DC Weekly 2018年11月5日

晩秋の週末も各地で大会が開催されています。先週末は長野県王滝村でTop of Trail Runner in Japan、甲州アルプスのほか、海外でも100マイルのレースが行われています。今週末はOMM Japan、科野の国、日光、神流などが開催されます。

(写真:Bromo Tengger Semeru 100 Ultra・102km男子の表彰台。 Photo by

Sponsored link


先週末のイベント

11月2日金曜日 – 4日日曜日:BTS Ultra

  • Bromo Tengger Semeru 100 Ultra(170km, 102km, 70km, 30km): インドネシア・東ジャワのテンガー山脈で開催。日本の選手では102kmで千葉岳穂 Gakuho Chibaが17時間50分で男子優勝、仁科昌憲 Soken Nishinaが2位(18時間8分)、なかじま・あすか Asuka Nakajimaが女子優勝(20時間31分)。170kmで片岡陽平 Yohei Kataokaが35時間48分、30kmで久保信人 Nobuhito Kuboが3時間18分でそれぞれ男子優勝でした。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

11月3日土曜日 – 4日日曜日:Top of Trail Runner、Moab

  • Top of Trail Runner in Japan (60k, 50k): 長野県王滝村。イベント「みんな集まれ王滝村Ⅱ」の中でトレイルランニングのトップ選手を集めた「Top of Trail Runner 50k in Japan」が開催されます。周回コース(直前の正確な測定により距離は当初発表されていた13kmではなく10km)を男子は6周する60km、女子は5周する50kmのレースとなりました。女子は林絵里 が優勝、2位に齋藤美紀 Miki Saito、3位に黒田清美 Kiyomi Kuroda。男子は Makoto Yajimaが優勝し、2位に反中祐介 Yusuke Tannaka、3位は でした。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • Moab Trail Marathon (42k / 21k / 5k): アメリカ・ユタ州モアブで開催。42kmのレースがUSAFTのトレイル・マラソン全米選手権でした。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
これも読む
IZU TRAIL Journey 伊豆トレイルジャーニー 2017 リザルト

11月3日土曜日:忍者、Pinhoti、ラオス、Mt. Siguniang

  • 忍者トレイルランニングレース(48k、18k): 三重県伊賀市。鈴鹿山脈の南端・油日岳などを通るコースで、18kのショート、48km(2500mD+)のロングが行われました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • Pinhoti 100: アメリカ南部、アラバマ州で開催のPoint to Pointの100マイルトレイルランニングレース。リザルトはこちら
  • Asia_Trail_Master V Trail(85k, 52k): ラオス・ヴァンヴィエン Vang Viengで開催。今回が初開催でAsia Trail Masterのシリーズ戦の一つでした。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • Ultra Tour Mt Siguniang 四姑娘山超级越野跑 (100k, 60k, 45k, 35k): ・四川省の四姑娘山(スーグーニャンシャン)で開催。標高3000mを下回ることはない高い標高での100kmのレースでは男子は昨年2位のデュオジ Duojiが15時間46分で男子優勝。女子はウシュエ・フライエ Uxue Fralie(スペイン)が優勝しています。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

11月4日日曜日: 陣場山、甲州アルプス、扇山〜百蔵山、中能登、Harukas、可部連山

  • 陣馬山トレイルレース(23.5k): 神奈川県相模原市。陣馬山をコースに今年で17回目の開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • 甲州アルプスオートルートチャレンジのスタート。

    甲州アルプスオートルートチャレンジ(67km, 50km, 28km): 小川壮太さんがプロデュースする大会で昨年に続いて2回目の初開催。67kmの「オートルートチャレンジ」の女子は星野由香理(10:46)が優勝、田中真紀が2位(11:20)、井手裕里子が3位(11:38)で続きました。男子優勝は谷允弥(8:39)で、石川朋奈(9:08)と牧野公則(9:11)が2位、3位となりました。50kmは町田知宏(5:44)、須藤吉仕子(8:00)、28kmは高山裕哉(2:49)、三浦かおり(3:55)がそれぞれ男女で優勝しています。リザルトはこちら

  • 大月桃太郎伝説 扇山~百蔵山トレイルラン(25km、13km、3km): 山梨県大月市。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • 中能登トレジャートレイルラン(50k, 25k, 10k): 石川県中能登町。ブナ林や宿場町を通るコースで鏑木毅さんがプロデュースする大会。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • Harukas Skyrun: 大阪・あべのハルカスで開催される高層ビルの「階段垂直マラソン」。バーティカルランの世界シリーズ戦、Vertical World Circuitの第7戦でした。男子はバーティカルランの帝王、ポーランドのピョートル・ロボジンスキー Piotr Lobodzinskiが昨年を2秒上回る8分32秒でこの大会での三連覇を達成。2位にオーストラリアのマーク・ボーン Mark Bourneが8分42秒、3位は日本の渡辺良治 Ryoji Watanabeで8分45秒と昨年の3人が同じ順位を守りました。女子でも吉住友里 Yuri Yoshizumiが10分36秒で三連覇。2位のラウラ・マンニネン Laura Manninen(フィンランド)に34秒差をつけました。リザルトはこちら
  • 可部連山トレイルランinあさきた(22km, 16km): 広島市安佐北区。広島市の北部に連なる標高700mの可部連山で開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

今週末のイベント

11月10日土曜日 – 11日日曜日:OMM Japan

  • OMM Japan Race: 今回の開催地は奥三河。二日間に渡るオリエンテーリング形式の”Straight”とロゲイニング形式の”Score”のレースが行われます。Straightは昨年と同じく二日合わせて55km、35km、65kmの三つのカテゴリー。Scoreは行動時間の異なるロングとショートの二つのカテゴリーで開催されます。

11月10日土曜日:科野の国

  • 科野の国ラウンドトレイル(32k, 9k): 長野県千曲市。古墳、城址、古道をめぐる里山のコースで開催。ロング32kmには駒村俊介、町田知宏、岩井竜太、平賀太智、上野朋子、柿本恵理がエントリーしています。

11月11日日曜日: 日光マウンテンランニング、神流、奥武蔵スピードトレイル

  • 日光国立公園マウンテンランニング: 栃木県日光市。今年3回目の開催。紅葉の霧降高原、天空回廊と呼ばれる1445段の階段などがコースとなっています。有力選手は30kmのレースに近藤敬仁、谷允弥、望月将悟、加藤淳一、松本大、大瀬和文、星野和昭、、吉住友里、斎藤綾乃、山室宏美、矢田夕子、福島舞、、桑原絵理、大松知恵、15kmにがエントリーしています。
  • 神流マウンテンラン&ウォーク(50k/40k/27k): 群馬県神流町。地元を上げての歓待が多くのトレイルランナーに人気の大会は今年で10回目の開催。
  • 奥武蔵スピードトレイルチャンピオンシップ(21k, 42k): 埼玉県飯能市。今回初公開となるトレイルランニング専用のコース・「奥武蔵スピードウェイトレイル」(10.73km)で開催される新大会です。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Sponsored link