吉原稔 Minoru Yoshihara 日本山岳耐久レース 2017 #ハセツネ CUP レース後インタビュー #Hasetsune

先週末の10月8日日曜日に行われた第25回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)で2位となった さんに大会の翌日、インタビューしました。


吉原稔さんは、優勝した上田瑠偉さんと同い年の24歳。昨年から本格的に走り始めたトレイルランニングのレースでは次々に上位に入って注目されていましたが、ハセツネCUPは今回が初挑戦。前半は先行する選手たちについて行かずにペースを抑え、月夜見を3番手で出発。日の出山で2番手を走っていた小川壮太さんを追い抜き、優勝した上田瑠偉から5分差で五日市のフィニッシュラインに飛び込んできました。

Sponsored link


今回のハセツネCUPに向けて準備に取り組んできた吉原さんは、前半から先行する選手たちをみて「これは速すぎる」と直感。後半に向けて力を温存したことが今回の好成績につながりました。インタビューでは終始笑顔で楽しそうだったわけ、優勝した上田瑠偉さんがすごいところ、などについても話してくれました。

吉原さんも来年2018年のトレイル世界選手権(スペイン)に代表選手として出場することが目標。今年中に行われる代表選考レースであるFunTrails 100KIzu Trail Journeyを走ると話してくれました。

吉原稔さんとのインタビューは下から、今回のハセツネCUPの当サイトによるリザルト記事はこちらからご覧ください。

PR・4月22日開催
エントリー受付中

奥三河があなたを待つ!
難関に挑む楽しさや喜びがPOWER TRAILにある
Sponsored link