近江竜之介、秋山穂乃果が優勝・IZU TRAIL Journey 伊豆トレイルジャーニー 2022・リザルト

2022年のIZU TRAIL Journey 伊豆トレイルジャーニー)は12月11日日曜日に開催。昨年と同じ距離69.1km、累積標高3,242mD+の「ITK70k」は松崎新港(松崎町)をスタートし、林道を経て二本杉峠、仁科峠、達磨山を経て修善寺(伊豆市)にフィニッシュするコースで行われました。今回の「ITJ70k」は来年6月にオーストリアのインスブルックおよびストゥーバイで開催予定のマウンテンランニング・トレイルランニング世界選手権の日本代表選考レースとなっていました。男子のレースは昨年のこの大会で後半に失速して6位に終わった近江竜之介 Ryunosuke OMIが優勝。女子は秋山穂乃果 Honoka AKIYAMA が一昨年に続いて2度目の勝利となりました。今回で3回目となるAround Alone 28kは仁科峠をスタートして、途中のエイドステーションでの補給なしで修善寺を目指すレース。女子は 平田ひより Hiyori HIRATA 、男子は 白木星次 Seiji SHIROKIがレースを制しました。

(写真 ITJ70kで優勝した近江竜之介。 by (c) 計測工房)

link


ITJ70k女子:秋山穂乃果が単独リード、後続との差を広げ続けて2度目の優勝

ITJ70k女子は一昨年2020年のチャンピオン、秋山穂乃果が終始リードするレースとなりました。宝蔵院(9.7km)ですでに続く女子選手に3分半差がありましたが、コースを進むにつれて差はさらに広がり、フィニッシュでは46分差まで広げて7時間6分で優勝。ただフィニッシュ後のコメントでは「目標としていた7時間以内に届かず残念」と話しました。秋山のタイムは2位だった昨年の自身を15分上回りましたが、昨年の吉住友里の優勝タイムの6時間59分12秒にはおよばず。とはいえ、先月のタイ・チェンマイでの世界選手権での14位に続いてこのITJでの好成績で今年を締めくくることとなりました。

女子優勝の秋山穂乃果。photo by (c) 計測工房

女子優勝の秋山穂乃果。 by (c) 計測工房

2位をめぐっては昨年3位の上田絢加 Ayaka UEDAと同じく4位の板垣成美 Narumi ITAGAKIの間で争うこととなりました。序盤では上田が先行しますが、後半の土肥駐車場(51.2km)には板垣が2分半の差をつけて先に到着。上田はその後も板垣を追いますが、板垣が30秒差で逃げ切って2位でフィニッシュ、上田は昨年と同じく3位でレースを終えました。

4位には2020年のITJ70kで3位の相原千尋 Chihiro AIBARA (7時間53分)、5位に辻麻結子 Mayuko TSUJIが8時間15分、6位は昨年9位の伊東ありか Arika ITO が8時間21分で続きました。

ITJ70k男子:終盤にリードを奪うスマートな展開で近江竜之介が会心の勝利

男子のレースでは前半は板垣辰矢、近江竜之介、小笠原光研、田村健人の4人の上位集団で駆け引きが続きます。しかしコース後半に入る仁科峠(40.2km)には小笠原が1分のリードで先に到着。しかし、その後の伊豆山稜線歩道に入ると、近江と田村が小笠原との差を縮め、土肥駐車場(51.2km)ではトップ通過の小笠原に近江は2秒差、田村は9秒差。結局激しいレースを制したのは近江竜之介 Ryunosuke OMI で6時間19分で優勝。フィニッシュ後のコメントでは、マラソン以上の距離のレースでは初めて満足な結果を残すことができたと笑顔で話していました。2位には昨年4位の小笠原光研 Koken OGASAWARA が1分半の差で続きました。3位には上位さん選手を追っていた板垣辰矢 Tatsuya ITAGAKIが順位を上げて6時間27分でフィニッシュ。サロマ湖100kmで3度優勝、世界選手権日本代表の経験豊富なウルトラランナーがITJでも好結果を残しました。

写真 ITJ70kで優勝した近江竜之介。photo by (c) 計測工房

写真 ITJ70kで優勝した近江竜之介。photo by (c) 計測工房

4位には青山学院大陸上部出身で最近トレイルランニングに挑戦している田村健人 Kento TAMURAが続きました。5位には今シーズンは信越五岳100マイル優勝、ハセツネCUPで2位の大瀬和文 Kazufumi OSE、6位は Tomonori ONITSUKAという結果でした。

これも読む
【第二ステージ】二日目もレミ・ボネが快走、ニアンケ・ブリンクマンが首位に、上田瑠偉は9位でフィニッシュ・Golden Trail Series Grand Final 2022 ダイジェスト Medeira Ocean & Trails

リザルト

全体のリザルトはこちらから。

ITJ70k 女子

  1. 秋山穂乃果 Honoka AKIYAMA 7:06:13
  2. 板垣成美 Narumi ITAGAKI 7:52:00
  3. 上田絢加 Ayaka UEDA 7:52:30
  4. 相原千尋 Chihiro AIBARA (広島大学樟柳クラブ) 7:53:36
  5. 辻麻結子 Mayuko TSUJI 08:15:14
  6. 伊東ありか Arika ITO (universalfield) 8:21:39
  7. 徳本順子 Junko TOKUMOTO (ちばりよ〜RC) 8:29:59
  8. 野永美咲 Misaki NONAGA (Nona running lab.) 8:38:10
  9. 中野沙知 Sachi NAKANO (オレは摂取す/青梅トレラン部) 8:39:26
  10. フィエルド花 Hanah FJELDDAHL 8:58:59

ITJ70k 男子

  1. 近江竜之介 Ryunosuke OMI (adidas TERREX) 6:19:34
  2. 小笠原光研 Koken OGASAWARA (STUDIOG) 6:21:08
  3. 板垣辰矢 Tatsuya ITAGAKI(時之栖) 6:27:04
  4. 田村健人 Kento TAMURA (A’Sホールディングス株式会社) 6:27:09
  5. 大瀬和文 Kazufumi OSE (STRAVA/salomon) 6:33:18
  6. Tomonori ONITSUKA (THE NORTH FACE) 6:33:51
  7. 尾田賢典 Yoshinori ODA 6:37:25
  8. 河内陽介 Yosuke KAWAUCHI 6:42:40
  9. 横内佑太朗 Yutaro YOKOUCHI 6:42:48
  10. 澤柳匠 Takumi SAWAYANAGI 6:42:57
これも読む
新世代の選手が躍進・IZU TRAIL Journey 伊豆トレイルジャーニー 2021・リザルト

Around Alone 28k 女子

  1. 平田 ひより Hiyori HIRATA 2:56:46
  2. 加藤 麻実子 Mamiko KATO 3:22:05
  3. 保坂 祥子 Shoko HOSAKA 3:29:27
  4. 廣嶋 優子 Yuko HIROSHIMA 3:33:15
  5. 黒阪 裕子 Yuko KUROSAKA 3:46:35
  6. 片野 恵子 Keiko KATANO 3:46:52
  7. 池谷 みどり Midori IKETANI 3:47:40
  8. 坪根 織衣 Orii TSUBONE 3:47:55
  9. 太田 浩子 Hiroko OTA (三沢塾) 3:48:11
  10. 天野 宏子 Hiroko AMANO (三島楽走会) 3:50:02

Around Alone 28k 男子

  1. 白木 星次 Seiji SHIROKI(軽トラ) 2:38:11
  2. 保倉 敏樹 Hokura TOSHIKI 2:40:37
  3. 来住 裕也 Yuya KISHI (Shioya Mountain Club) 2:56:12
  4. 小泉 賢太 Kenta KOIZUMI 2:56:12
  5. 加藤 義裕 Yoshihiro KATO 2:58:54
  6. 五十嵐 将人 Masato IGARASHI (チキンハート) 3:05:12
  7. 渡邉 裕晴 Hiroharu WATANABE (見次クラブ) 3:06:05
  8. 折野 克己 Katsuki ORINO (おんせん県トレラン部) 3:08:10
  9. 市川 智康 Toshiyasu ICHIKAWA 3:10:33
  10. 森 智彦 Tomohiko MORI 3:16:15
Sponsored link