東南アジアで初の150kmの山岳トレイルレース、ウルトラ・タイ・チェンマイ / Ultra Thai Chiang Maiは12月4-6日に開催、3日間のステージレースも。 #PR

まだあまり知られていない海外のトレイルを自分の自身で走ってみたい。そんな方にはきっと魅力的なトレイルランニングレースが今年12月に開催されます。ウルトラ・タイ・チェンマイ / Ultra Thai Chiang Maiはタイ北部の古都・チェンマイを拠点とする150kmのトレイルランニングレースで、12月4–6日に開催されます。

Sponsored link


今年初開催、東南アジアでは初めての長距離トレイルランニングレース

UTCM Ultra Thai Chiang Mai logo東南アジアのタイの中でもチェンマイを中心とする北部は山岳エリアとして知られています。トレイルランニングが大好きなフランス人、セバスチャン・ベルトランは休暇を取ってチェンマイを旅して周辺のトレイルを自らの足で調べ、2013年冬にチェンマイからタイ最北部のチエンラーイまでの330kmのトレイルを仲間たちと一緒に一週間かけて完走することに成功しました。

チェンマイのトレイルに魅せられたセバスチャンは世界のトレイルランナーにこのトレイルを知ってもらうレースをやろうと考えます。そして昨年冬のプレイベントを経て、今年2015年には150kmという長距離のトレイルランニングレース、ウルトラ・タイ・チェンマイ / Ultra Thai Chiang Mai(UTCM)を開催するまでにこぎつけました。

タイ北部の山岳地帯の古道をつなぐトレイルでシングルステージとマルチステージの2つのレース

UTCM Ultra Thai Chiang Mai flyerUTCMのコースは、チェンマイから北へと向かってチエンダーオへと向かうワンウェイの150km。ルートはタイ北部の山岳地帯のジャングルを進み、山の中の村を繋いでいます。ドイプイ山(1663m)などのピークを越えながら、最終盤でコース上で最も標高の高いドイチエンダオ山(2250m)を経てフィニッシュへ向かうコースの累積獲得高度は8,800mD+となっています。UTCMはかつてこの地に住んでいた山岳民族の人々が村から村へとつなぐ生活道として使っていた山道をつないでいて、廃れつつある古道の再生プロジェクトという意味も持っています。

レースはこの150kmのレースを一気に走る「Ultra Trail」と3日間にわたるステージレースとして開催されるの二つが開催されます。

  • Ultra Trail: 12月4日スタート。距離150km、累積高度は8’800mD+、8’500mD-。制限時間45時間で参加人数は300人。12箇所にエイドステーションが設けられます。UTMBの資格ポイント対象レース(4ポイント)。参加資格は2013年11月以降に100km以上のトレイルランニングレースを二つ以上完走しているか、UTMB資格ポイント6ポイントを得ていること。
  • Stage : 12月4日スタート。コースはUltra Trailと共通。3日間のステージレースで55km、30km、60kmを一日ずつスタート・フィニッシュする形式。それぞれのステージのフィニッシュ地点となる山岳地帯の村で食事と睡眠をとることができます。参加人数は100人。UTMBの資格ポイント対象レース(2ポイント)。参加資格は2013年11月以降に50km以上のトレイルランニングレースを二つ以上完走しているか、UTMB資格ポイント3ポイントを得ていること。
UTCM Ultra Thai Chiang Mai Profile

なお、レース参加者の必携装備はUTMBやUTMFのそれと同様のもののほか、浄水用の錠剤(10錠)や防虫スプレーが加えられています。

現在参加申込み受付中、大会前後の宿泊や同伴者の宿泊までついたパッケージも

エントリーはUTCMのウェブサイトからリンクされている申込みのウェブサイトで。参加料は一気に走るシングルステージの「Ultra Trail」がUSD225、3日間の宿泊、食事、荷物の運搬が含まれるステージレースの「Stage Race」がUSD495となっています。

このほかにも、大会前後の宿泊や、バンコクなどでの宿泊や航空券までセットになったパッケージも提供されていて、大会ウェブサイトから申込みを受け付けています。

旅を愛するトレイルランナーには注目のイベント、ステージレースは濃密な経験になりそう

日本のランナーにとっては、150kmのトレイルランニングレースといっても国内外ですでに経験済みという人も多いでしょうが、タイ北部の山岳地帯となれば話は別でしょう。おそらくこうしたレースでなければ走ることは難しいトレイルに違いなく、さらにコースが通る山岳民族の村々もこうしたイベントでなければ訪れる機会はないでしょう。その意味では、トレイルランニングだからできる旅の要素が詰まったイベントだといえそうです。

また、3日間のステージレースは、コース上の村で宿泊するというのも貴重な体験に違いありません。トップ選手も最終ランナーも毎日一緒にスタートして一日を終えるステージレースは参加者の連帯感が高まることも多いので、普通に一気に走ってしまう150kmとは違う経験ができるでしょう。第一回大会の募集人数はやや少なめなので、気になる方は早めのエントリーをおすすめします。

UTCM 2015 Coming Soon HD – YouTube

(via Ultra Thai Chiang Mai

Sponsored link