Suunto、中国メーカーが買収してアメアスポーツから離脱

1月10日、Amer Sportsは傘下のスポーツウォッチ、ダイブコンピューターなどのブランドとして知られるを、中国の家電企業であるLieshengに売却することを発表しました。取引は2022年前半に完了する見込みで、取引に伴う対価などは発表されていません。

1936年にコンパスのメーカーとしてフィンランドで創業したSuuntoは1999年にAmer Sportsの傘下に。2019年に中国のAnta SportsがAmer Sportsを買収しています。一方、2015年に広東省で設立されたLieshengはワイヤレスイヤホンやスマートウォッチのブランド「Haylou」で知られるテック企業です。プレスリリースによれば、Suuntoは買収後もブランド、製品、サービス、取引関係や従業員のステータスなどに変更はないとされています。

Sponsored link