[DC] 日本の有力選手インタビュー・ウルトラトレイル・デュ・モンブラン Ultra-Trail du Mont Blanc® 2015

来週開催されるウルトラトレイル・デュ・モンブラン / Ultra-Trail du Mont Blanc®に日本から参加する有力アスリートの皆さんに、現地への出発前にアンケート形式のインタビューをしました。

Sponsored link


MHW-montrail - logo当サイトではこのほかにもUTMBの開催されるシャモニーから、現地での日本のアスリートの皆さんの様子をご紹介するほか、ビデオでのインタビューもお届けする予定です。当サイトのUTMBに関するレポートはTwitterアカウント / @DogsorCaravanFacebookページでもお送りいたします。
今年の当サイトのレポートは、今年から新たにUTMBの大会パートナーとなったMountainHardwearmontrailのご協賛によりお送りしています。

では、インタビューをご覧ください(アスリートの名前の五十音順です)。

石川弘樹さん

Hiroki-Ishikawa-face

石川弘樹 /

Q. 今回のUTMB向けた目標、意気込みを聞かせてください。

スタートの日、出せるベストを尽くします。

Q. 今回のUTMBで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

久しぶりのモンブラン1周のトレイルを満喫します。
そして、世界から集まる選手達との駆け引きを終始、楽しんでみたいと思います。

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

家族と調理器具。

  • 当サイトより:2005年、UTMBの第3回大会に日本から初めて参加したのが石川さん。いつかUTMBはもう一度走りたいと考えていたそうで、今回が10年ぶりのUTMBとなります。

上田瑠偉さん

上田瑠偉 / Ruy Ueda

/ Ruy Ueda

Q. 今回のCCCに向けた目標、意気込みを聞かせてください。

一番はヨーロッパのレースを楽しむこと。そして今後世界のトップ選手と戦っていくために先頭集団のペースを知る。その中でチャンスがあれば優勝も狙う。

Q. 今回のCCCで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

全部が楽しみ。ヨーロッパに行くことも初めてですので食事や人々に会うこと、雰囲気など。もちろんヨーロッパの山々や景色も楽しみ。不安なことは天気。せっかくなので天気が良い中でモンブランを走りたい。

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

スマホ(笑)これがあれば誰とでも連絡が取れますし。あとはウォークマン。お気に入りの曲や気持ちを上げる曲を聴いて気持ちを高めたい。

  • 当サイトより:今や日本のトレイルランニングのプリンスとして注目を集める上田さん。レースの結果以外にもモンブランでどんな経験を得てくるのかが楽しみです。

大瀬和文さん

大瀬和文のフィニッシュ。Photo by Koichi Iwasa of DogsorCaravan.com

大瀬和文 / Kazufumi Oose

Q. 今回のUTMBに向けた目標、意気込みを聞かせてください。

昨年(2014年)は完走を目標に慎重に走りました。その結果無難に走りきれたと思いますが、まだ追い込めきれていない点があるので、今年は昨年出来なかった課題に、22時間代の10位以内を目指して行きたいと思います。

Q. 今回のUTMBで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

一年ぶりに100マイルという距離を走ることが楽しみです。また、自分より速く・強い選手と走れる事が楽しみです。不安な事は体調などをスタート時において万全な状態で合すことができるかです。

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

昨年頂いた「日の丸のお守り」と皆から応援されていると言う期待です。

  • 当サイトより:昨年初めて参戦したUTMBで22位と善戦した大瀬さんにとってUTMBは今年の大きな目標のはず。目標とするトップ10にどこまで近づけるかに注目です。

小川壮太さん

Sota Ogawa 2015 Utsukushi80k

小川壮太 / Sota Ogawa

Q. 今回のUTMBに向けた目標、意気込みを聞かせてください。

目標タイム・22時間切り、目標順位・10位以内。プロランナーとして、スマートかつクレバーなレース展開。ラスト40kmからのレース運びを見据えたレース全体の組み立て。またその計画を臨機応変に対応しながら遂行する。

Q. 今回のUTMBで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

楽しみにしていること:ヨーロッパアルプスの絶景とナイトセクション、日の出。
不安なこと:天候。できることならしっかり予定のコースと距離で勝負したい。

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

サトウのごはん、ふりかけ、家族が作ってくれたミサンガ。

  • 当サイトより:小川壮太さんは意外にも今回が初めてのUTMB。「実は100マイルのレースではまだ自分が満足できる結果を出せていない」といいます。今回は今までとは違う100マイルの走りを見せてくれることに期待です。

奥宮俊祐さん

Shunsuke-Okunomiya-UTMB2013

奥宮俊佑 /

Q. 今回のUTMBに向けた目標、意気込みを聞かせてください。

これも読む
DC Weekly | 先週末は飛騨高山ウルトラ、菅平、スリーピークス八ヶ岳、今週はmozart 100、Livigno、Broken Arrow、Echigo、日光100km・2018年6月12日

2年前の悔しさを晴らします!!

Q. 今回のUTMBで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

楽しみにしているのは再びUTMBに挑戦出来ること。世界のトップ選手と一緒に走れること。どんな結果になるか楽しみです!!ちょっと不安なことは、計画的なトレーニングが思うようにできなかったこと。

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

・食べ物⇒味噌汁、お餅、醤油、日本茶のティーパック
・ストレッチ道具⇒モビバン、足裏をコロコロする物、ランブルローラー
・仲間の写真等⇒相馬さんの写真とFujiTrailheadのバナー。レース後、ツェルマットに行きます。

  • 当サイトより:奥宮さんは7月にスイスで開催のEiger Ultra Trailで6位になったばかり。UTMBでは一昨年に40時間を超えるタイムで根性のフィニッシュでした。その経験が今回どのように活きるかに注目です。

小原将寿さん

Masatoshi Obara

小原将寿 / Masatoshi Obara

Q. 今回のUTMBに向けた目標、意気込みを聞かせてください。

「楽しむ」ことが大前提です。美しくて雄大なモンブランを走れる喜びを忘れずに。たくさんのみなさんの応援・支援を忘れずに。思いっきり楽しんできます!!

これを大前提として、レースとしての具体的な目標は、トップ10に入ることです。昨年出場したとき感じた「世界レベル」というものは、その時の僕には、とてつもなく高く大きな壁に見えました。国内のレースで、そこそこ走れるようになっていた僕に突き付けられた圧倒的なレベルの違い。自分の小ささを、まざまざと知らされました。でも、それを知れたことは、「自分はまだまだ」ということを認識出来たことは、とても幸せなことでした。

「この舞台でトップ10になる」

この1年、その思いだけで僕は走り続けました。1年で越えられるほど甘い夢じゃないことは、走った僕が一番よく分かっていますが。その思いにどこまで近づけたか。この1年間やってきたことは、自分をどれだけ高めてくれたのか。それを、この世界最高の舞台で、確認してきたいと思います。

Q. 今回のUTMBで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

楽しみなことは、やっぱりあの景色の中を走ることですね!昼でも夜でも、晴れでも曇りでも楽しみです!それと、街に美味しいジェラート屋さんがあるんですよね〜。
今、我慢しているので、終わったら死ぬ程食べたいっす!!

不安なことは、日本からシャモニーに無事に辿り着けるかどうか・・・。去年も行きましたけど、もう一年前ですから、今年も不安です。涙。それと去年、エイドで『コーク、プリーズ!』って言ったら、『ペプシ?』って言われたので、次のエイドで、『ペプシ、プリーズ!』って言ったら、『コーク?』って言われました。今年は、何て言おうか不安でたまりません。

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

餅!!だんご!!

  • 当サイトより:昨年に続いて2度目のUTMBへの挑戦となる小原さんは、今年はITJや峨山道トレイルで優勝するなど今年も好調。トレードマークの笑顔で今回のUTMBにも挑みます。

小林慶太さん

Keita-Kobayashi-Square

小林慶太 /

Q. 今回のUTMBに向けた目標、意気込みを聞かせてください。

2013年から2年ぶり2回目の出場となります。当時の自分の実力から、また去年のUTMF結果から、どれだけ成長しているのか・世界で戦えるのかを確かめたく一年近く準備をしてきました。心身ともに充実させ、楽しみ苦しみ抜いて、しっかりフィニッシュラインを踏めればと思います。

Q. 今回のUTMBで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

楽しみにしているのは、レース以外になりますが、今年は現地で極力自炊する予定なので、現地の食事でしょうか。前回行った時もパンやチーズなどは全く抵抗にならず楽しめたので。不安なのは天候に尽きます。ノーマルコースで開催されますように!

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

食べ物は、米、味噌汁、アンパンなどは欠かせません。リモートで仕事もする予定なのでノートPC類も必須ですね。特別にコレというのがないよう、なるべく日常感覚でいければいいなと思います。

  • 当サイトより:2013年に続いて2回目のUTMBとなる小林さんは、最近の海外レースでは5月のTNF 100 Australiaで22位。持ち前の緻密な分析力で今回のUTMBにチャレンジします。

土井陵さん

Q. 今回のUTMBに向けた目標、意気込みを聞かせてください。

初めての海外レースでUTMBというビックレースに出場するということで楽しみと不安が入り混じっています。今回の目標は、しっかり自分の走りをして納得いくようなレースにすることです。順位は特に意識していません。単純ですが、難しいと思っています。近年は世界のレベルが高くなってくる中、日本人トップ選手が完走さえままならないという現状を踏まえると、今の自分の実力からは完走としか言いようがないです。まずは、しっかり完走して、ひとつ上のレベルでトレイルランニングを見ていきたいと思っています。

Q. 今回のUTMBで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

楽しみにしていることは、世界レベルを肌で感じること。選手も大会も運営も景色もすべて含めて世界を見ることを非常に楽しみにしています。不安なところは、レース中のトラブル。特に胃腸を壊さないようにだけは気を付けたいと思っています。

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

家族の写真は必ず持っていきます。家族の支えがあってこそこの舞台に立てると思っています。そして、一緒にゴールしたいと思っています。ほかには、羊羹はいっぱい持っていきます。エイドのご褒美として羊羹を準備しています。

  • 当サイトより:関西在住の土井さんは昨年のUTMFで15位、今年の上州武尊山120k優勝と長距離トレイルで才能を見せはじめました。今回のUTMBでも周囲を驚かせる結果を出すかもしれません。

野本哲晃さん

Tetsuaki-Nomoto-Square

野本哲晃 / Tetsuaki Nomoto

Q. 今回のUTMBに向けた目標、意気込みを聞かせてください。

過去2回出場していずれもChampex-Lacでリタイヤしているので大きな目標は言えないのですが。。。(苦笑) タイムは22時間を大きな目標にしています。UTMBのチャレンジは最後の予定なので、やるだけやってたとえ潰れても今回は這ってでもゴールします(笑)

Q. 今回のUTMBで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

楽しみにしていることは雄大な景色とChampex-Lac以降のまだ見ぬコース、そして世界レベルの選手と一緒に走れること。ゴール後はビールとチーズフォンジュで日本選手と乾杯したいです!ちょっと不安なことは、サポート無しなので補給面と気分が落ちた時に精神的復活ができるか・・・逆にサポート無しでどこまで戦えるかも楽しみな部分です!

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

福岡、九州のラン仲間の期待、そして100均の竹踏み。

  • 当サイトより:福岡在住の野本さんはフルマラソンなど幅広くランニングに取り組んでいますが、トレイルランニングでも最近では5月のTNF 100 Australiaで12位。今回のUTMBでもトップ10に近いところにいるランナーとして期待です。

松永紘明さん

Q. 今回のUTMBに向けた目標、意気込みを聞かせてください。

大会当日は結果やタイムを忘れ、その土地に感謝し、今まで支えてくれた家族、仲間に感謝して楽しむ。スタートからゴールラインを切るその瞬間まで気持ちをノセルことに集中する。走れることに感謝し、走れる喜びを味わいつくす。

Q. 今回のUTMBで楽しみにしていること、不安なことは何ですか。

やっぱりあの景色!大会当日寝坊しないこと(笑)

Q. 日本から持っていく大事なものがあったら教えてください。

納豆!

  • 当サイトより:2009年のUTMBでの様子がテレビ番組で紹介されて以来、毎年UTMBに参加して今回は7回目となる松永さん。誰よりもこのレースの過酷さと楽しさを知る存在です。

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン / UTMB観戦に役立つリンク

Sponsored link