日程発表・2018年のSkyrunner Japan Series スカイランナー・ジャパン・シリーズ

Skyrunner-Japan-Series-logo-768x7442018年のSkyrunner Japan Series スカイランナー・ジャパン・シリーズ(SJS)の日程が発表されました。スカイランナー・ワールドシリーズ(SWS)の枠組みが見直されたことに伴い、今年からSJSのスカイクラシックシリーズの4戦の結果は世界ランキングでもカウントされることになりました。スカイランニング日本選手権の対象レースと日程はすでに発表されており、2月に発表予定の「地域選手権」の各レースとあわせて今年のスカイランニングの主な日程が出揃うこととなります。


Series スカイランナー・ジャパン・シリーズ(SJS)はSky Classicは4大会、Verticalは7大会に。今年初開催となる上田スカイレース、烏帽子バーティカルキロメーターのほか、志賀高原エクストリームトレイルの32kmのレースや、これまでジャパン・カップとして別枠だった富士登山競走が加わっています。

Sponsored link


ジャパンシリーズのランキングについては、スカイクラシックではシリーズ全4戦のうち3戦、または2戦と地域選手権1戦の獲得ポイントにより争われます。なお、シリーズ最終選の志賀高原はポイントを50%加算、地域選手権で得られるポイントは同じ順位でもシリーズ戦より小さくなります。バーティカルキロメーターではシリーズ全7戦のうち4戦の獲得ポイントにより年間ランキングが決まり、最終戦の尾瀬岩鞍ではポイントが50%加算されます。

さらにスカイクラシックのシリーズ全4戦のリザルトは今年から始まるワールドシリーズの52週ランキングの集計対象となります。また、スカイクラシックの年間チャンピオンは2019年からワールドシリーズの頂点として位置付けられ、秋に開催される「スカイマスターズ」への参加権を得ることになります。

このほか、今年のSJSでは20代から60代までの年代別ランキング、JSA公認クラブチームを対象とするチームランキングも設けられます。

スカイランナー・ジャパン・シリーズ(SJS)

スカイクラシックシリーズ Sky Classic Series

バーティカルキロメーターシリーズ VK Series

スカイランニング日本選手権(Japan Championships)

Sponsored link