ノミネート発表、投票はこちらから12月25日まで・2015年日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー(Trail Runner of the Year in Japan, 2015)

TROYJ2015-eyecatch

3回目となる今年もやります。今年の日本のトレイルランニング・シーンを振り返り、特に賞賛に価するパフォーマンスをみせたトレイルランナーを讃える2015年日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー(Trail Runner of the Year in Japan, 2015)を選びます。

昨年と同様に有識者の皆さんのご意見を参考に当サイトがノミネートした候補者を以下でご紹介するとともに、本日から12月25日(金)まで当サイトをご覧の皆様からの投票を受け付けます。

Sponsored link


TROYJ2015-eyecatch

選考される賞

稲葉実記念賞(Minoru Inaba Memorial Award)《本賞》

  • 日本を拠点に活動するアスリートで、2015年中にトレイルランニングのパフォーマンス(レースでの順位やタイムトライアルの結果、長距離や難コースなどへの挑戦など)の面で際立った成果を上げた人を候補者としてノミネートし、その中から本賞受賞者を選考。
  • 本賞は当サイトのご意見番・稲葉実さん(2014年9月に逝去)を記念して、稲葉実記念賞(Minoru Inaba Memorial Award、通称・稲葉賞)といたします。

特別賞(TROYJ Honorable Mentioned)

  • 本賞の選考から漏れたものの、特筆すべき成果を挙げたアスリート数名。

貢献に対する特別賞(TROYJ Award for outstanding contribution)

  • 日本におけるトレイルランニングの振興やコミュニティへの特段の貢献が認められる個人や団体。
これも読む
本日深夜12時スタート・期間中のダイジェストはD/Cで。トランスジャパンアルプスレース / Trans Japan Alps Race #TJAR2016

選考の流れ

  1. 有識者の皆様へのアンケート:当サイトから有識者(大会主催者、各地のトレイルランニングのショップ、関連メーカー・ブランド、メディア関係者など)の皆様にアンケートによる候補者の選定とご意見を伺いました(締切り済み)。
  2. ノミネートの発表と投票の受付(12月25日まで):当サイトが設ける選考委員会が上記のアンケート結果をもとに候補者リストを決定。同時に当サイトをご覧の皆様からの投票を受付けます。
  3. 受賞者の発表(12月30日):当サイトで12月30日に各賞の受賞者を発表します。有識者のご意見と投票結果を踏まえて当サイトの選考委員会が協議して受賞者を決定します。

2015年日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた皆さん

日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー/女性の部(五十音順)

  • 北島良子 / Ryoko Kitajima:ハセツネCUPで優勝。世界陸上女子マラソン代表の経験を持ち、2011年から挑戦していたハセツネでは毎年表彰台に上ってきましたが、今年ついに初優勝を果たしました。《当サイト関連記事
  • 高島由佳子 / :昨年の信越五岳での鮮やかな優勝で話題となりましたが、今年も峨山道で優勝、UTMFでは5位となる快挙。ウルトラディスタンスで国内トップレベルの実力を見せました。《当サイト関連記事
  • 高村貴子 / Takako Takamura:ハセツネ30kで4位の後、峨山道で3位、OSJ山中温泉で優勝。ハセツネCUPでは3位に入る健闘を見せました。トレイルランニングには今年が実質的なデビュー。《当サイト関連記事
  • 丹羽薫 / Kaori Niwa:今年はUTMFで4位となる快挙が印象に残りました。加えて、春には世界のトップ選手が集まることで知られるTransvulcaniaで8位となったことも話題になりました。《当サイト関連記事
  • 長谷川香奈子 / Kanako Hasegawa:スカイランナー日本シリーズでは菅平42k、経ヶ岳、びわ湖バレイで優勝、年間チャンピオンを獲得。海外でもスカイランニングアジア選手権・MSIG Sai Kung 28kで3位となる活躍。《当サイト関連記事
  • 福田由香理 / Yukari Fukuda:ITJ、スカイランニング日本選手権・80kで優勝。さらにハセツネCUPでは2位、UTMFで6位。海外でも1月のハワイのHURT100で5位となっています。2014年日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー特別賞受賞。《当サイト関連記事
  • 宮崎喜美乃 / Kimino Miyazaki:トレイルレースにデビューした今年、ITJとスパトレイルで2位に。秋にはSTYで優勝という快挙を見せました。《当サイト関連記事

日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー/男性の部(五十音順)

  • 上田瑠偉 / Ruy Ueda:スカイランニング日本選手権・菅平42kで優勝、スリーピークス八ヶ岳優勝。今年も国内の注目度の高いイベントで活躍しました。2014年日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー受賞。《当サイト関連記事
  • 牛田美樹 / :スカイランニングアジア選手権・MSIG Sai Kung 50kで5位。スカイランニングでは西米良で優勝し、日本シリーズ年間チャンピオンを勝ち取りました。その他、ITJで3位、ハセツネCUPで8位。《当サイト関連記事
  • 大瀬和文 / Kazufumi Oose:アグレッシブに国内外の大会に出場し、海外ではスカイランニングアジア選手権・MSIG Sai Kung 50kで10位、UTMFで6位に入りました。国内でも斑尾50k、身延山修行走などで優勝しています。《当サイト関連記事
  • 奥宮俊祐 / Shunsuke Okunomiya:10回目の挑戦でハセツネCUPに優勝。海外でもEiger Ultra Trailで昨年に続いて6位。ハセツネCUPでは多くのファンの期待に応えました。《当サイト関連記事
  • 鬼塚智徳 / Tomonori Onitsuka:スパトレイル優勝、OSJおんたけウルトラ100kと八ヶ岳野辺山100kで2位。国際的な大会ではUTMFに11位でデビューを飾りました。《当サイト関連記事
  • 小野雅弘 / Masahiro Ono:今年もTor des Geantsで5位に。一昨年の8位、昨年の5位に続く入賞で、山岳エンデュランス界では世界のトップ選手として注目を浴びる存在となりました。《当サイト関連記事
  • 小原将寿 / :ITJ優勝、峨山道優勝、富士五湖チャレンジ118kで2位となったのち、秋のUTMFでは5位に。日本を代表するウルトラ・トレイルランナーとして知られる存在となりました。《当サイト関連記事
  • / Keita Kobayashi:今シーズンはスパトレイルで2位、ITJで8位、UTMFで9位、海外ではThe North Face 100 Australiaで22位。昨年に続いて結果を残しました。《当サイト関連記事
  • 近藤敬仁 / Yoshihito Kondo:スカイランニングアジア選手権・MSIG Sai Kung 28kで2位、フランスの Grand Trail des Templiersで13位。今年も海外のトレイルレースで実力を発揮しました。《当サイト関連記事
  • / Takashi Doi:今年は比叡山50k、上州武尊山120kで優勝など、春から好成績を挙げたのちにUTMBで12位に。UTMBの表彰台に再び日本のアスリートが立つ日は遠くないと感じさせました。《当サイト関連記事
  • 原良和 / :Taraweraでの3位に始まり、ITJで4位、八ヶ岳野辺山、サロマ湖、おんたけウルトラ100k、信越五岳で優勝。その後の四万十川では五連勝を達成。ロードとトレイルにまたがって積極的に活躍した一年でした。2013年日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー受賞。《当サイト関連記事
  • 星野和昭 / Kazuaki Hoshino:スカイランニングアジア選手権・MSIG Sai Kung 28kで6位、世界シリーズとしてハイレベルなレースとなったLantau 2 Peaksで9位。国内でも蔵王温泉で2位に。日本のスカイランニングを代表するアスリートの一人です。《当サイト関連記事
  • 松本大 / Dai Matsumoto:スカイランニングアジア選手権・MSIG Sai Kung 28k優勝。強豪ひしめくZegama-Aizkorriで13位、Dolomites Skyraceで19位、Lantau 2 Peaksで8位でスカイランニング世界シリーズ年間ランキング10位。世界の舞台にとうとう手を届かせた一年でした。2014年日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー特別賞受賞。《当サイト関連記事
  • 宮原徹 / Toru Miyahara:スカイランニング日本選手権・上田VK優勝、Pikes Peak Ascent優勝。今年もバーティカルキロメーターに絞り込んで結果を残しました。2013年日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー特別賞受賞。《当サイト関連記事
  • 森本幸司 / Koji Morimoto:ITJで2位、スカイランニング日本シリーズのびわ湖バレイスカイレースで2位、STYで2位。フランスの Grand Trail des Templiersで23位。国内外で活躍する場面を目にする機会が増えた一年でした。《当サイト関連記事
これも読む
[DC] 今週末のトレイルランニングレース・7月18-19日

投票はこちらから!

投票締め切りは12月25日(金)の24:00、クリスマスの日付が変わるまでです。投票は匿名で可能、Facebookにログインした状態であれば投票結果をシェアしたり、投票についてのコメントもできます。シェアやコメントを歓迎します。

また、「トレイルランニングの振興やコミュニティへの特段の貢献が認められる個人や団体」を讃える「貢献に対する特別賞」への推薦も募集いたします。

なお、投票結果は当サイトの選考委員会において尊重されますが、得票数で本賞受賞者が決まるわけではないことをご了承ください。

日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー/女性の部

投票を締め切りました。

日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー/男性の部

投票を締め切りました。

トレイルランニングの振興やコミュニティへの特段の貢献が認められる個人や団体を讃える「貢献に対する特別賞」への推薦

投票を締め切りました。

Sponsored link