DC Weekly | 先週末のGrand 2 Grand、スパルタスロン、今週末はハセツネ・2016年10月5日

fujisanroku2016

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weekly。このDC Weeklyへ皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。2016年の国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

(写真・今年の富士山麓トレイルラン。Photo by Koichi Iwasa / DogsorCaravan.com)

先週末のイベント

9月25日日曜日 – 10月1日土曜日:Grand to Grand Ultra

  • UTWT-Ultra Trail World Tour logoGrand to Grand Ultra (273 km, 6 stages):アメリカのユタ州、アリゾナ州の砂漠地帯で行われるセルフサポート(必要な装備や食料をレース中に携行する)の6日間のステージレース。優勝はフロリアン・ヴュー / Florian Vieux(スイス)で29時間51分24秒でした。2位にはセバスチャン・ナイン / Sebastien Nainが32時間6分22秒で続き、3番手に女子優勝のエミリー・ルコント / Emilie Lecomte(フランス)が32時間6分48秒と2位のセバスチャンに僅差で続きました。日本のアドベンチャーランナー・北田雄夫 / Kitadaが38:05:42で男子6位(総合8位)となっています。リザルトはこちらから。このレースは今年のUltra-Trail World TourのFutureシリーズ(準加盟)となっています。

9月30日金曜日 -10月1日土曜日:Spartathlon

  • Spartathlon (246k):ギリシャのアテネからスパルタまでの246キロを走るウルトラマラソン。女子は昨年のこの大会を新記録で優勝、同じく昨年のIAU24時間走でも優勝しているケイトリン・ナギー / Katalin Nagy(アメリカ)が25時間22分で優勝。男女総合4位という快走を見せました。2位にはこちらもアメリカのウルトラランナーでウェスタンステイツで優勝した経験を持つパム・スミス / Pam Smithが27時間11分で続きました。男子ではアンドレイ・ラジコウスキ / Andrzej Radzikowski(ポーランド)が23時間1分で優勝、2位に34分差でマルコ・ボンフィグリオ / Marco Bonfiglio(イタリア)が続きました。日本からの参加では福田泰 / Yutaka Fukudaが25時間33分で4位(男女総合5位)、宮武幹夫 / Mikio Miyatakeが27時間16分で12位(男女総合14位)、若木くるみ / Kurumi Wakakiが32時間35分で 女子9位でした。リザルトはこちら
これも読む
DC Weekly | 先週末は富士登山競走、Skyrace Comapedrosa、ユース世界選手権など、今週末は富士登山駅伝、トロムソなど・2017年7月31日

10月1日土曜日 – 2日日曜日:Flagstaff Skyrace, Ultra Trail Mount Jiriなど

  • Flagstaff Sky Race (VK, 39k, 55k):アメリカ・アリゾナ州フラッグススタッフで開催されるレースはVK, Sky, Ultraの3カテゴリーが揃う今年のアメリカのスカイライナー・ナショナルシリーズの最終戦でした。男子ではジョー・グレイ / Joe GrayがVKと39kで、女子はケリー・ウルフ / Kelly WolfがVKと55kで優勝しています。リザルトはこちら
  • Arkansas Traveler (100m):アメリカ南部、アーカンソー州ウォシタ国立森林公園で開催される100マイルのトレイルランニングレース。リザルトはこちら
  • Asia_Trail_MasterUltra Trail Mount Jiri (100 km / 50km):韓国南部のチリ山(智異山)で開催。100kmのレースは男子がHeejae Kim(韓国)が9時間34分、女子がJeong-sun Park(韓国)9時間50分でそれぞれ優勝。Asia Trail Masterのシリーズ戦でした。リザルトはこちらから。

10月1日土曜日:富士山麓

  • 富士山麓トレイルラン(18k/10k):今年で10回目の開催。18kmの女子では大石由美子が1時間53分で優勝、3分半の差で、が2位でした。男子は大沢正和が1時間30分で優勝。リザルトはこちらから。
  • Cuyamaca 100k:カリフォルニア州サンディエゴ近郊で開催される100kmのトレイルランニングレース。リザルトはこちら
  • Gorbeia Suzien (31.2k):スペイン・ビスカヤで開催の31kmのレースは今年のスペインのスカイランニング国内選手権の大会。男子ではルイス・アルベルト・ヘルナンド / Luis Alberto Hernandoが優勝しています。

10月2日日曜日:斑尾50k、Lantau 2 Peaksなど

  • Madarao Forest Trails 50k(斑尾50k):石川弘樹さんのプロデュースで開催される斑尾高原の人気レース。今回は袴岳山頂エリア(30km地点付近)のトレイルのコンディションを考慮してこのエリアを通過しないコースに変更され、コース全長は47.2kmに短縮されての開催となりました。男子では西村広和が3時間57分、女子は上野朋子が5時間29分でそれぞれ優勝しました。リザルトはこちらから。
  • 土佐塩の道トレイルランニングレース(50k, 25k):高知県香南市。50kのリザルトはこちら、25kはこちら
  • 英彦山修験道トレイルin東峰村(36k, 24k):福岡県東峰村。今年の完走率は2割となったリザルトはこちら
  • 水見色トレラン:静岡県静岡市。3.5kmの周回コースを制限時間内(個人3時間、チームリレー4時間)で何周できるかを競うというレース。リザルトはこちらに掲載される予定。
  • アサマ2000スカイレース(12k):長野県小諸市高峰高原のアサマ2000パークスキー場で開催。12kの山岳の部のリザルトはこちら
  • 新庄・蒜山 スーパートレイル(70k, 25k):岡山県新庄村・真庭市蒜山周辺山岳エリアで開催。リザルトはこちら
  • Lantau 2 Peaks (23k, 15k):香港の中でも豊かな自然が残るランタオ島で開催。男子はヴラド・イクセル / Vlad Ixelが2時間49分で優勝、ジェレミー・リッチー / Jeremy Ritceyが3分差の2位でした。女子はザイン・ウィリアムズ / Zein Williamsが3時間20分で優勝。リザルトはこちら
これも読む
高村貴子 Takako Takamura 日本山岳耐久レース 2017 #ハセツネ CUP 優勝インタビュー #Hasetsune

今週末のイベント

10月7日金曜日 – 10月9日日曜日:フランス、アメリカの100マイル

  • 100 Miles Sud de France (164k):ピレネー山脈の北側、フォンロムーから地中海を目指すPoint to Pointの100マイルレース。112km、74kmのレースもあわせて開催されます。フランスのトレイルランニングシリーズ、Ultra Mountain National Tourの一戦です。
  • Grindstone 100:アメリカ南部バージニア州で開催される100マイルのトレイルランニングレース。

10月8日土曜日 -10月10日月曜日:メサスティラ・ピークスなど

  • Mesastila Peaks Challenge (100 km / 65 km / 42 km):インドネシア・ジャワ島で開催。100kmのコースは3000mのピークを3つ越え、累積獲得高度が7900mD+というもの。Asia Trail Masterのシリーズ戦です。
  • Oil Creek 100:アメリカ・ペンシルバニア州タイタスビルで開催の100マイルトレイルランニングレースです。
  • The Hounslow Classic 23km/68km:オーストラリアのシドニー郊外・ブルーマウンテンズで開催。オーストラリアのスカイランナー・ナショナルシリーズのレースです。

10月9日日曜日 – 10日月曜日:ハセツネ、OSJ KOUMI 100

  • ハセツネカップ・日本山岳耐久レース(71k):東京・あきる野、奥多摩で開催される伝統あるトレイルランニングレースは今年が24回目の開催。詳しくは当サイトのプレビュー記事をご覧ください。大会当日は現地からライブ速報をお送りします。
  • OSJ KOUMI100(100m):長野県小海町。八ヶ岳東麓の松原湖、稲子湯を結ぶトレイル、林道、舗装路からなる32kmの周回コースを5周する100マイルレース。

10月8日土曜日:Dick Collins Firetrails

  • Dick Collins Firetrails 50:アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ・ベイエリアで開催の50マイルトレイルランニングレースは1983年から続く歴史あるローカルレース。

10月9日日曜日:磐梯紅葉マラソン

  • 磐梯紅葉マラソン(20k):福島県猪苗代スキー場で開催。これまで開催されていた磐梯山トレイルランが「磐梯山頂上コースの走行が不可」となったためコースが変更され、大会名も改めての開催です。

10月10日月曜日:五箇山・道宗道

Sponsored link