DC Weekly | 先週末のトル・デ・ジアン、Glen Coe Skyline、信越五岳、木曽駒など。今週末はUTMFが開幕・2016年9月19日

2767-tor16_arrivo_oliviero-bosatelli_ph-stefano-jeantet

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weekly。このDC Weeklyへ皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。2016年の国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーもぜひご利用ください。

(写真・今年のトル・デ・ジアン / Tor des Geantsで優勝したオリヴィエロ・ボサティッリ / Oliviero Bosatelli。 by Stefano Jeantet, courtesy of VDA Trailers)

先週のニュース

  • キリアン、エベレスト登頂への挑戦を中止(9月15日):無酸素・固定ロープ不使用で、途中でビバークもしない最小限の装備のみでエベレスト山頂への往復に挑戦するため、現地に入っていたキリアン・ジョネット / (スペイン)は今回の挑戦を断念し、帰国することを決めました。今回の挑戦は登頂ルートとしてはマイナーなチベット側からの北陵ルートで、6,500m地点のベースキャンプまでの30kmを含む山頂までの往復を最小限の装備で行うという計画でした。キリアンはこのために8月上旬までヨーロッパアルプス山中で高所馴致をしたのちに、8月上旬から現地に入りましたがいよいよ登頂にチャレンジするというタイミングで天候が悪化。当面回復が望めないことから今回の挑戦を中止しました。キリアンは2012年から軽量装備でのスピードクライミングで世界各地の高峰に挑戦するプロジェクト、「Summits of My Life」に取り組んでおり、これまでモンブラン、マッターホルン、デナリ、アコンカグアなどで最速登頂記録を達成。今回のエベレストは昨年、ネパールを襲った地震で挑戦を断念して今回が二度目の挑戦でしたが、記録への挑戦は将来に持ち越されました。
kilian-jornet-in-nepal

ネパールで今回のチャレンジのために滞在中のキリアン。Photo courtesy of Summits of My Life

  • カール・メルツァー / Karl Meltzerがアパラチアントレイル(3,523km)のFKTを更新:アメリカのベテラントレイルランナーで、アパラチアントレイル(2,189マイル<3,523km>)の最速完走記録に挑戦していたカール・メルツァー / Karl Meltzer(48歳)が、9月18日日曜日の早朝、コース南端のジョージア州・スプリンガーマウンテンに到達。45日22時間38分で最速記録を更新。昨年、スコット・ジュレク / Scott Jurekが更新したばかりの記録を約10時間短縮しました。カール・メルツァーがアパラチアントレイルのFKTに挑戦したのは今回が3回目でした。【追記・カール・メルツァーがフィニッシュした直後、女性ハイカーが全ての装備を背負うセルフ・サポーテッドでアパラチアントレイルを45日6時間28分で踏破した、とのニュースが話題となっています。サポート・クルーに先回りしてもらって食事や装備を用意してもらいながら進むサポーテッドで今回メルツァーが記録した時間よりも約16時間早いことになります。従来のセルフ・サポーテッドでの最速記録は54日です。】
これも読む
比叡山インターナショナルトレイルラン 2016 プレビュー #Hiei50k

先週末のイベント

9月11日日曜日 – 18日日曜日:Tor des Geants

  • トル・デ・ジアン / Tor des Geants (330km / 24,000mD+):イタリア、ヴァッレ・ダオスタ自治州で開催。優勝はオリヴィエロ・ボサティッリ / Oliviero Bosatelliで75時間10分22秒。47歳のイタリア人消防士が初出場で初優勝を勝ち取りました。2位にはオスカー・ペレス / Oscar Peres(スペイン)が81時間14分でフィニッシュ。この大会では優勝1回、準優勝2回の経験を持ちます。3位はパブロ・クリアド / Pablo Criado Toca(スペイン)が83時間40分で続きました。女子優勝はイタリアのリサ・ボルザニ / Lisa Borzaniが91時間9分44秒でした。2位にステファニー・ケース / Stephanie Case(カナダ)が98時間15分。3位にフランスのマリア・サマリヤン / Maria Semerjianが100時間18分で続きました。リザルトはこちらから。
2767-tor16_arrivo_oliviero-bosatelli_ph-stefano-jeantet

優勝はオリヴィエロ・ボサティッリ / Oliviero Bosatelli。 Photo by Stefano Jeantet, courtesy of VDA Trailers

9月16日金曜日 – 18日日曜日:Glen Coe Skyline

  • SKYRUNNER_WORLD_SERIES_2016-squareGlen Coe Skyline (53k, 25k, VK):イギリス・スコットランドで開催。最終日の日曜日にの55km / 4,750mD+のSalomon Glen Coe Skyline™が行われました。ロンドン出身でノルウェー在住の27歳、ジョナサン・アルボン / Jonathan Albonが6時間33分52秒で優勝。アルボンは昨年のTromsø ®に出場して優勝したのがスカイランニングへのデビュー。その翌年となる今年はTromsøで2位、Kimaで7位となって今回優勝。スカイランナー世界シリーズのExtremeカテゴリーのチャンピオンとなりました。2位にはトム・オーウェンス / Tom Owens(イギリス)が6時間37分、3位はマルク・ローレンシュタイン / Marc Lauenstein(スイス)が6時間54分でした。日本から参戦した / Sota Ogawaは7時間53分41秒で12位。女子はジャスミン・パリス / Jasmine Paris(イギリス)が8時間15分56秒で優勝。メレーネ・ブリッケン / Malene Blikken Haukøy(ノルウェー)が8時間23分4秒で2位、サラ・リッジウェイ / Sarah Ridgeway(イギリス)が8時間44分40秒で3位に続きました。スカイランナー世界シリーズのExtremeカテゴリーはこれで全3戦が終了し、男子はジョナサン・アルボン、女子はジャスミン・パリスがチャンピオンとなりました。小川壮太は5位に入っています。Glen Coe Skylineのリザルトはこちら、スカイランナー世界シリーズのExtremeカテゴリーのランキングはこちら
これも読む
DC Weekly | 連休中に上田バーティカルレース、先週末は福田由香理がKorea 50kで優勝・2016年4月27日

9月16日金曜日 – 17日土曜日:Run Rabbit Run

  • Run Rabbit Run (100m / 50m):アメリカ、コロラド州スチームボートスプリングスで開催の100マイルレースではアレックス・ニコルス / Alex Nicolsが17時間53分33秒で優勝。ニコルスは欧州のスカイランニングのレースで活躍していますが、今回30歳で初めての100マイルに挑戦。その優勝タイムはジェイソン・シュラーブ、ロブ・クラールに次ぐ歴代3位の好記録でした。女子はコートニー・ドウォーター / Courtney Dauwalterが21時間23分37秒、男女総合8位で優勝しました。リザルトはこちら

9月17日土曜日 – 18日日曜日:IMTUFなど

  • Chiltern Wonderland 50m:イギリス、イングランドのロンドン北西郊外のチルターン丘陵で開催される50マイルのトレイルランニングレース。リザルトはこちら
  • IMTUF (Idaho) 100:アメリカ・アイダホ州で開催の100マイルレース。リザルトは掲載され次第紹介します。
  • NorthCoast 24 Hour:アメリカ、オハイオ州クリーブランド郊外で開催される24時間走のイベント。今年も米国陸連の24時間走全米選手権( 24 Hour National Championship)となっています。リザルトはこちら

9月18日日曜日 – 19日月曜日:信越五岳、雁坂峠越え

  • 信越五岳トレイルランニングレース(110k):長野県、新潟県にまたがる信越高原で開催される110kmの人気トレイルランニングレース。今回は台風接近の影響もあってスタートから雨、第二関門(笹ヶ峰高原グリーンハウス<63.1km>、5A) の制限時間が17:30から30分繰り上げ【追記・繰り上げる前の時刻を訂正しました】、戸隠スキー場(8A、92.3km)から先の瑪瑙山への登りをショートカットして距離は約7km短縮。トレイルはいたるところで雨水が流れる小川のようになっていた、とのこと。男子優勝は永田務 / Tsutomu Nagata、9時間57分46秒でした。昨年のサロマ湖100kで6時間36分という記録で原良和に次ぐ2位となり、100k世界選手権に日本代表として出場した実力の持ち主です。当サイトの取材した中では今年1月のHong Kong 100で上位を走りながら途中で転倒してリタイアを已む無くされたことが記憶に残ります。今回は厳しいコンディションの中でその実力を発揮しました。2位は22分差で杉本愉 / Satoshi Sugimoto、その1分半後に木村大志 / Hiroshi Kimuraが続きました。この大会が始まった2009年以来、毎年トップ6の表彰台の座を守っていた西城克俊 / Katsutoshi Saijoは9位となり、表彰台の座を逃しました。女子は高澤真澄 / Masumi Takazawaが13時間22分17秒で優勝。15分差で2位に上野朋子 / Tomoko Ueno、3位に木村真由美 / Kimura Mayumiとなりました。リザルトはこちら
  • 雁坂峠越え秩父往還144km:甲府から川越へ、秩父を越えていく144kmのウルトラマラソン。優勝は平山淳一で14時間48分32秒、女子優勝は廣澤志保で19時間38分29秒。リザルトはこちら

9月17日土曜日:アメリカ、カナダのスカイランニング

  • Beaver Flat 50 (50k):カナダ・サスカチュワン州で開催。カナダのスカイランニング・ナショナルシリーズのレースとなっています。リザルトはこちら
  • Crystal Mountain Sky Marathon (26m):アメリカ・ワシントン州で開催。アメリカのスカイランニング・ナショナルシリーズのレースです。リザルトはこちら
これも読む
DC Weekly | おんじゅく、TNF100 Thailand、今週末はタラウェラ・2016年2月1日

9月18日日曜日:木曽駒、三原・白竜湖、丹後100k

  • 木曽駒JAPAN ALPSスカイレース 30K:長野県の木曽文化公園から木曽駒ケ岳山頂までを往復する30km / 2400mD+のコースでしたが、こちらも台風の影響でコースは七合目避難小屋で下りに転じる20km / 1,500mD+の短縮コースで開催されました。男子優勝は宮川鉄也 / Tetsuya Miyagawaで2時間27分43秒。2分半の差で2位、3位は高橋伸也 / Shinya Takahashi吉田岳生 / Takeo Yoshidaで二人の差は1秒でほぼ同着でした。女子優勝は枝元香菜子 / Kanako Edamotoで3時間20分49秒。2位は2分差で丸山朋子 / Tomoko Maruyama、3位はトップから15分差で宮坂康子 / Yasuko Miyasakaでした。リザルトはこちら
  • 三原・白竜湖トレイルランレース(37k/20k):広島県三原市で開催。こちらも台風の影響で沼田川の川辺への上り下りを含む37kmのロングコースは、それを含まない20kmのミドルコースと同じコースで開催されました。20kmのコースで行われたロングコースの男子優勝は昨年3位だった澤田幸治で1時間31分12秒でした。女子は東奈々が1時間57分35秒で優勝。東奈々は2011年からこの大会で女子優勝のを重ねていましたが昨年は宮崎喜実乃に優勝を譲って2位に。今回、再びチャンピオンになりました。リザルトはこちら
  • 歴史街道丹後100km ウルトラマラソン(100km / 60km):京都市京丹後市で開催される100kmのロードのウルトラマラソン。こちらは予定通りに開催され、100kmでは石川佳彦が優勝しています。

9月19日月曜日:王滝ダートマラソン

  • OSJ王滝ダートマラソン42km&20km:長野県王滝村。おんたけウルトラトレイルのコースともなっている通常は開放されない国有林道を使ったトレイルランニングレースです。リザルトは掲載され次第、リンクします。リザルトは公開され次第紹介します。

今週末のイベント

9月23日金曜日 – 25日日曜日:UTMF

9月23日金曜日 – 24日土曜日:Bear 100

  • The Bear 100:アメリカのユタ州、アイダホ州にまたがるエリアで開催される100マイルのトレイルランニングレースです。

9月24日土曜日 – 25日日曜日:泉が岳、信州戸隠

9月25日日曜日 – 10月1日土曜日:Grand to Grand Ultra

  • UTWT-Ultra Trail World Tour logoGrand to Grand Ultra (273 km, 6 stages):アメリカのユタ州、アリゾナ州の砂漠地帯で行われるセルフサポート(必要な装備や食料をレース中に携行する)の6日間のステージレースです。今年はUltra-Trail World TourのFutureシリーズ(準加盟)となっています。

9月24日土曜日:Ultra Pirineu, UROCなど

  • SKYRUNNER_WORLD_SERIES_2016-squareUltra Pirineu (103k):スペイン・カタルーニャで開催される100kmの山岳レースで、今シーズンのスカイランナー世界シリーズのUltraカテゴリーの最終戦となります。iRunFarによるプレビューはこちらから。
  • Ultra Race of Champions (UROC) :アメリカ・カリフォルニア州オーバーンで開催。アメリカにおけるチャンピオンを決める大会を目指して開催されており、総額2万ドル超の賞金も用意されています。
  • Vietnam Mountain Marathon (100 km / 70 km / 42 km):ベトナム北部、サパで開催されるトレイルランニングレースで、水田や農村と里山をつなぐコースで開催されます。Asia Trail Masterのシリーズ戦の一つです。
  • 3×3000 80k Ultra:イギリス・イングランドで開催される80km / 4,101mD+のレースで、イギリスのスカイランニング・ナショナルシリーズの一戦です。
  • La Skyrhune (21km):フランス領バスクのアスカンで開催の21km / 1700 mD+のレースはフランスのスカイランニング・ナショナルシリーズの一戦。
  • Marloth Mountain Challenge (55k):55km / 3500mD+のレースで南アフリカのスカイランニング・ナショナルシリーズの一戦です。
  • Monduber Trail (83k):83km / 3,900 mD+のトレイルランニングレースでスペイン・バレンシアで開催されます。スペインの山岳連盟・FEDMEのトレイルランニング・スペインカップおよびスペイン選手権大会となっています。
  • 青鳩トレイル大磯〜大山大会:神奈川県の大山と大磯をつなぐ16kmのトレイルランニング大会として初開催。NPO野外活動(自然体験)推進事業団が開催する大会です。
これも読む
上田瑠偉が準優勝、ミシェル・ランヌ、ミンミ・コトカが優勝・CCC 2016リザルト UTMB® 2016

9月25日日曜日:三河高原

Kyocera TORQUE G03
PR・京セラの
高耐久スマートフォン
「TORQUE G03」

トレイルランナーにオススメの
山での頼れる相棒。
Sponsored link