【本日プレミア公開】成長するスポーツとコミュニティ。ロッククライミングの神髄を再発見する『Stone Locals(ストーン・ローカルズ)』が9月11日より公開

アウトドアスポーツに引きつけられながらも、その人気の高まりゆえに最近時々複雑な気分になるなら、この映画は何かヒントを与えてくれるかも。

パタゴニアは、ロッククライミングのドキュメンタリー映画『Stone Locals(ストーン・ ローカルズ)』を9月11日(金)より、YouTube(パタゴニアチャンネル)にて公開します。

Sponsored link


公開日(本記事公開当日)は午後7時からYouTubeでのプレミア公開とトークセッションが予定されています。このイベントでは約70分の作品上映、その後45分の事前収録のトークセッションが続きます。トークセッションには映画に出演する横山「ジャンボ」勝丘さんが、倉上慶大さんとともに登壇。そして、作品の本編上映中には横山「ジャンボ」勝丘さんがYouTubeのチャットに登場する予定で、視聴者の皆さんからの質問に答える、とのこと。

YouTubeでのプレミア公開はこちらからみることができます。

パタゴニアによる作品紹介は次のようになっています。

クライミングはつねにたんなるスポーツ以上のものでした。それは、その強い衝動に同じように惹かれるはみ出し者たちに、ある種の生き方や即興の家族を授けてきました。しかし最近、このスポーツは主流化への道へと踏み出しました。最先端のクライミングジムが世界中の主要都市に出没し、岩場はこれまで以上に混雑し、クライミング映画はアカデミー賞を受賞しました。クライミングというスポーツがその人気の高まりと立ち向かうなかで、その核心とコミュニティをしっかりと固定するアンカーとなる人たちの責任は、これまで以上に重要です。彼らは他者を導き、支え、ひらめきを与えると同時に、人に教えるのと同じくらい耳を傾け、自身も学びつづける人たちです。この映画はそんな頼みの綱ともいえる5 人、クライミングの神髄を保ちながら、スポーツとしてのその発展を育む、地元の岩に住む「ストーン・ローカルズ」についての話です。

  • 『Stone Locals(ストーン・ローカルズ)』
    • 監督:マイキー・シェーファー、シェイン・レンプ
    • 編集:シェイン・レンプ、ジュリエット・ウリバリ
    • オリジナルスコア:タイラー・ストリックランド
    • 製作者:モニカ・マクルーア、アレックス・ローサ―
    • 制作総責任者:ジョシュ・ニールセン、ジャスティン・ロス
    • 出演:ダニエル・ポール、ケースレー・ファミリー、ダリオ・ベンチュラ、キャシー・カールレ、横山「ジャンボ」勝丘

この作品の予告編はこちら。

Sponsored link