DC Weekly 2019年5月27日 – MaXi Race、比叡山、ベトナム、櫛形、たかやしろ

海外ではフランス・アヌシーでトレイルランニングの大きな大会、MaXi Raceが開催されました。国内でも比叡山、櫛形、たかやしろなど各地で大会が開催されています。

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーも2019年中の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

Sponsored link


(写真・MaXi Raceで優勝したウナイ・ドルロンソロ Unai Dorronsoro。Photo by © David Gonthier)

先週末のイベント

5月20日月曜日 – 24日金曜日:Dragons Back

  • Dragons Back Race : イギリス・ウェールズで開催の山岳コースのステージレース。五日間、5つのステージからなるコースは2年前に開催された前回大会と同様の合計315kmで累積獲得高度15,500mD+。男子では2位となった5日目以外の4日間はレースをリードし続けたガーレン・レイノルズ Galen Reynolds(カナダ)が合計タイム37時間48分で優勝。女子はリサ・ワトソン Lisa Watson(イギリス)が男女総合9位の44時間33分で優勝。リザルトはこちら

5月24日金曜日 – 26日日曜日:Bhutan

  • Bhutan – The Last Secret (200k, 6 stages): ブータンで開催される200km、6ステージのステージレースで約50人が参加して26日日曜日に第一ステージがスタート。大会の模様はFacebookページに投稿されています。

5月24日金曜日 – 25日土曜日:Azores、MaXi Race

  • Azores Trail Run (125k, 65k, 42k, 25k, 10k, VK): 北大西洋のアソーレス諸島(ポルトガル)で開催されるトレイルランニング・イベント。今年最初のUltra-Trail World TourのDiscovery Raceでした。リザルトはこちら
  • Salomon Gore-Tex MaXi-Race (110k, 86k, 42k, 15, VK): フランス・アヌシーで開催された、11のレースが行われたトレイルランニングのビッグイベントでした。リザルトはこちら
    • イベントは24日金曜日のショート・16km 950mD+で開幕。今年のMountain Running World Cupの開幕戦となっています。男子優勝はアンドリュー・ダグラス Andrew Douglas(イギリス)で1時間15分10秒。2位のアンディ・ワッカー Andy Wacker(アメリカ)は50秒差、さらにその11秒後にロバート・スラム Robert Panin Surum(ケニア)が続いて3位に。女子は昨年のW杯チャンピオンのルーシー・ワンブイ Lucy Wambui Murigi(ケニア)が1時間30分27秒で優勝。昨年のW杯3位のサラ・マコーマック Sarah Maccormack(アイルランド)が2分6秒差で2位に。3位はイリス・パセー Iris Pessey(フランス)でした。次のW杯は6月23日にアメリカ・カリフォルニア州で開催される。Broken Arrow Sky Raceの26kmとなります。
マウンテンランニングW杯、男子優勝のアンドリュー・ダグラス Andrew Douglas(イギリス、中央)、2位のアンディ・ワッカー Andy Wacker(アメリカ、右)3位のロバート・スラム Robert Panin Surum(ケニア、左)。Photo © David Gonthier

マウンテンランニングW杯、男子優勝のアンドリュー・ダグラス Andrew Douglas(イギリス、中央)、2位のアンディ・ワッカー Andy Wacker(アメリカ、右)3位のロバート・スラム Robert Panin Surum(ケニア、左)。Photo © David Gonthier

女子優勝のルーシー・ワンブイ Lucy Wambui Murigi(ケニア、中央)、2位のサラ・マコーマック Sarah Maccormack(アイルランド、左)、3位のイリス・パセー Iris Pessey(フランス、右)。Photo by © David Gonthier

女子優勝のルーシー・ワンブイ Lucy Wambui Murigi(ケニア、中央)、2位のサラ・マコーマック Sarah Maccormack(アイルランド、左)、3位のイリス・パセー Iris Pessey(フランス、右)。Photo by © David Gonthier

  • 同じ金曜日の深夜0時には115km 7000mD+の「ウルトラレース」がスタート。注目されたフランソワ・デンヌ François D’haene(フランス)がリードしますが、下りで足を挫いたことから28kmのエイドでリタイア。レースで優勝したのはスペイン・バスクのウナイ・ドルロンソロ Unai Dorronsoro(13時間47分)。途中までドルロンソロとともにレースをリードしたジェイソン・シュラーブ Jason Schlarb(アメリカ)が2位(14時間5分)。ヤニック・ノエル Yannick Noel(フランス)が14時間25分で3位になりました。日本の大瀬和文 Kazufumi Oseは14時間54分で6位となっています。(日本)もエントリーしています。女子はイルディコ・ベルミシャー Ildiko Wermescher(ハンガリー)が17時間34分で優勝。39分差でデニス・ジンマーマン Denise Zimmerman(スイス)が2位、3位はサンドリーヌ・べランジェ Sandrine Beranger(フランス)でした。
これも読む
2018年 飛騨高山ウルトラマラソン・プレビュー #飛騨高山ウルトラ #HidaTakayamaUltra

5月25日土曜日 – 26日日曜日:石井マウンテンマラソン

  • 石井マウンテンマラソン・東伊豆(2days, 5hrs/4hrs, rogaining): 静岡県東伊豆町。二日間のステージレース形式で行われました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

5月25日土曜日:比叡山、ベトナム、オスロ

  • Mt.Hiei International Trail Running Race (50k、50mile): 滋賀県大津市の比叡山で開催。比叡山の根本中堂をスタート、フィニッシュするコース。50km男子は Takashi Doiが優勝。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • Asia_Trail_Master Vietnam Jungle Marathon (70k, 55k, 42k, 21k): ベトナム・ハノイの南140kmにあるプーロン自然公園で開催。Asia Trail Masterのシリーズ戦となっている70kmのレースの男子はマレーシア在住の喜多村久 Hisashi Kitamuraが8時間28分で優勝。続いて男女総合の2位でフィニッシュ、女子優勝のベロニカ・バドニコワ Veronika Vadovicova(スロバキア、上海在住)が8時間35分でした。男子2位にHùng Nguyễn、3位にQuang Nguyen Ducが揃って8時間58分でフィニッシュ。この他5位に水越友洋 Tomohiro Mizukoshi(9時間39分)が入っています。喜多村久とベロニカ・バドニコワは今回の優勝でAsia Trail Masterのシリーズランキングで首位に立っています。リザルトはこちら

喜多村久 Hisashi Kitamuraのフィニッシュ。

喜多村久 Hisashi Kitamura

5月26日日曜日:カムイの杜、櫛形、たかやしろ、比婆山、宮崎鏡洲

  • カムイの杜トレイルラン(43k, 23k, 10k, 5k):北海道旭川市神居富沢で開催。43km男子は一橋聖也(3:52:44)、佐藤恒太(4:03:46)、木村知範(4:09:03)の皆さんがトップ3に。女子では森内千鶴(5:53:29)が優勝、2位に中畑梓(6:28:57)、3位に小坂美香(6:50:44)が続きました。リザルトは大会ウェブサイトに掲載されています。
  • Kushigata Wind Trail (31k, 18k):新潟県胎内市。日本一小さな山脈・櫛形山脈で開催。ロング31kmは奥山聡 が3:19:59で優勝、4分半の差で菊嶋啓 Kei Kikushimaが3:34:25で続きました。3位は星野和昭 Kazuaki Hoshinoで3:46:12。女子では上田絢加 Ayaka Uedaが4:35:22で優勝。新保佳代 Kayo Shimboが4:43:44で2位、須藤吉仕子 Kishiko Sutoが4:47:02で3位でした。18kmのミドルコースは高橋恒平 Kohei Takahashi(1:59:26)、 Eri Hayashi(2:30:58)がそれぞれ勝利を手にしました。リザルトはこちら
  • たかやしろトレイルランニングレース(12k):長野県の木島平スキー場で開催。1:06:27で馬場直人が優勝、2位に1分39秒差で駒村俊介(1:08:06)、3位は宮川鉄也(1:08:29)。女子は高校生の竹内美琴(1:29:52)、山﨑愛深(1:30:19)が優勝、準優勝。3位は片桐久美(1:31:24)でした。リザルトはこちら
たかやしろトレイルランニングレースで優勝した馬場直人。Photo © 計測工房

たかやしろトレイルランニングレースで優勝した馬場直人。Photo © 計測工房

  • 比婆山国際スカイラン(18.5k, 9k):広島県庄原市西城町の県民の森を会場に比婆山連峰をコースとして開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
  • 宮崎鏡洲の森トレイル(20k, 13k, 10k):宮崎市鏡洲の宮崎自然休養林で開催、今回が6回目の開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。
これも読む
DC Weekly | 先週末は六甲、中辺路、瀬戸内アイランドトレイルなど、今週末はハセツネ30K、青梅高水山など・2017年3月27日

今週末開催のイベント

5月24日金曜日 – 6月1日土曜日:Bhutan

  • Bhutan – The Last Secret (200k, 6 stages): ブータンで開催される200km、6ステージのステージレースは1日土曜日まで続きます。

5月31日金曜日 – 6月1日土曜日:Madeira

  • Ultra SkyMarathon® Madeira (55k, 21k, 13k, VK):北大西洋のマデイラ島(ポルトガル)で開催。31日金曜日に4.8km 1,003mD+のSantana Vertical Kilometer®が行われ、これはVertical Kilometer World Circuitの第3戦でランキングでのポイントが50%加算されるボーナスレースです。昨年のユース世界選手権でVK、スカイともにユースBで優勝しているダニエル・オサンス Daniel Osanz Laborda(スペイン)が参戦。翌日の55.6km 4,121mD+のMadeira Sky RaceMIGU RUN Skyrunner World Seriesの第5戦でペレ・オーレル Pere Aurell(スペイン、2018年ワールドシリーズ・Sky Extreme年間チャンピオン)のほか Michel Lanne(フランス)、ドミトリ・ミチャエフ Dmitri Mityaev(ロシア)、ルイス・フェルナンデス Luís Fernandes(ポルトガル)、女子でエカテリーナ・ミチャエワ Ekaterina Mityaeva(ロシア)、高村貴子 Takako Takamura(日本)がエントリーしています。

5月31日金曜日 – 6月2日日曜日:

  • Maratón Alpina Zegama-Aizkorri (42.2k):スペイン・バスクで開催。テクニカルでウェットで滑りやすいトレイルというハードなコンディションで知られる有名な大会で、31日土曜日にVK、2日日曜日に42kmのレースが行われます。42kmのレースが昨年に続いて2年目になるGolden Trail Seriesの全7戦の開幕戦です。一方、今年はMIGU RUN 、Vertical Kilometer World Circuitからは外れています。

6月1日土曜日:戸隠、Cayuga Trails、Kettle Moraine

これも読む
DC Weekly | 先週末は阿蘇、比叡山、Transvulcaniaなど、今週はUltra-Trail Australia、TOGA天空、経ヶ岳など・2017年5月17日

6月2日日曜日:七時雨山、奥久慈、八王子丘陵、奥武蔵、忍野高原、いながわ里山、六甲、那岐、鹿児島

  • CALDERA TRAIL(34k, 10k): 岩手県七時雨山で開催の七時雨(ななしぐれ)マウンテントレイルフェスの中で開催されます。
  • OSJ奥久慈トレイルレース(60k, 30k):茨城県大子町など。袋田の滝から男体山、竜神大吊橋、東金砂神社というコースはテクニカルなトレイル、10キロ以上続く林道と様々な顔を持つ国内屈指の難コースです。
  • 八王子丘陵ファントレイルin太田:群馬県太田市・八王子山公園。太田市から桐生市にまたがる八王子丘陵で今回5回目の開催。コースプロデュースは鏑木毅さん。
  • 奥武蔵ウルトラマラソン(78km):埼玉県毛呂山町。今回で26回目となる78km 2127mD+のウルトラマラソン。
  • 富士忍野高原トレイルレース(34.6k, 21.6k, 13.2k):山梨県忍野村。富士山麓の杓子山、立ノ塚峠、二十曲峠などを通るコースで開催。
  • いながわ里山猪道トレイルラン (39k, 20k, 5k):兵庫県猪名川町。大島地区の大野山を含むコースで開催され、20km、5kmのコースに今回は39kmのコースが加わります。この39kmには猪名川町出身の大瀬和文のほか、大杉哲也和田優一上宮逸子がエントリー。
  • 六甲5ピークストレイルレース(52k, 29k):神戸市。六甲山系の最高峰(931m)への登りに始まり、摩耶山掬星台にフィニッシュするコースで開催され、今年で4回目の大会です。
  • 那岐ピークス タフトレイルチャレンジ in岡山(52k, 32k):岡山県、鳥取県の境となる那岐山系で開催。52kmのコースの累積獲得高度は4,150mD+。奥宮俊祐さんがプロデュースする大会です。
  • RunRunトレイルかごしまinグリーンファーム(12.5k, 7.5k):鹿児島市観光農業公園グリーンファームで開催。2.3kmの周回コースでのレースのほか、スイートコーンの収穫体験ができるイベントとなっています。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Sponsored link