julia Böttger(ドイツ)が優勝し、2位にエミリー・ルコント/Emilie Lecomte(フランス)、3位にネレア・マルチネス/Nerea Martínez(スペイン)が続いています。

Hardrock 100 (7月11日開催)

コロラド州南部のサンフアン山脈を舞台に開催された今年のHardrock 100は有力選手が顔を揃えたことで注目されました。特に、現在の山岳ランニングの世界で頂点に立つスペインのキリアン・ジョルネ/Kilian Jornetが大会記録(カイル・スカッグス/Kyle Skaggsの23:23<2008年>)を更新するかどうかに注目が集まりましたが、結果は22:41と大幅に記録を更新してキリアンが優勝。
この日のキリアンは一時は続く2位のジュリアン・ショリエ/に7分差をつけたにもかかわらず、後半のエイドではジュリアンを待ってから出発。その後、72マイル地点からの夜間のパートで一気に加速。フィニッシュでは2位のジュリアンに1時間27分もの大差をつけての圧勝でした。日本から参加の鏑木毅/Tsuyoshi Kaburakiは傷めていた左ふくらはぎの痛みに序盤から苦しみつつも10位前後をキープ。その後は中盤での落石による左顎のケガ、後半の雷を前に前後の選手と一緒に40分あまりコース上で退避するなどのアクシデントに見舞われながらも徐々に順位を上げて6位(28:07)でフィニッシュしました。
女子は昨年同様に大会記録を持つダイアナ・フィンケル/Diana Finkelをこの大会で2度優勝しているダーシー・ピシュー/Darcy Piceuが追う展開。ダイアナは一時総合5位に入る積極的な走りをみせましたが、一昨年、昨年と同様に終盤に入ってから体調を崩してリタイア。ダーシーが29:49で優勝しました。

これも読む
富士登山競走 Fuji Mountain Race 2019 リザルト・五合目に短縮され山田雄喜と吉住友里が勝利

Speedgoat 50k (7月19日開催)

ユタ州で開催のSpeedgoat 50kはテクニカルな山岳コースで知られ、ISFの世界シリーズ戦(Skyrunning World Series)の一戦としても注目されています。男子ではセイジ・カナディ/Sage Canadayが終始リードして昨年に続いて優勝。女子ではアンナ・フロスト/Anna Frostケイシー・エンマン/Kasie Enmanとのレースを制してこのレースで2度目の優勝を果たしました。

Eiger Ultra Trail(7月19日開催)

スイス・グリンデルワルドを拠点にアイガー北壁を臨むコースで開催されるこのレースは今年が2回目。101kmのレースでは昨年の第一回大会で優勝のイケル/に次いで2位だった地元スイスのUrs Jenzerが11:56で優勝。2位にはトル・デ・ジアン/Tor des Geants等で活躍するイタリアのフランコ・コレ/Franco Colléが入りました。女子では上記のLavaredoを走ったばかりのフランチェスカ・カネパ/Francesca Canepaが13:33で優勝。 日本から参加の奥宮俊祐/Shunsuke Okunomiyaは6位(13:10)、相馬剛/Tsuyoshi Somaは11位(14:15)でした。

Dolomites Skyrace® (7月20日開催)

イタリアで開催の22kmの山岳レースはISFの世界シリーズ戦(Skyrunning World Series)の一戦となっています。女子の優勝は2:26でスペインのラウラ・オルグ/Laura Orguè。ラウラは先月のシャモニーの世界選手権ではVerticalで優勝、このDolomiteでも前日のVerticalで優勝していますが、22kmのSkyraceでも3152mの山頂までで2位のエミリーに7分差でリード。下りでのエミリー・フォスバーグ/Emelie Forsbergの追い上げにあいますが、わずか1分23秒差の接戦で優勝を手にしました。男子は前週にアメリカでHardrockを走ったばかりのキリアン/Kilian Jornetが2:03で優勝、2位にIonut Zinca(ルーマニア)が2:05で続きました。

国内でのレース

リザルトを中心にお伝えします。

志賀高原マウンテントレイル(7月12日開催)

(40km男子)

  1. 三浦 裕一 3:27:58
  2. 田畑 幸司 3:41:15
  3. 吉田 岳生 3:55:40
  4. 代田 渉 3:59:07
  5. 田坂 洋範 3:59:34
  6. 青柳 彰吾 4:03:32
これも読む
シャン・フージャオ Fuzhao Xiang ウルトラトレイル・マウントフジ UTMF 2019 レース前インタビュー

(40km女子)

  1. 枝元 香菜子 5:14:18
  2. 松山 なつみ 5:18:40
  3. 宮坂 康子 5:19:20
  4. 福永 真由美 5:26:57
  5. 飛田 郁子 5:33:02
  6. 小山 芳恵 5:44:55

おんたけウルトラトレイル(7月20日開催)

(100km男子)

  1. 田坂洋範 8:59:29
  2. 五十嵐勝治 9:23:32
  3. 鳥海宏太 9:23:32
  4. 宮根孝 9:29:57
  5. 矢部達也 9:31:58

(100km女子)

  1. 大塚恭子 11:53:29
  2. 國清里美 12:30:33
  3. 今仁洋子 12:39:07
  4. 佐藤芳美 12:43:47
  5. 沼田光子 12:55:11

(100マイル男子)

  1. 今西泰彦 16:06:24
  2. 山屋光司 17:10:19
  3. 谷北勇二 17:26:38
  4. 島田哲 17:49:25
  5. 高橋和之 18:00:30

(100マイル女子)

  1. 伴明美 21:50:44

The4100D マウンテントレイルin野沢温泉(7月20日開催)

(65km男子)

  1. 菊嶋 啓 6:28:09
  2. 大杉 哲也 6:38:30
  3. 牧野 公則 6:49:02
  4. 山谷 良登 7:09:35
  5. 田畑 幸司 7:35:43

(65km女子)

  1. 大石 由美子 7:47:30
  2. 黒田 清美 9:27:39
  3. 丹羽 薫 9:31:56
  4. 高橋 瑞樹 10:19:12
  5. 奥薗 由紀子 10:24:32

(65km駅伝)

  1. インサイドアウト(堀田学・小山祐・岡利哉) 6:01:45
  2. ウチダスポーツ(杉本諭・木村正哉・井川純一) 6:10:44
  3. MTC(森本俊樹・佐藤正和・佐藤千広) 7:29:58

大雪山ウルトラトレイル(7月20-21日開催)

(110km男子)

  1. 原田 卓弘 11:55:05
  2. 小林 敬 12:44:59
  3. 三浦 裕司 12:51:13
  4. 木村 知範 12:57:45
  5. 下斗米 裕弥 13:46:38
これも読む
まもなくスタート、アンドラ・ウルトラトレイル Andorra Ultra Trailは今週末開催 #AUTV

(110km女子)

  1. 西田 由香里 14:54:31
  2. 井土 真希 16:23:47
  3. 佐々木 弥生 20:25:40
Sponsored link