DC Weekly | 今週末は経ヶ岳、Zegamaなど多数開催、先週末はUltra Trail Australia・2016年5月16日

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weekly。このDC Weeklyへ皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。2016年の国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーもぜひご利用ください。

今週末の当サイトはスカイランナー・ジャパンシリーズ(SJS)となる経ヶ岳バーティカルリミットを現地からレポートする予定です。

先週末のリザルト

5月14日土曜日:、Ice Age

  • UTWT-Ultra Trail World Tour logoウルトラトレイル・オーストラリア / Ultra Trail Australia(100k / 50k / 22k):オーストラリア・シドニー郊外のブルーマウンテンズで開催。昨年までの が名前を改めました。100kのレースではアメリカのマリオ・メンドーザ / Mario Mendozaが55km地点までレースをリードしましたが、調子を崩して65km地点でリタイア。そこからはスペインの25歳、パウ・カペル=ジル / Pau Capell Gilがレースをリードして9時間20分でフィニッシュして優勝。後続に19分差で圧勝しました。2番手争いは最終盤の残り1kmというところでユン・ヤンキャオ / Yun Yan-Qiao(中国)をベン・ダフュス / Ben Duffus(オーストラリア)が捉えてそのままフィニッシュ。ユン・ヤンキャオはダフュスから3分遅れで3位になりました。日本から出場していた / Hiroaki Matsunagaは11時間23分で18位でフィニッシュしています。女子ではこの大会の記録保持者であるベス・カーデリ / Beth Cardelli(オーストラリア)が11時間16分で優勝。序盤を他の女子上位選手と並んで走っていましたが、55kmを過ぎてから後続を引き離しての勝利でした。2位には17分差でフィオナ・ヘイヴィス / Fiona Hayvice(ニュージーランド)。3位はトップから37分差でケリー・エマーソン / Kellie Emmerson(オーストラリア)でした。Ultra Trail World Tourの第6戦、年間ランキングのポイントが加算されるセリエ・レーベルの大会でした。リザルトはこちら
  • Ice Age Trail 50:アメリカ・ウィスコンシン州で開催の50マイルのトレイルランニングレース。リザルトはこちら
これも読む
[DC] UTMBには9ポイントが必要、エリート枠も明確に・2016年のエントリー要項が発表になったウルトラトレイル・デュ・モンブラン/Ultra-Trail du Mont-Blanc® #UTMB

5月15日日曜日:Interlac Trail、比婆山、赤城山、道志村

  • Interlac Trail (80k, 42k, 20k):フランスのアヌシー湖とブルジェ湖を結ぶ80kmのトレイルランニングレース。男子の優勝はジュリアン・ショリエ / Julien Chorierで8時間1分。女子はスペインのメルセーデス・アルコス=サフラ / Mercedes Arcos Zafraが9時間18分で優勝でした。
  • 比婆山国際スカイラン(18.5k, 9k):広島県の比婆山で開催。18.5kの男子は / (asics)が1時間38分39秒で優勝。
  • 赤城山トレイルランニングレース(32k, 15k):群馬県の赤城青少年交流の家を会場に開催。32kの男子では須賀暁  / Satoru Suga(The North Face)が2時間35分で優勝。須賀は当日の朝、鍋割山への往復10kmをこなしてからのレースだったとのこと。女子では実業団の経験を持つ吉田香織 / Kaori Yoshidaが15kmのレースに出場し、男女を通して優勝・大会記録更新の1時間9分16秒でフィニッシュ。今回がトレイルランニングレース初出場、先週Wings for Run World Runで世界全会場を通して優勝したばかりでした。吉田は昨年の埼玉国際マラソンで自己ベスト2時間28分43秒を記録しています。
  • 道志村トレイルレース(41k/20k):山梨県道志村。41kmは5時間21分で望月将悟 / (La Sportiva)が優勝、8分差で野田武志 / Takeshi Nodaが二位、トップから12分で吉田賢治 / Kenji Yoshida(La Sportiva)でした。20kでは2時間36分で名取将大 / Masahiro Natori(La Sportiva)が男子優勝。

今週末のイベント

5月20日金曜日:KV Zegama

  • KV Zegama:スペイン北部、バスクで開催のゼガママラソンに先行して金曜日に開催されるバーティカル・キロメーターのレース。距離5.2kmで累積獲得高度1015mD+を駆け上ります。スペインのスカイランナー・ナショナルシリーズの一戦です。

5月21日土曜日:経ヶ岳、野麦、TOGA天空など

  • Kyogatake-Vertical-Limit-logo経ヶ岳バーティカルリミット (21K/12K):長野県南箕輪村。北信濃トレイルフリークス(KTF)がプロデュースするイベントで21kmのコースは経ヶ岳山頂(2,296m)までの往復で累積獲得高度1,650mD+というタフなコース。今年のスカイランナー・ジャパンシリーズ(SJS)のSKYの部の開幕戦となります。当サイトでは大会当日に現地から今回の経ヶ岳バーティカルリミットの様子をレポートします。
  • 野麦トレイル10マイルレース(16k / 11k):長野県松本市野麦峠スキー場で開催。コースからは乗鞍岳、穂高連峰の眺めが楽しめます。
  • TOGA天空トレイルラン(40.5k / 31.6k / 13.9k / 8.8k):富山県南砺市利賀村で今年が3回目の開催。第一回大会から徐々にコースの距離が伸び、今年は40kmを超えました。ゲストランナーに吉田香織さん、代田渉さん。
  • Grand Canyon 50/50k/21k:アメリカ・アリゾナ州フラッグスタッフ近郊で開催。その名の通りグランドキャニオンのノース・リムの近くで開催される50マイルなどのトレイルランニングレースです。

5月21日土曜日 – 22日日曜日:Ijen、Transylvania 100k

  • Asia_Trail_MasterIjen Trail Running  (70 km / 42 km / 21 km):インドネシアのジャワ島東部、ボンドウォソで開催。70kmで2448mD+のコースは火山の麓をめぐるコースは火山(Ijen Mountain)の山頂のカルデラ湖も含まれています。Asia Trail Masterのシリーズ戦の一戦。
  • Transylvania 100k:ルーマニア・トランシルヴァニア地方のブラン城といえば「吸血鬼ドラキュラ」のモデルとなった城として有名。この城の前をスタート・フィニッシュとするトレイルランニングレースです。累積獲得高度は100kmで6,590mD+でコースの最高点は標高2500mに達します。100kmのほか、50k、30kのレースも開催されます。今回が三回目の開催。
これも読む
DC Weekly | 先週末のリザルトは来週紹介、今週末はLake Sonoma、奥武蔵もろやま、平尾台・2017年4月10日

5月22日日曜日:ゼガマ / Zegama、Kobo Trail、宮崎鏡洲、カムイの杜、野辺山100kなど

  • Kobo Trail(55.7k / 43.2k):奈良県の吉野山、洞川、高野山を結ぶトレイルで開催。弘法大師空海が高野山を開く前に修行していた古道をコースとしています。吉野山金峯山寺から高野山金剛峯寺への「K to K」(55.7km)、洞川温泉から高野山金剛峯寺への「D to K」(43.2km)が行われます。コースディレクターは横山峰弘さん、K to Kにゲストランナーとして鏑木毅さんが出場します。
  • みしま西山連峰登山マラソン大会(21.4k):新潟県長岡市。今回が32回目という伝統ある大会。コースはトレイルではなく、ロードの登山マラソンとなっています。
  • カムイの杜トレイルラン(42k, 23k, 10k, 5k):北海道旭川市。42kmのコースが今年から設けられ、劇登りもある本格的なコースとなりました。
  • 狩勝トレイルランニング(20k/12k/4k):北海道上川郡新得町の旧新内駅前をスタート、フィニッシュにして開催。旧狩勝線の線路跡と林道がコースとなっています。
  • トレイルランニングin山の里(30kなど):兵庫県赤穂郡上郡町のピュアランド山の里で開催。3kmの周回コースで行われます。
  • 宮崎鏡洲の森トレイル(26k/13k):宮崎市鏡洲の宮崎自然休養林を拠点に開催。距離は26kmでも累積獲得高度は2,200mD+というハードなコースです。
  • 星の郷八ヶ岳野辺山高原 100kmウルトラマラソン(100k / 71k / 42k):八ヶ岳山麓で開催されるロードのウルトラマラソンとして人気のイベント。22日日曜日の午前5時にスタート。
  • SKYRUNNER_WORLD_SERIES_2016-squareゼガマ・マラソン / Maratón Alpina Zegama-Aizkorri (42.2k):スペイン北部、バスクで開催される42kmの山岳レースは今年もスカイランナー・ワールドシリーズ(SWS)の一戦として欧州を中心に世界から有力選手がしのぎを削るイベントとなります。昨年のこの大会で13位に入った松本大 / Dai Matsumotoは今年は参加を見送るとのこと。スタートは22日日曜日の午前9時(日本時間同日午後4時)です。
  • Vallespir Skyrace (23km):フランスのピレネー山脈の町、アメリー=レ=バン=パラルダ / Amélie-les-Bains-Palaldaを拠点に開催され、23kmで1750mD+。フランスのスカイランナー・ナショナルシリーズのレースとなっています。
Sponsored link