DC Weekly | 今週末はモントレイル黒姫、Bighornなど。先週末の菅平、スリーピークス八ヶ岳のリザルト・2016年6月14日

Sugadaira_2016_P6128741-Start

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weekly。このDC Weeklyへ皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。2016年の国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーもぜひご利用ください。

(写真・今年の菅平スカイライントレイルランのスタート)

先週末のリザルト

6月11日土曜日 – 12日日曜日:6666、Madrileño

  • Grand Raid 6666 (117k, 50k, 12k):フランス南部のロックブルン / Roquebrunで開催。117kmはフランスの長距離トレイルランニングレースで構成されているUltra Mountain National Tourのシリーズの一つです。男子はシルバン・クショー / Sylvain Couchaudが14時間37分、女子はジルベルテ・リベル / Gilberte Libelが19時間9分で優勝しています。リザルトは大会ウェブサイトに掲載されています。
  • Maratón Alpino Madrileño (44k, VK):スペインのトレイルランニング選手権の大会。44kは男子がマヌエル・メリラス / Manuel Merillasが4時間7分、女子がアザラ・ガルシア / Azara Garciaが4時間44分で優勝。リザルトはこちらから。

6月12日日曜日:、スリーピークスなど

  • Skyrunner_Series_Japan_logo菅平スカイライントレイルランレース(42k, 21k):長野県上田市菅平高原で開催。スカイランナー・ジャパンシリーズ(SJS)のSKYカテゴリー第二戦でした。男子は、女子は浅原かおりが優勝。当サイトではライブ速報をお送りしました。リザルト紹介記事はこちら
  • スリーピークス八ヶ岳トレイル(38k/23k):山梨県北杜市。八ヶ岳南麓のコースで行われる人気イベントは、38kのコースが希少植物保護のためコースの一部がトレイルから舗装路に変更されて開催されました。38kは近藤敬仁が4時間0分55秒で優勝、+8分で2位に小川壮太、+10分で3位がでした。女子は4時間58分25秒で大石由美子が優勝。2位の渡部春雅は5時間3分32秒で、女子は見応えある優勝争いが展開されました。3位は5時間20分で高村貴子。23kは加藤淳一福島舞がそれぞれ男女優勝でした。
  • CALDERA TRAIL(38k, 10k):岩手県八幡平市の七時雨エリアで開催。38k男子は江本英卓が3:39:01で優勝、2位は高橋伸也で3:47:37、3位は山田高志が4:05:45。女子は山ノ内はるかが4:36:05で優勝。2位が鈴木絵里(4:57:33)、3位が佐々木寿江(5:11:04)でした。
  • トレニックワールド in 飯能‣越生 50km & 30km:埼玉県飯能市、越生町で開催。50kの男女優勝は江島良(6:46:31)、今田和美(8:23:21)、30kは瀬尾豪(3:22:39)と上田愛(4:37:25)でした。リザルトはこちらから。
  • 八重山トレイルレース(38.5k, 22.9k):山梨県上野原市。38.5kの男子優勝は寺尾修で4時間2分7秒。2位に3分差で吉田賢治、3位は吉田浩章でした。
  • 飛騨高山ウルトラマラソン(100km、71km):岐阜県高山市。100kにロードのウルトラマラソンの男子優勝は井村光孝で7:33:20。2位に間宮秀幸が7:44:35、3位はトレイルランニングでも活躍するいいのわたるが7:55:25でした。女子優勝は中村麻季子で8:48:07。佐野亜弓(9:47:49)、坂上由美子(9:57:01)が続きました。リザルトはこちら
  • いわて銀河チャレンジ100kmマラソン:こちらも人気のロードのウルトラマラソン。リレー混合チームで吉住友里和田優一などの「吉本ナショナルDreams」が優勝しています。
IwateGinga100k-Yoshimoto

いわて銀河100kのリレー混合で優勝した吉本ナショナルDreams。Photo by

今週末のイベント

6月17日金曜日 – 18日土曜日:Bighorn、Bryce Canyon

  • Bighorn 100 (100マイル、50マイル、32マイル、18マイル):アメリカ・ワイオミング州。広大な自然のままの高原の往復コースで開催されます。
  • Bryce Canyon (100/50/50k/21k):アメリカ・ユタ州のブライスキャニオン国立公園で開催。

6月18日土曜日 – 19日日曜日:Broken Allow , Zugspitz

  • Broken Allow Skyrace(54k, 24k, VK):アメリカ・カリフォルニア州のスコーバレー(ウエスタンステイツのスタート地点)で開催。今年初開催のイベントながら、54kとVKはアメリカのスカイランニング・ナショナルシリーズとなっており、アメリカの有力選手が集まります。54kではマックス・キング / Max King、アレックス・ニコルス / Alex Nichols、ジョシュ・アーサー / Josh Arthur、ライアン・ゲルフィ / Ryan Ghelfi、ティム・トレフソン / Tim Tollefsonnなど。女子ではラリサ・デニス / Larisa Dannis、ジョエル・ヴォルト / Joelle Vaughtなどが注目の有力選手です。
  • Zugspitz Ultratrail(100k, 80k, 62k, 39k, 25):ドイツ南部、バイエルン州グラナウを拠点に、ドイツ最高峰のツークシュピッツェを臨む山岳エリアで開催。
  • Mohican 100:アメリカ中西部、オハイオ州で開催の100マイルトレイルランニングレース。
  • West Highland Way(95マイル):イギリス・スコットランドのグラスゴー郊外で開催。
これも読む
DC Weekly | 先週末はPenyagolosa, Madeira, Korea 50k、今週末は奥三河、Yading Skyrun、上田VKなど・2017年4月24日

6月18日土曜日:WMRAマウンテンランニング世界選手権、mozart 100、モントレイル黒姫など

  • マウンテンランニング長距離世界選手権 / WMRA Long Distance Mountain Running Championships(42k):スロベニアで開催。世界マウンテンランニング協会(WMRA)によるマウンテンランニングの世界選手権。日本からは飯田祐次郎宮地藤雄が日本代表としてエントリーしています。ちなみに競技としての「マウンテンランニング」は山の中のトレイルを走りますが、装備品などは基本的に持たず、エイドも数多く設けられていて、いわばロードやトラックと同様に走力を試す競技を山の中で行うのが特徴。WMRAは国際陸連の傘下団体となっています。
  • Casamanya Extrem Vertical Kilometer:アンドラで開催されるバーティカル・キロメーター。スペイン・アンドラ・ポルトガルのスカイランニング・ナショナルシリーズ戦です。
  • V3K Ultra (55k):イギリス・ウェールズで開催。イギリスのスカイランニング・ナショナルシリーズ戦です。
  • UTWT-Ultra Trail World Tour logomozart 100® (103.2k / 56.3k / 11.5k / 25.8k):オーストリア・ザルツブルグを拠点に開催。103kmのコースは標高は最高でも830mにとどまるものの、累積獲得高度は2,942mD+に達します。Ultra-Trail World Tourの準加盟(フューチャーレーベル)のイベント。
  • “ROCKIN’ BEAR” モントレイル黒姫トレイルランニングレース(44k/13k):長野県信濃町。黒姫高原、笹ヶ峰に設けられるコースは昨年から一部変更されています。

6月19日日曜日:Echigo Country Trailなど

  • Kilómetro Vertical Fuente Dé (VK):スペイン北部、カンタブリア州で開催。こちらもスペイン・アンドラ・ポルトガルのスカイランニング・ナショナルシリーズ戦のバーティカル・キロメーター。
  • Asia_Trail_MasterEchigo Country Trail (50k):新潟県長岡市小国町から小千谷市のトレイルで開催。トレイルランナーズの松永紘明さんがプロデュースする旅するトレイルランニングのイベントです。初開催ながら、Asia Trail Masterのシリーズ戦となっており、スイスのトレイルランニングレース・Scenic Trailとパートナーシップを結んでいます。ゲストランナーとして菊嶋啓、、須賀暁、貝瀬淳、常田めぐみ、山屋光司が出場予定。
Sponsored link