来年開幕のUTMB®︎ ワールドシリーズにアイガー、スノードニアなど5大会、あわせて20大会に

2022年からUTMB®︎ Mont-BlancをシリーズファイナルとするUTMB®︎ ワールドシリーズ UTMB®︎ World Seriesを開催するUTMB Groupは、11月19日にシリーズを構成するレースとしてすでに発表済みの15大会に加わる大会として、ヨーロッパの5大会を発表しました。シリーズ初年は約30の大会がラインナップされると予告されており、残る大会も今後順次発表される見込みです。

なお、ウルトラトレイル・マウントフジ Ultra-Trail Mt. Fujiは来年の大会概要について発表する際に、2022年のUTMB®︎ワールドシリーズへの加入は見送るものの、2023年以降については前向きに検討していることを明らかにしています。

link


11月4日に発表された7大会

  • Ultra-Trail Snowdonia by UTMB®(イギリス・ウェールズ、2022年7月1-3日)
    • ウェールズのスノードニア・ナショナルパークをコースとし、50km、100km、100マイルが行われます。
  • Restonica Trail by UTMB®(フランス・コルシカ島、2022年7月7-9日)
    • 地中海のコルシカ島を縦断するロングトレイルとして知られる「GR20」をコースとする大会。110km、69km、33km、17kmの4つのレースが行われます。
  • Trail Verbier Saint-Bernard by UTMB®(スイス、2022年7月8-10日)
    • モンブラン山麓のヴェルビエを拠点にテクニカルなトレイルをコースとする大会で、140km、76km、45km、26kmの4レース。
  • Eiger Ultra Trail by UTMB®(スイス、2022年7月15-17日)
    • ユネスコ世界自然遺産となっているスイスアルプス ユングフラウ – アレッチ Swiss Alps Jungfrau-Aletsch」に臨むエリアで開催され、次回で第10回目の開催。101km、51km、35km、16kmなどのレースのほか、新たに250kmのチームレースが新たに加わります。
  • Wildstrubel by UTMB®(スイス、2022年9月8-11日)
    • スイスのヴァレー州とベルン州にまたがるスイスアルプスで来年新たに開催される大会。スキーリゾートとして知られるクラン・モンタナを拠点に106kmのほか、50km、23kmのレースを開催予定。

すでに発表済みのUTMB®︎ ワールドシリーズの15大会

これも読む
コロナ禍の海外レース挑戦記・スペイン Val d’Aran by UTMB(その5)コロナ以前の高揚感が戻ったスタート、スタートからまもなくピレネーの稜線が目の前に広がる【久保信人】

今年5月に発表されたUTMB®︎ ワールドシリーズは、IRONMANグループとの提携により世界各地で開催される約30のトレイルランニング・イベントから構成されるシリーズ。UTMB®︎ Mont-Blancがチャンピオンを決定する年間の「ファイナル」と位置付けられ、米州、欧州、アジア・オセアニアでそれぞれ「メジャーズ」となる大会を設定、さらに「シリーズイベント」が世界各地に設定され、全体で約30大会で構成されます。各大会では「50K」、「100K」、「100M」 の3種目(いずれか、または複数)が行われ、ファイナルとなるモンブランのOCC、CCC®︎、UTMB®︎の3レースについてはシリーズのレースを完走することが抽選参加の条件となります。このほか、シリーズのレースで上位(メジャーズについては男女それぞれ上位10名、その他は男女それぞれ上位3名)に入ることでモンブランで行われるファイナルに出場することができます。この他、シリーズ戦のほかに設けられる「クオリファイアー」は希望する大会に無料で認められ、これを完走した場合にはシリーズの各レースへの参加で抽選免除など優遇される仕組みとなっています。

Beyond Jogging
マインドフル・ランニングの名著
「ほんとうのランニング」初邦訳

2021年12月発売
Sponsored link