これまでと何が変わる?2022年のUTMB®︎ Mont-Blancのエントリーが1月18日まで受付中

今年2022年は8月22日から28日の日程でUTMB®︎ Mont-Blancが開催されます。そして今年の大会に向けたエントリー受付は1月18日火曜日まで受付中です。

これまでの「ポイント」数で決められたエントリー資格を満たしてエントリーし、その後の抽選で出場権が得られるという仕組みは今年が最後。コロナ禍で中止となった2020年からの出場権の持ち越し、2022年からスタートするUTMB®︎ World Seriesに伴う変更、など例年とは変更された点もあります。

Sponsored link


OCCはMCCのコースを取り入れた新コースに

今年の大会においても昨年と同じく7つのレース(UTMB®︎、CCC®︎、TDS®︎、OCC、PTL®︎、MCC、YCC)が開催されます。そのうち、次のレースについては前回からの変更点があります。

  • TDS®︎:コースは変更なし(145km 9,100mD+)。スタート時刻が22日火曜日の24時(あるいは23日水曜日0時)に(前回は火曜日15時、前々回は水曜日の早朝にスタート)。
  • OCC:コースを一部変更。Trient(23km)からはMCCと同じコースでCol de Balme(33km)を経由してArgentière(44km)へ。
  • YCC:2000〜2008年生まれのユース世代を対象としたレースで、フォーマットを変更。火曜日にCourmayeurでトレイルランニングのレースを行なったのち、水曜日にシャモニーで短い距離で新形式のレース(前日のレースの順位とは逆の順番でスタート)を開催。

エントリー資格に「ポイント」が使われるのは今年が最後

昨年5月に発表されたとおり、2022年からUTMB®︎ Mont-BlancはUTMB®︎ World Seriesの「ファイナル」に位置付けられ、エントリーはUTMB®︎ Indexの取得というエントリー資格とRunning Stoneによる抽選チケットの組み合わせによる仕組みとなります。

2022年はこの新しいエントリーの仕組みへの移行年となり、これまでの資格ポイントによるエントリーと、新しい仕組みによるエントリーのいずれかでエントリーできます。ただし、資格ポイントによるエントリーは従来のITRAによるポイントではなく、UTMBによるポイントである必要があります。*

*昨年5月のUTMB World Seriesの発表に合わせて、UTMBはITRAが審査、管理するポイントの仕組みを利用しないこととしました。UTMBは世界中の大会に対して、新たに立ち上げたUTMB®︎ World Series Qualifierへの登録を無償で受け付けており、そのリストを公開。各レースはUTMB®︎ Indexの4つの種類(100M, 100K, 50K, 20K)のいずれかと認められるほか、2022年UTMB Mont-Blancのエントリー資格となる2021年末までのレースについてはそれぞれの数も認めています。日本国内の大会に関しては、、UTMBの両方のリストに掲載されているものが多いようですが、ITRAのリストに掲載されていてもUTMBのリストには掲載されていないレースもあります。
UTMBのQualifierのリスト。2021年末までのレースについては新たに設けられた「50K」などの分類と、ポイント数が併記されている。

UTMBのQualifierのリスト。2021年末までのレースについては新たに設けられた「50K」などの分類と、ポイント数が併記されている。

UTMBのQualifierのリスト。2020年末までのレースについては新たに設けられた「50K」などの分類と、ポイント数が併記されている。

UTMBのQualifierのリスト。2022年以降のレースは「100M」などの分類のみで、ポイント数は書かれていない。

抽選なしで出場権が獲得できるケース

2021年TDS®︎の完走者

2021年のTDS®︎はレース開催中に打ち切りとなり、Bourg-Saint-Mauriceまで到達した選手は完走者とされました。これらの選手については2022年のTDS®︎に抽選なしで出場権が獲得できます(ただし、ポイントなどのエントリー資格、エントリー料については免除されません)。

エリート選手

UTMBが算出するUTMB Indexによって定められた基準を上回る選手はそれぞれの抽選なしでエントリーが可能なほか、条件によってはエントリー料も免除されます。このほか、今年から始まるUTMB®︎ World Seriesの約30のレースで上位となった選手についても抽選なしで出場権が認められます。

2020年大会の出場権を持つ選手

2020年大会がコロナ禍で中止となったことにより、2020年大会のUTMB®︎, CCC®︎, TDS®︎, OCCの出場権を持つ選手は2021年、2022年、2023年のいずれかの同じレースへの出場権が認められます(ポイントなどのエントリー資格、エントリー料については免除されません)。

チャリティ枠

慈善目的、健康目的、環境目的のそれぞれのチャリティ枠での参加については一般のエントリーに先立って、受付が行われ、すでに締め切られています。

Running Stoneで抽選に参加するケース

UTMB®︎については次の二つが抽選参加への条件となります。

  • UTMB®︎ Qualifierとなっているいずれかのレースを完走することで、「100K」または「100M」のUTMB Indexが算出されていること
  • 昨年までのUltra-Trail World Tourや「by UTMB®︎」のレース(リストはこちら、Val d’Aran by UTMB®︎については例外あり)を完走することで、1個以上のRunning Stoneを得ていること(一個につき抽選チケット1枚で抽選に参加)
これも読む
北米のCanyons、Speedgoat、東欧のIstria、Julian Alpsが加わって来年開幕のUTMB®︎ ワールドシリーズは24大会に、Val d’AranとTranslantauがメジャーズに決定

CCC®︎, OCC, TDS®︎については後者のみでエントリーが可能となります。

ポイントで抽選に参加するケース

レースを完走することで認められるポイント数でも抽選参加資格が認められます。ただし、この「ポイント」は先述の通りITRAによるものではなく、UTMBが新たに設けたQualifierとなったレースについてのみカウントされます。

  • UTMB®: 10ポイント(2019年1月1日から2021年12月31日までのレースで、最大2レースの累計)
  • CCC®: 6ポイント(同上)
  • TDS®: 8ポイント(同上)
  • OCC: 4ポイント(同上)

このほか、2018年のUTMB®︎ Mont-Blancについてはポイントが認められます。

ポイントを満たして抽選に参加する場合は抽選チケットは1枚ですが、2020年大会の抽選で外れている場合は1枚追加されて2枚の抽選チケットで参加できます。

Sponsored link