福地綾乃 Ayano Fukuchi 日本山岳耐久レース 2017 #ハセツネ CUP レース後インタビュー #Hasetsune

先週末の10月8日日曜日に行われた第25回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)で2位となった 福地綾乃 Ayano Fukuchiさんに大会の翌日、インタビューしました。


今回、初めてハセツネCUPに出場し10時間7分で優勝した福地さんがトレイルを走り始めてからはまだ数年、三重県在住で中部地方の大会での活躍していました。昨年秋の熊野古道トレイルランニングレースで優勝して、今年5月に日本代表に選ばれてトレイル世界選手権(イタリア)に出場。その後は北丹沢、信州戸隠50kで優勝しています。今回は日本中の注目が集まるハセツネで見事な結果を出しました。

Sponsored link


有力選手が集まる中で走ってみたい、とハセツネに向けて準備をしてきた福地さんでしたが、浅間峠では早くも水を飲み干し、御前山では濃い霧に戸惑い、コースマーキングを見落として引き返すこともあったと振り返ります。

ハセツネを終えたばかりですが、次の週末には南アルプスマウンテンマラソンに出場。そして今年は「力を出し切れなかったのが悔しかった」というトレイル世界選手権に来年(5月、スペイン)に再び挑戦するため、代表選考レースとなるIzu Trail Journeyを走ると話してくれました。

福地綾乃さんとのインタビューは下から、今回のハセツネCUPの当サイトによるリザルト記事はこちらからご覧ください。

Sponsored link