7日間で100マイルのチャレンジ、「Virtual UTMF」が10月19日にスタート

さすが、UTMFはバーチャルでもかなりハードな目標を掲げてきましたね。

ウルトラトレイル・マウントフジ Ultra-Trail Mt. Fuji(UTMF)はStravaのプラットフォームでVirtual UTMFを開催することを発表しました。10月19日月曜日から7日間の期間内に走った距離の合計でUTMFと同じ100マイル(160km)を目指すこのチャレンジには、中止となった今年の大会にエントリーしていなくても誰でも参加可能です。

Sponsored link


この「Virtual UTMF」に参加するには、Stravaの会員(無料会員でもOK)となって10月12日月曜日に公開予定の「チャレンジページ」からエントリー(追記・チャレンジページが12日に公開されました)。期間中にランニングウォッチなどのGPSデバイスやスマートフォンのアプリを使ってランニングを記録してStravaに投稿します。期間中のランニングの距離の累計が160kmに達したら、「Virtual UTMF」の完走というわけです。

完走者全員にStravaのプロフィールにオリジナルのデジタルバッジが表示されるほか、国内の完走者には同じデザインのリアルな記念ワッペンに申し込み可能。さらにUTMFのスペシャルスポンサーであるThe North FaceおよびCitroënが提供する特別賞品の抽選に応募できます。

今年4月に予定されていたUTMFは新型コロナウィルスのために中止となりました。未だ以前と同じように様々なトレイルランニングイベントが開催されるような状況にはなっていない中で、「Virtual UTMF」はリアルな大会に代わる挑戦とインターネット上の交流の機会となりそうです。

THE NORTH FACEアスリートの鬼塚智徳選手(Stravaアカウントへのリンク)もVirtual UTMFに参加予定。「バーチャルレースでしか味わえない想像力とアスリートらしいチャレンジをして、特別な7日間にしたい」といいます。

THE NORTH FACEアスリートの鬼塚智徳選手(Stravaアカウントへのリンク)もVirtual UTMFに参加予定。「バーチャルレースでしか味わえない想像力とアスリートらしいチャレンジをして、特別な7日間にしたい」といいます。

同じくTHE NORTH FACEアスリートの宮﨑喜美乃選手(Stravaアカウントへのリンク)は「今だからこそ価値ある100マイルに挑みたい」と話しています。

同じくTHE NORTH FACEアスリートの宮﨑喜美乃選手(Stravaアカウントへのリンク)は「今だからこそ価値ある100マイルに挑みたい」と話しています。

Sponsored link