ハセツネ30k 2019 リザルト #Hasetsune30K

ハセツネカップ今年のハセツネ30Kは3月31日日曜日に開催されました。男子ではレース終盤に城武雅 Masashi Shirotake横内佑太朗 Yutaro Yokouchiからリードを奪い、昨年の自身の優勝タイムを上回って二連覇。女子はハセツネCUP三連覇中の髙村貴子 が優勝。昨年優勝のの吉田香織のタイムを上回りました。

 

Sponsored link


(写真・2019年のハセツネ30Kのスタート。 by Koichi Iwasa, DogsorCaravan)

大会が開催された週末は晴れたり曇ったりとめぐるましく天気が変わる週末でした。前日にはHASETSUNEトレランギア・フェス」が開催された大会会場の秋川渓谷リバーティオは前夜に強い雨が降り、大会当日の朝は濃い霧に包まれていました。気温はおよそ7℃と少し肌寒い中、午前8時30分にレースはスタート。トレイルランニングには恵まれたコンディションで、強い日差しで汗ばむ陽気の昨年に比べると全体にタイムは昨年を上回りました。

男子のレースは上武大出身の箱根駅伝出場経験者で、今年2月にはOSJ奄美50kで優勝しているの横内佑太朗 Yutaro Yokouchiが序盤をリード。スタートから約10km続く舗装された盆堀林道の登りでは、続く城武雅 Masashi Shirotakeに後ろ姿をみせないほど大きくリードを広げていました。北沢峠からトレイルに入り醍醐丸まで約6kmのトレイル、さらに第一関門からの舗装林道でも横内がリード、城武が追う展開が続きました。

2019年ハセツネ30Kで優勝した城武雅 Masashi Shirotake。

2019年ハセツネ30Kで優勝した城武雅 Masashi Shirotake。

しかしスタートから22kmの林道の途中でコースが登りに転じると二人の差は縮まりはじめます。第二関門の入山峠(25km)へと登る途中でついに城武が横内をとらえてリードを奪います。ここからの下りでも二人は僅差のレースを続けますが、城武が2時間40分でフィニッシュして昨年に続いて優勝。昨年の自身のタイム(2時間45分)を大きく上回りました。2位となった横内はわずか1分8秒差で続きました。二人ともロードのスピードが強みで、今回のコースではロード区間でリードを稼ぐという戦略。レース後に城武は「トレイルのレースで先行する選手を追うという展開はあまり経験がないのでいい経験になった。今日の出来は100点満点」と振り返るとともに、「秋のハセツネCUPでは優勝を目指します」と宣言して会場から喝采を浴びました。城武、横内は二人とも6月に開催されるトレイル世界選手権(ポルトガル)に日本代表選手として出場予定です。

優勝した城武雅 Masashi Shirotake(右)、2位の横内佑太朗 Yutaro Yokouchi。

優勝した城武雅 Masashi Shirotake(右)、2位の横内佑太朗 Yutaro Yokouchi。

男子3位にはハセツネ30kは初めての中山祐介 Yusuke Nakayama が2時間43分で入りました。4位争いは若手の名取将大 Masahiro Natori をハセツネCUPでは2014年の2位をはじめ上位を占めている Satoshi Okuyama が捉え、最終盤にもつれ込みました。結果は25秒差で奥山が4位、名取が5位。6位には土屋克則 Katsunori Tsuchiya が入り、表彰台に立ちました。

女子のレースは昨年のこの大会で2位の髙村貴子 Takako Takamuraが風邪気味でスタートラインへ。レース序盤は実業団で長距離選手として活躍し、昨年からトレイルを走る黒澤莉楠 Rina Kurosawa が先行します。しかし、走っているうちに調子が上がってきたという髙村が中盤からレースをリードしそのままリバーティオにフィニッシュ。3時間9分で昨年の吉田香織の優勝タイムを9秒上回る好タイムでした。4月からは医師として新シーズンを迎えますが、今後もアスリート活動に積極的に取り組むという髙村の好調ぶりが印象的でした。髙村も6月のトレイル世界選手権に日本代表として出場予定です。

ハセツネ30Kで優勝した髙村貴子 Takako Takamura。

ハセツネ30Kで優勝した髙村貴子 Takako Takamura。

2位の黒澤は高村から8分差。3位には岩村聖華 Seika Iwamura、4位は久津間紗希 Saki Kutsuma でトップの4人は3時間30分を切る好タイムとなりました。5位には安ヶ平萌子 Moeko Yasugahira 、6位には中園真理亜 Maria Nakazono と20代の選手が続きました。女子は髙村、黒澤、安ヶ平、中園に加え、7位の上田絢加 Ayaka Ueda 、9位の柿本恵理 Eri Kakimoto 、10位の湊瑛穂 Akiho Minato とトップ10のうち7人が20代となりました。

2位でフィニッシュの黒澤莉楠 Rina Kurosawa。

2位でフィニッシュの黒澤莉楠 Rina Kurosawa。

当サイトがプレビューで紹介した有力選手のうち、今回出場しなかったのは秋山穂乃果、渡部春雅、、伊藤健太、八木慶太のみなさんでした。

これも読む
藤澤舞、板垣辰矢が優勝・サロマ湖100kmウルトラマラソン 2019 リザルト #Saroma100k

この記事の目次はこちらから

ハセツネ30K 2019 リザルト

全体のリザルト(速報)はこちらから。

女子 Women

女子の表彰式。左から2位の黒澤莉楠、優勝の髙村貴子、4位の久津間紗希、5位の安ヶ平萌子、6位の中園真理亜。3位の岩村聖華は欠席。

女子の表彰式。左から2位の黒澤莉楠、優勝の髙村貴子、4位の久津間紗希、5位の安ヶ平萌子、6位の中園真理亜。3位の岩村聖華は欠席。

  1. 高村貴子 Takako Takamura 3:09:10
  2. 黒澤莉楠 Rina Kurosawa 3:17:38
  3. 岩村聖華 Seika Iwamura () 3:25:33
  4. 久津間紗希 Saki Kutsuma (Answer 4) 3:27:40
  5. 安ヶ平萌子 Moeko Yasugahira 3:35:28
  6. 中園真理亜 Maria Nakazono 3:36:25
  7. 上田絢加 Ayaka Ueda 3:39:59
  8. 大庭知子 Tomoko Oba 3:41:52
  9. 柿本恵理 Eri Kakimoto () 3:43:29
  10. 湊瑛穂 Akiho Minato 3:56:21

男子 Men

男子の表彰台。左から2位の横内佑太朗、優勝の城武雅、3位の中山祐介、4位の奥山聡、5位の名取将大、6位の土屋克則。

男子の表彰台。左から2位の横内佑太朗、優勝の城武雅、3位の中山祐介、4位の奥山聡、5位の名取将大、6位の土屋克則。

  1. 城武雅 Masashi Shirotake (RxL) 2:40:03
  2. 横内佑太朗 Yutaro Yokouchi 2:41:11
  3. 中山祐介 Yusuke Nakayama 2:43:35
  4. 奥山聡 Satoshi Okuyama (inov-8) 2:45:19
  5. 名取将大 Masahiro Natori (らーめん小川) 2:45:44
  6. 土屋克則 Katsunori Tsuchiya 2:46:51
  7. 柳原真人 Masato Yanagihara 2:49:54
  8. 町田知宏 Tomohiro Machida 2:50:17
  9. 黒石宗哲 Munenori Kuroiwa 2:50:43
  10. 青木純 Jun Aoki 2:51:15
  11. 加藤淳一 Junichi Kato 2:51:34
  12. 大沢正和 Masakazu Osawa (inov-8) 2:52:46
  13. 栗原正明 Masaaki Kurihara 2:52:59
  14. 鈴木龍弥 Ryuya Suzuki 2:53:32
  15. 石坂健太 Kenta Ishizaka 2:56:04
  16. 木村隼人 Hayato Kimura 2:56:10
  17. 古閑歩 Ayumu Koga 2:56:34
  18. 岩井竜太 Ryuta Iwai 2:57:23
  19. 梅澤孟 Takeshi Umezawa 2:57:43
  20. 貝瀬淳 2:58:54
Sponsored link