イギリスで開催中のDragons Back Race、エリザベス女王の逝去を受けてフィニッシュ会場を変更

イギリス・ウェールズで9月5日月曜日から10日土曜日の日程で開催中の380kmの山岳ステージレース、Dragons Back Raceは8日木曜日のエリザベス女王の逝去の一報後まもなく、大会の運営についての変更を予告。その後、大会は続行するものの、大会の様子などのSNSへの露出などは控え、フィニッシュ地点をカーディフ城から近隣の公園に変更することを発表しました。

エリザベス女王逝去の一報の直後の大会の発表は次のとおりでした。

link


エリザベス女王陛下のご逝去を受け、レースの終盤の展開に変更を加えることになりました。私たちのチームは、イベントを終了するための緊急事態の手配を最終的に決定しており、詳細が確認され次第、公表いたします。

私たちの最優先事項は、参加者とイベントチームのケアをすることです。参加者の安全と幸福を確保することは、私たちのすべての決断に反映されます。

ご家族やご友人が心配事や疑問がある場合は、大会までメールをお送りください。

レースのリザルトは確定次第、大会ウェブサイトにアップロードされます。また、これらのプラットフォームを通じてのコメントやメッセージにはお答えできませんので、ご了承ください。

国王陛下と王室の皆様に深くお悔やみを申し上げます。

(一部編者にて改変)

その後の大会からの運営の変更についてのアナウンスは次のとおり。

女王陛下の逝去の報に接し、カーディフ城が国民の弔いの場として重要な役割を果たすと考え、一時中断を余儀なくされました。私たちは緊急時対応策を講じ、レースが継続されることを確認することができました。

5日目は当初の予定通りスタートし、ゴールします。6日目は、城壁のすぐ外側にあるビュート・パークがゴールとなります。

このため、参加者やイベントチームのためにカーディフでキャンプをすることはできません。最終日の詳細については、参加者に連絡し、レース終了後にお知らせします。

メディアチームは、通常通りコース上でコンテンツを撮影する予定です。この資料の全容は後日お伝えします。それまでの間、大会のトラッキングサイトで選手たちの歩みを追うことができます。

Dragons Back Racehは従来の隔年開催から毎年開催になり、開催時期も5月から9月に変更。コースも6ステージ合計380km、累積獲得高度17,400mD+へ刷新して昨年から新しい形で開催されています。ウェールズ北部のコンウェイ Conwyをスタートしてカーディフ城でフィニッシュする今年の大会は9月5日月曜日午前6時(日本時間同日午後2時)にスタートし、42カ国から600人が参加しています。

Sponsored link