[DC] 小出徹、長谷川香奈子が優勝、スカイランナー日本シリーズ戦 2015 びわ湖バレイスカイレース リザルト #JapanSkyrunning

2015-BiwakoValley-Toru-Koide

今年から本格的にスタートしたスカイランナー日本シリーズ / Skyrunner Japan Series(SJS)の第三戦となるびわ湖バレイスカイレースが滋賀県大津市のびわ湖バレイで今週末の7月3日、4日に開催されました。【追記・永野有紀さんからご提供いただいた写真を追加しました。2015.7.9】

Sponsored link


Biwako-Skyrace-logoSJSの対象となったのは4日日曜日開催の「スカイレース」の部(20km / 2,000mD+)。ゴンドラで登った打見山の山頂(1,108m)をスタートし、北側のびわ湖バレイスキー場のゲレンデを標高差900mと大きく下って再び登ります。再度打見山山頂に戻ると、南の琵琶湖側へ麓まで下りきってから登ることを2回繰り返すというダイナミックなコース。浮石や木の根の多いラギッドなパートや沢の渡渉もあるというワイルドで斜度も大きいトレイルがルートです。今年初開催のレースには関西だけでなく、関東や九州などから多くのランナーが集まり、難度の高い山岳コースでハイレベルなレースが繰り広げられました。

2015-BiwakoValley-Start

打見山山頂をスタートするびわ湖バレイスカイレース。写真提供・永野有紀

この日の男子のレースで優勝したのは小出徹 / Toru Koide)。序盤から積極的に先頭を走り、最後までリードを保って勝利をつかみました。小出はクロスカントリースキーのほか、高校・大学では駅伝のトップ選手として活躍。2012年に富士登山競走五合目コース優勝のほか昨年の斑尾50kで3位となっていますが、最近は足のケガに悩まされていました。スカイランナー日本シリーズ戦での勝利は長くレースでの結果から遠ざかっていた小出の復活を印象付けました。1分半の差で2位には先月の菅平42kで5位だった森本幸司 / Koij Morimoto。3位には5月の上田VKで2位、昨年の富士登山競走8位の渡辺良治 / Ryoji Watanabeが続きました。

 

Koide Morimoto Watanabe 2015 Biwako Skyrace

びわ湖スカイレースで優勝した小出徹(中央)、2位の森本幸司(左)、3位の渡辺良治(右)。写真提供:やだちん

2015-BiwakoValley-Toru-Koide

びわ湖バレイスカイレースで優勝した小出徹/Koide Toru。写真提供・永野有紀

女子は各地のレースで活躍している / Kanako Hasegawa(Dynafit)と / Shiho Iwadateの二人が競り合う形でリードします。コース終盤の標高差700mの急な登りで長谷川が単独でトップに立ち、そのままフィニッシュ。6月の菅平42k/スカイランニング日本選手権に続いて優勝しました。2位にはこちらも菅平42kで2位だった岩楯が入りました。長谷川は7月17–19日にスカイランナー世界シリーズ(SWS)としてイタリアで開催されるドロミテ・スカイレース/Dolomites SkyRace®に出場予定です。

Podium women 2015 Biwako Skyrace

びわ湖スカイレースで表彰された女子の上位選手の皆さん。写真提供:やだちん

大会は5日日曜日のスカイレースのほか、前日の4日土曜日には標高差1000mを一気に登り切るバーティカルキロメーター(VK)も開催されました。両日のレースの結果を合わせたコンバインドの部では、VKで2位、スカイレース4位の大杉哲也 / (Salomon)、VKとスカイレースの両方で優勝の長谷川香奈子が総合優勝となりました。

Podium men 2015 Biwako Skyrace

びわ湖スカイレースで上位に入り表彰された男子選手の皆さん。写真提供:やだちん

スカイランニングのシリーズ戦、タイトル戦は次はジャパンカップとなっている7月24日開催の富士登山競走、9月13日のSJS第4戦となる蔵王温泉スカイトレイルと続きます。

2015 びわ湖バレイスカイレース(20k) リザルト

Skyrunner Japan Series logo大会公式リザルトは追ってリンクを追加します。

(男子 / Men)
1. 小出徹 / Toru Koide(Salomon) 2:09:49
2. 森本幸司 / Koij Morimoto 2:11:11
3. 渡辺良治 / Ryoji Watanabe 2:12:13
4. 大杉哲也 / Tetsuya Osugi(Salomon) 2:15:47
5. 新名健太郎 / Kentaro Shinmyo(HOKA OneOne) 2:17:09
6. 井上隆詞 / Takanori Inoue 2:18:38
7. 小寺教夫 / Norio Kodera 2:18:47
8. 鶴田祐樹 / Yuki Tsuruta 2:19:14
9. 星野和昭 / Kazuaki Hoshino 2:20:02
10. 安田隼人 / Hayato Yasuda 2:20:04

これも読む
ダイジェスト・Day 8 最終日は20人がフィニッシュ、27人が完走して2018年トランスジャパンアルプスレースが閉幕 #TJAR2018

(女子 / Women)
1. 長谷川香奈子 / Kanako Hasegawa(Dynafit) 2:52:40
2. 岩楯志帆 / Shiho Iwadate 3:01:07
3. 早川由香里 / Yukari Hayakawa 3:03:04
4. 須藤吉仕子 / Kishiko Suto(Inov–8) 3:05:18
5. 折戸小百合 / Sayuri Orito 3:05:45
6. 長屋百合子 / Yuriko Nagaya 3:17:46
7. 安田直子 / Naoko Yasuda 3:21:39
8. 木下ゆかり / Yukari Kinoshita 3:30:01
9. 坂本さちこ / Sachiko Sakamoto 3:33:01
10. 三浦枝利子 / Eriko Miura 3:37:08

(協力・ジャパンスカイランニングアソシエーション / Japan Skyrunning Association

Sponsored link