2022年のSkyrunner World Seriesの日程が発表、粟ケ岳スカイレースは5月29日開催の第3戦に #Skyrunning

2022年のスカイランナー・ワールドシリーズ Skyrunner®︎ World Seriesの日程が発表されました。今年は5月29日に予定されている粟ヶ岳スカイレース Mt. Awa Skyraceを含むレースの数は13で昨年と変わりませんが、新たなレースも加わっています。年間ランキングのポイントにより「ティア1」、「ティア2」にレースが区分されるほか、昨年は設定を見送られた「スカイマスターズ」が復活。10月8日のゴルベイア・スシエン Gorbeia Suzien(スペイン・バスク)がスカイマスターズとなり、シリーズのファイナルとなります。

(写真・昨年のGorbeia Suzien で優勝のデニサ・ドラゴミル Denisa Dragomir © Andres Nuñez)

link


シリーズの開幕は5月8日のフランスのスカイレース・デ・メテイザン Skyrace des Matheysins。昨年との比較で新たに加わったのは昨年の世界選手権が開催され、今年は名称を新たにしたGarmin EPIC Trail(スペイン・カタルーニャ)、オーストリアのSchlegeis 3000 Skyrace、ポルトガルのLouzan Skyrace。一方、昨年のシリーズ戦で今年はラインナップされていないのは6月のリビーニョ・スカイマラソン Livigno SkyMarathon、昨年新たに加わったばかりだった9月のグリーネ・スカイマラソン Grigne SkyMarathon、シリーズ最終戦として注目を集めてきた10月のリモーネ・スカイレース Limone Skyrace Extreme,。イタリアの3レースが外れて、今年のスカイランナー・ワールドシリーズにはイタリアの大会がないことになります。

「ティア1」の9レースでは男女のそれぞれ上位20選手には順位に応じたポイントが与えられるほか、男女それぞれ上位10選手にスカイマスターズへの出場権が認められます。「ティア2」の3レース(粟ケ岳、Schlegeis 3000 、Louzanskyrace)についてはポイントの上限がティア1より低く、付与されるのも男女それぞれ10選手まで。スカイマスターズへの出場権も男女それぞれ5選手となります。

スカイマスターズでは男女それぞれの上位10選手に総額1万5千ユーロの賞金が与えられるほか、ポイントの年間ランキングで上位選手に総額3万5千ユーロの賞金も用意されています。

これも読む
DC Weekly 2021年8月2日 スカイランニング・ユース世界選手権/今週末はTJAR開幕
Sponsored link