LAKE BIWA 100・丹羽薫がプロデュースする新大会のエントリーは8月10日火曜日まで受付中

【編者より:今年2021年10月1日(金)から3日(日)の日程で100マイルのトレイルランニングレース、「LAKE BIWA 100」が開催されることが発表されました。距離167km、累積標高9,580mD+のコースで行われる大会は「関西初の本格的な山岳100マイルレース」とうたわれています。この大会のプロデューサーで、トレイルランニング界のトップ選手として活躍する選手から、この大会に込めた思いとメッセージを寄稿していただきました。大会エントリーの締め切りは8月10日(火)に迫っていますので、ご関心ある方はお見逃しなく。】

テクニカルで過酷な100マイルレースを創りたい

LAKE BIWA 100」は滋賀県の県境を山々でつないだ滋賀一周トレイルの一部をコースとしています(京都市内に下りるなど、一部違う個所もあります)。

link


スタートは湯の山温泉で有名な三重県菰野町で、そこから鈴鹿山脈を越えていきます。この区間はかなりの山岳パートでほとんど走れないため、トップ選手でも相当時間がかかるでしょう。コースは琵琶湖を囲むように配置されており、東海自然歩道を使って琵琶湖の南西部を走ります。そして京都が誇る大文字山から比叡山へと抜け、延暦寺の雰囲気を楽しんでいただきます。最後はきついバーティカルで滋賀県が誇るスキーリゾート・びわ湖バレイに登ると、今まで走ってきた山々や琵琶湖の絶景が堪能できるでしょう。そして一気に琵琶湖に向かって下っていきます。ゴールは琵琶湖畔となっていて、日本最大の湖である琵琶湖を中心としたレースとなります。

滋賀一周トレイルをコースとする「滋賀一周ラウンドトレイル」という440キロに及ぶレースも来年2022年5月の大会開催を発表しました。こちらへの参加に興味のある方はコースの一部を下見するためにもこの大会にご参加ください。

レースプロデューサーとして私が実現したかったのは、フラットな走れるところが多いレースではなく、テクニカルで過酷で、走力より山力や耐久力、精神力が試されるようなレースです。ヨーロッパにはこういったレースが数々ありますが、日本には極めて少ないと思います。特に100マイルレースではなかなか自分が挑戦したいと思うようなレースがありませんでした。だからこういうレースを作るのが夢でした。

完走率は低くなるかもしれません。だからこそ、みんながチャレンジしがいのある大会になる、と思います。

参加者は書類選考で必要な経験や能力を確認

今回のレースを開催するにあたり、エントリーの仕方が少し普通のレースと変わっています。お問い合わせもいただいているので簡単に説明させていただきます。

まず、皆さんの最大の関心はコロナ禍で本当にレースを開催するの?ということだと思います。開催するために100人という規模でやることにしています。大会時の感染対策等は万全にしたうえで開催します。もしも状況が悪化した場合には、参加者の皆さんに、ワクチンの2回接種済みの証明か、PCR検査の陰性証明をお願いすることはあるかもしれませんが、そういう対策をしたうえで開催します。

次にエントリーの流れですが、まずはモシコムのエントリーサイトから参加申し込みをしていただきます。その後、大会実行委員会による書類選考、選考通過が定員を超えた場合には抽選を行い、選ばれた方に本エントリーをお願いすることになります。

(1)モシコムからのエントリー

8月6日(金)00:00~8月10日(火)23:59にエントリーを受け付けます。必要な記入事項は5項目ほどです(詳細は大会ウェブサイトをご参照ください)。

自分がエントリー資格があるかないかわからないという方は、エントリーは完全無料ですのでとりあえずエントリーしてみてください(大会参加に関心がないのにエントリーすることはご遠慮ください)。

(2)書類選考

エントリーされた方について大会実行委員が書類選考を行い、過去のレース経験や山岳経験をもとにこの大会を走ってもらっても危険でないと判断された方は選考通過となります。

決して速い人でないと選考通過しないわけではありませんので、ご安心ください。山岳経験のアピールポイントがあればコメント欄に記入していただければ考慮します。今回のコースのうち、鈴鹿山脈では鎖場やロープが設置されていたり、細尾根を通過するところなどが多数あります。普段ロードを中心に走っている方が参加されると、おそらくビックリされると思います。

(3)本エントリー

書類選考を通過された方には本エントリーについてご案内します。ただし定員の100人を超えた場合には、抽選を行って選考通過者100名を決定します。選考通過者は8月13日(金)にFacebookページで発表しますので、フォローをお願いします(https://www.facebook.com/lakebiwa100/

選考通過者には個別に連絡いたします。その連絡の中で本エントリーのウェブサイトのURLをお知らせしますので、そちらで必要事項を記入していただき(大会ウェブサイト参照)オンラインでお支払いいただくと、エントリー完了となります。この手続きを忘れてしまうと、せっかく選考通過しても無効になりますのでご注意ください。本エントリーの期限は8月16日(月)23:59となります。最終的なエントリーリストは、8月末に大会ウェブサイトおよびFacebookページで公開予定です。

ちょっとレース当日まで期日が限られてしまうので、参加をご検討いただいている方は、選考通過を信じてトレーニングや試走に励んでください。皆さんの挑戦をお待ちしています!

今回のレースはUTMB ワールドシリーズのクオリファイレースとなっています(ITRAポイントも申請予定で6ポイントを見込んでいます)。

【編者より・今年5月に発表されたUTMB®︎ World Seriesはモンブランで開催されるUTMB®︎ Mont-Blancを頂点に世界各地の約30の大会で構成されるシリーズ戦で、来年2022年にスタートします。この新しいシリーズ戦においては、UTMB®︎ Mont-Blancにエントリーするにはシリーズ戦に参加して被抽選権(ランニングストーン)を得る必要があります。シリーズ戦の他に設けられるクオリファイレースとは、世界各地の大会が申請すると無償で認められるレーベルで、ランナーはクオリファイレースを完走すると約30のシリーズ戦にエントリーする際に「特典」が認められます。「特典」の具体的な内容はシリーズ戦の各大会が今後発表することになりますが、例として先行エントリーの受付(アーリーバード)や抽選を行う場合にクオリファイレース完走を抽選参加資格とすることなどが挙げられています。詳しくはUTMB®︎ World Seriesのウェブサイト、および当サイトの記事(第一報第二報)をご覧ください。】
Sponsored link