DC Weekly | 先週末はGaoligong by UTMB、房総丘陵など、今週はVertical Snow Downなど・2018年3月12日

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyを今年もお届けします。このDC Weeklyへ皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

(写真・Gaoligong by UTMBの125kmのレースを2位でフィニッシュした上田瑠偉。 courtesy of Gaoligong by UTMB)

トレイルランニング関連ニュース

Vertical World Circuitの日程が発表に:高層ビルの最上階までの階段を駆け上がるバーティカル・ランの世界シリーズ戦であるバーティカル・ワールド・サーキットの2018年の日程が発表されました。2017年からはドバイ、シドニーが抜け、ソウルが加わって全9戦に。5月13日にソウルで開幕し、11月4日には第7戦として大阪・あべのハルカスでHarukas Skyrunが行われます。

先週末のイベント

3月9日金曜日 – 11日日曜日:Gaoligong by UTMB

  • Gaoligong by UTMB (160k, 125k, 55k) : 中国南西部、雲南省の高黎贡山(ガオリゴンシャン)で開催。今回はUTMB®︎の姉妹大会として、MGU(160.3km 8381mD+)、RCE(125km 6610mD+)、THT(55km 2381mD+)の3つのレースが開催されました。リザルトの詳細はLiveTrailのウェブサイトから。
    • MGU(160km)の男子は今年1月のHK100で優勝し、8月のCCC®︎にエントリーしているチー・ミン Min Qi 祁敏 がリードしたもののこの日は73km地点でリタイア。先行する中国のランナーに追いついて先頭に立ったのはゲディミナス・グリニウス Gediminas Grinius(リトアニア)でした。前半では先頭から14分近い差を付けられていたグリニウスでしたが後半は独走態勢へ。19時間58分で優勝しました。ロ・カンファ Canhua Luo 罗灿华が48分差で2位に。そのあとは大きく開いて3位のチン・ヤンチョン Yanzhong Qin 秦延忠は2位から2時間40分差の23時間26分でした。女子はアメリカのクリッシー・メール Krisitin Moehlが27時間19分で優勝。UTMB®︎で優勝しているあのクリッシーで、直近では今年2月のSean O’Brienの50マイルに出場して優勝しています。2位には丹羽薫 が29時間26分、3位は31時間21分でグ・ハイヤン Haiyan Gu 顾海燕(中国)が続きました。
    • RCE(125km)は昨年のCCC®︎で優勝しているヘイデン・ホークス Hayden Hawks(アメリカ)がレースを見送りました。レースは国際的な大会で実績を持つ Ruy Ueda(日本)が中国のランナーをリードをしましたが、70km付近でペースを落としてシェン・ジアシェン Jiasheng Shen 申加升(中国)に先頭を譲ります。結局シェンが13時間36分で優勝。上田は終盤にシェンに奪われたリードを縮めましたが、58分差の2位という結果に終わりました。上田から2時間25分差の3位にダニエル・ペレス Daniel Perez Fernandez(スペイン)が入りました。女子はアン・ハン Han An 安寒(中国)が20時間52分で優勝。2位にペン・チアン Qian Peng 彭茜(中国、21時間39分)、3位にサマンサ・チャン  Samantha Chan(香港、21時間46分)という結果でした。
    • THT(55km)の男子はリ・ユンギ Yungui Li 李云贵(中国)が5時間4分で優勝、2位にジェイソン・シュラーブ Jason Schlarb(アメリカ)が5時間22分、3位にアマン・ネルカイリデ Nuerkailide Aman 阿曼·努尔开里得(中国)が5時間23分。女子はネパールのスンマヤ・ブッダ Sunmaya Budhaが5時間44分で優勝。後続に1時間18分の大差での勝利でした。2位はメレディス・エドワーズ Meredith Edwards(アメリカ)が7時間2分、3位はファン・シャンピン Changping Fan 范昌萍が7時間36分でした。
これも読む
2018年 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン・リザルト #野辺山100km #Nobeyama100km

3月10日土曜日:棲蘭100

  • 棲蘭100林道越野超馬 Taiwania Ultra Trail(100km, 53km):台湾で今回が初開催。杉の森の中の林道をコースとするトレイルランニングのレースでした。100km男子は が8時間27分で優勝、山屋光司 Koji Yamayaが5位、100km女子で Yukari Hoshinoが優勝しています。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

3月11日日曜日:房総丘陵、十和、北郷森林セラピー

  • 房総丘陵・養老渓谷トレイル(30k, 14k): 千葉県市原市。30kの部男子は平賀太智が2:27:06で優勝。4分差で大塚浩司が2位、大塚に17秒差の村井涼が3位でした。女子は湊瑛穂が3時間2分12秒で優勝。9分差で斉藤圭以が2位、3位は菅谷美沙都でした。リザルトはこちら
  • 十和トレイルランニング(17k, 10k): 高知県四万十町で開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • 北郷森林セラピートレイル(22k, 7k): 宮崎県日南市北郷町。今回は7kmのショートの部も設けられました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

今週末のイベント

3月17日土曜日 – 18日日曜日: Vertical Down、Eco Trail de Paris、Northburn 100

  • Snow Vertical Down – Naeba Rising – (5k):苗場スキー場で開催。RaidLightがフランスで開催するスキーゲレンデを足で駆け下りる大会にヒントを得て、今回で3年目となります。3月31日には白馬岩岳、4月14日には岐阜高鷲でSnow Vertical Downのイベントが開催されます。
  • Eco Trail de Paris (80k, 45kなど) : フランス・パリの公園や森をつなぐコースで、今年が11回目の開催です。
  • Northburn 100 Ultra Mountain Run (100m, 100k, 50k):ニュージーランド南島・クロムウェルで開催される100マイルレース。

3月17日土曜日:Dalat Ultra Trail

  • Asia_Trail_MasterDalat Ultra Trail (70k, 42k, 21k, 10k): ベトナムの高原のリゾート都市、ダラットで開催。70kmのコースの累積獲得高度は2,080mD+となっています。Asia Trail Masterのシリーズ戦です。

3月18日日曜日:RUN UP a HILL、南伊豆、森林セラピーのつはる、Trail du Ventoux

  • RUN UP a HILL(43k / 21k / 10k):茨城県石岡市の常陸風土記の丘公園で開催。常陸風土記の丘や龍神の森をつないで丘陵地の坂が連続する約10kmのコースを周回します。
  • 南伊豆トレイルマラソン(20k): 静岡県南伊豆町。南伊豆臨海学園を会場とする今回が初開催の大会です。
  • 森林セラピートレイルランニング in のつはる(40k):大分市の大分県県民の森・平成森林公園で開催。三つのループからなる40kmのトレイルランニングのレースのほか、約20kmのウォーキングイベントも開催されます。
  • Trail du Ventoux (46k / 26k /15k):フランス南部のベドアンで開催。2018年もフランスのOver the mountain running challengeの開幕戦となります。
Sponsored link