DC Weekly | 先週末は戸隠マウンテントレイルなど、今週末はトレイル世界選手権、菅平、スリーピークスなど・2017年6月5日

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyを今年もお届けします。このDC Weeklyへ皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

(写真・「相馬剛CUP」として開催されたモントレイル戸隠マウンテントレイル20kのスタート。 Koichi Iwasa, DogsorCaravan.com)

先週末のイベント

6月3日土曜日 – 5日月曜日:オックスファムトレイルウォーカー東北

  • オックスファム・トレイルウォーカー東北 (100k, 50k): 4人一組で長距離のトレイルを走破するというイベントですが、コースとなる安達太良山が悪天候に見舞われるという予報により、3日土曜日にスタートする予定だった100km、50kmのイベントは中止に。翌日4日日曜日に安達太良山を除く100kmのコース後半部にあたる50kmのコースで代わりとなるイベントが開催されました。

6月3日土曜日 – 4日日曜日:Madeira、Grand Raid 6666など

  • Ultra SkyMarathon® Madeira (55k):北大西洋のマデイラ島(ポルトガル)で開催。スカイランナー・ワールドシリーズのSky Ultraカテゴリーのシリーズ戦となっていた55km 4000mD+のレースはイギリスのジョナサン・アルボン Jonathan Albonが5時間45分で優勝。コースレコードを15分短縮する大記録です。昨年、スカイランニングのシリーズ戦にデビューする前は障害物レースなどでの記録しかなかったアスリートですが、現在ではスカイランニングのトップ選手として注目の存在です。10分差の2位にオーレリアン・デュナン・パラス Aurélien Dunand-Pallaz(フランス)、3位にはドミトリ・ミチャエフ Dmitry Mityaev(ロシア)でした。女子は昨年は2位だったアメリカのヒラリー・アレン Hillary Allenが7時間6分で優勝しています。2位はエカテリーナ・ミチャエワ Ekaterina Mityaeva(ロシア)が7時間34分。3位はエリザベト・ベルトラン Elisabet Bertran(スペイン)。アンナ・フロスト は前週のゼガマに続く連戦で、前半は2番手を走りましたがリタイアしています。リザルトはこちら
  • Grand Raid 6666 (118k / 45k /12k):南フランスの118km 6900mD+などのコースで開催。フランスの大会で構成されるシリーズ戦、Ultra Mountain National Tourの一つとなっています。今回は悪天候が予想され危険を回避するためにコースが一部変更となり、少し距離が短くなった模様です。リザルトはこちら
  • Kettle Moraine 100:アメリカ・ウィスコンシン州で開催の100マイルトレイルランニングレース。リザルトはこちら
これも読む
DC Weekly | 先週末はIAUトレイル世界選手権、今週末はHK 168、陣馬山、大月、中能登、可部連山・2016年10月31日

6月3日土曜日:戸隠マウンテントレイルなど

  • モントレイル 戸隠マウンテントレイル(20k, 12k):長野市戸隠で開催。今回は20km、10km、キッズ2kmのそれぞれで「相馬剛CUP」が開催され、2014年7月にマッターホルン登山中に遭難した相馬剛さんと親交のあるアスリートが多数集まりました。男子では先週、ゼガママラソンで8位となって帰国したばかりの上田瑠偉 Ruy Uedaが1時間37分で大会記録を更新して優勝。6分差の2位に Yuichi Miura。3位からは小川壮太、松本大、大瀬和文、望月将悟、、と日本のトレイルランニング界を盛り上げる面々が続きました。女子は狩野幸子 Sachiko Kanoが2時間16分で優勝、2位は松山なつみ、3位にでした。リザルトはこちら
  • Cayuga Trails 50:アメリカ・ニューヨーク州イサカで開催。今回もUTATFのトレイル50マイル全米選手権とでした。リザルトはこちら
  • Cranmore Mountain Race :アメリカ・ニューハンプシャー州。5kmの周回コースで開催され、2周10kmのレースがUTATFのマウンテンランニング全米選手権でした。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

6月4日日曜日:七時雨山、奥武蔵、富士忍野、信州峰の原など

  • CALDERA TRAIL(33k, 10k):岩手県七時雨山で開催の七時雨(ななしぐれ)マウンテントレイルフェスの中で開催されます。33kは高橋伸也 Shinya Takahashiが3時間5分、畠山望美 Nozomi Hatakeyamaが3時間49分で男女それぞれで優勝しました。リザルトはこちら
  • 奥武蔵ウルトラマラソン(78km):埼玉県毛呂山町。今回で24回目となる78km 2127mD+のウルトラマラソン。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • 富士忍野高原トレイルレース(36k/25k/14k):山梨県忍野村。富士山麓の杓子山、立ノ塚峠、二十曲峠などを通るコースで開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • 信州峰の原トレイルランニングコースサマー大会(36k/25k/13k)長野県・峰の原高原に設けられたトレイルランニング・コースで開催。36kmは女子は高野初美が4時間41分、男子は前日の戸隠マウンテントレイルでの2位に続いて三浦裕一が3時間8分で優勝しています。リザルトはこちら
  • T2T Tower Climb:アメリカ・ニューヨークのワンワールド・トレードセンタービルで開催されるビルを一気に駆け上るバーティカル・ランのイベント。Vertical World Circuitのシリーズ戦でした。女子はVWC年間チャンピオンを5回獲得しているスージー・ウォルシャム Suzy Walsham(オーストラリア)が13分44秒で優勝、自身の大会記録を更新し、男女総合で4位という好タイム。男子はVWC年間チャンピオン経験者のトーマス・ドルド Thomas Dold(ドイツ)とダレン・ウィルソン Darren Wilson(オーストラリア)がタイで優勝となりました。VWCの次のイベントは7月9日にフィリピン・マニラで開催されるKerry Sports Manila Vertical Runとなります。

今週末のイベント

6月9日金曜日 – 11日日曜日:Scenic Trail

これも読む
[DC] 今週末のトレイルランニングレース・7月18-19日

6月9日金曜日 – 10日土曜日:San Diego 100

  • San Diego 100:アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ郊外で開催される今年で16回目の100マイル・トレイルランニングレース。

6月10日土曜日 – 11日日曜日:菅平

  • Skyrunner-Japan-Series-logo-768x744菅平スカイライントレイルランレース(スカイスピード、42k/21k/ほか):長野県菅平高原。10回目となる今年は10日土曜日に「サナダ・バーティカル」が初めて開催されます。スキー場の表太郎ゲレンデの標高差100mを一気に登るという競技で、予選から始まり、上位の選手が準々決勝(男子のみ)、準決勝、決勝と勝ち進む形式で行われます。こちらはスカイランニング日本選手権の新カテゴリー、「スカイスピード」のレースとなっており、有力選手では渡辺良治 Ryoji Watanabe藤飛翔 Tsubasa Fujiがエントリーしています。翌日の11日日曜日は例年通り42km, 21km, 5kmのレースが行われ、42kmのレースはスカイランナー・ジャパンシリーズの第2戦(Sky Classic)となっています。こちらには昨年のジャパンシリーズで男女それぞれのチャンピオンとなった牛田美樹 Miki Ushida、星野由香理 Yukari Hoshinoがエントリー。この他、男子では三浦裕一 Yuichi Miura、秋元佑介 、小山真一 Shinichi Koyama、工藤祐輔 Yusuke Kudo、女子では髙村貴子 Takako Takamura、折戸小百合 Sayuri Orido、岩楯志帆 、早川由香里 Yukari Hayakawaがエントリーしています。
  • South Dawns Way 100m:イギリス、イングランド南部のサウス・ダウンズ・ウェイトレイルで行われるポイント・トゥ・ポイントの100マイルで累積獲得高度は4000mというコースです。

6月10日土曜日:トレイル世界選手権

  • IAUトレイル世界選手権・バディーア・プラタリア(49k)・Trail Sacred Forest (80k, 49k, 25k, 14k):イタリアのトスカーナ州とエミリア=ロマーニャ州にまたがるカゼンティーノ森林国立公園で開催。今年のトレイル世界選手権となっているこの大会には、日本代表の川崎雄哉 Yuya Kawasaki、近藤敬仁 Yoshihito Kondo、荒木宏太 Kota Araki、福地(斎藤)綾乃 Ayano Fukuchi, née Saitoの4人も出場します。当サイトでは現地からレポートをお届けする予定。10日土曜日午前8時(日本時間同日午後3時)にスタートです。プレビュー記事はこちらをご覧ください。
  • Mt Difficulty Ascent (42k / 21k):ニュージーランド・クロムウェルで開催。オーストラリア・ニュージーランドのスカイランニング・ナショナルシリーズの大会です。

6月11日日曜日:スリーピークス八ヶ岳、八重山、武甲山、飛騨高山

  • スリーピークス八ヶ岳トレイル(38k/23k):山梨県北杜市。三分一湧水館を拠点に八ヶ岳中腹の編笠山、三ツ頭、八ヶ岳横断歩道などを通るコースで開催される人気の大会です。
  • 八重山トレイルレース(37kなど):山梨県上野原市。八重山から日原峠などハセツネCUPでもおなじみの山々を経由するコースで開催されます。NES第3戦となります。
  • 秩父の名山・武甲山トレイルラン(27km):埼玉県秩父市。秩父市の羊山公園をスタートして武甲山へ。終盤の役8キロはロードで羊山公園へと戻ってフィニッシュ。「新緑の奥武蔵トレイルランシリーズ」の3rdステージとなっています。
  • 飛騨高山ウルトラマラソン(100km、71km):岐阜県高山市。ロード100kmのウルトラマラソンですが、累積高度は3839mD±(獲得高度はその半分)とかなりアップダウンのあるコース。ウルトラマラソン世界遺産シリーズの大会です。
Sponsored link