プレビュー・Golden Trail Series Grand Final、10月26-30日にマデイラ島の5ステージ、合計109kmで開催

ゴールデントレイルシリーズの年間チャンピオンを決める最終戦、「Golden Trail Series Grand Final」が10月26日から30日にかけて開催されます。5月のZegama-Aizkorriで始まった6つのシリーズ戦を経て最終戦となるのは「Madeira Ocean & Trails」。北大西洋のマデイラ島(ポルトガル)の五日間にわたる5つのステージで行われる合計109km、7,382mD+のステージレースです。

(Photo © Golden Trail Series / Jackson groves)

Sponsored link


男女それぞれ30人のエリート選手が集結、賞金総額は2600万円

マデイラ島で開催される「グランドファイナル」に出場できるのは、これまでのシリーズ6戦の結果によるポイントランキングに基づいて招待される選手のみ。ランキングの男女それぞれ上位30人が招待の対象となります。

Madeira Ocean & Trailsでは5つのレースそれぞれについて、男女それぞれの1位から30位までに100ポイントから2ポイントまでのポイントを付与(第3ステージのタイムトライアルについては半分の50ポイントから1ポイントを付与)。この5つのレースで得られたポイントと、これまでの6つのシリーズ戦で得られたポイント(各選手が各レースで獲得したポイントのうち、3つ以内のレースで得たポイントの最大値)を合算。そのランキングにより年間チャンピオンが決まります。ユニークなのは、マデイラの5つのレースは全てを走る必要はないとされている点。6つのレースとマデイラでのグランドファイナルを合算したポイントが450ポイントに達していれば年間ランキングの対象となるので、他の選手とのポイントの差や自らの体調や疲労度から判断してマデイラでの5つのレースのどれかに敢えて出ないという選択肢もあり得ることになります。

マデイラでは毎日その日のステージについて男女それぞれのトップ3が賞金の対象となるほか、各ステージに設定される登りセクション “Climbing”、下りセクション “Downhill”、走れるセクション “Sprint”のそれぞれタイム順に男女それぞれトップ3が賞金の対象となります。これに加えて、下記で紹介する各国のナショナルシリーズ参加者によるチーム戦の賞金、オープンカテゴリーのレース上位への賞金をあわせると、Madeira Ocean & Trailsでの賞金総額は17万8500ユーロ(日本円で約2600万円)、マデイラまでの6戦で贈られた賞金もあわせた今シーズンの賞金総額は30万ユーロ(日本円で約4370万円)に達します。

Madeira Ocean & Trails の全5ステージのレースの概要は次の通りです。

  • ステージ1・24.5km 1,540mD+ 10月26日水曜日午前9時(日本時間同日午後5時)スタート
    • Start / Finish: セイシャル Seixal
    • Uphill Segment: 2.1km 685mD+
    • Sprint Segment: 1.9km 0mD+ 0mD-
    • Downhill Segment: 3.0km 785mD-
  • ステージ2・26.6km 1,425mD+ 10月27日木曜日午前9時(日本時間同日午後5時)スタート
    • Start / Finish: マシコ Machico
    • Uphill Segment: 1.3km 210mD+
    • Downhill Segment: 1.0km 280mD-
    • Sprint Segment: 0.65km 0mD+ 0mD-
  • タイムトライアル・6.6km 350mD+ 10月28日金曜日午後5時(日本時間29日土曜日午前1時)スタート
    • Start / Finish: Casa do Sardinha / Quinta do Lorde
    • Sprint Segment: 0.32km 0mD+ 0mD-
    • Uphill Segment: 0.29km 45mD+
    • Downhill Segment: 0.62km 60mD-
  • ステージ4・26.2km 1,940mD+ 10月29日土曜日午前9時(日本時間同日午後5時)スタート
    • Start / Finish: Curral des Freiras
    • Downhill Segment: 1.0km 250mD-
    • Sprint Segment: 1.1km 40mD-
    • Uphill Segment: 3.6km 350mD+
  • ファイナル・26.2km 1,940mD+ 10月30日日曜日午前9時(日本時間同日午後5時)スタート
    • Start / Finish: Babosas / Funchal
    • Uphill Segment: 2.1km 305mD+
    • Sprint Segment: 1.1km 40mD-
    • Downhill Segment: 2.1km 305mD-
これも読む
ウルトラトレイル・マウントフジ Ultra-Trail Mt. Fuji 2022 プレビュー #UTMF

エリートレースの出場選手は次の通りとなります。

男子 Men

  • レミ・ボネ Rémi BONNET (SUI – /Redbull):現在ランキング1位、524 pts
  • ダニエル・オサンス Daniel OSANZ (ESP – Adidas Terrex):3位、444 pts
  • マヌエル・メリャス Manuel MERILLAS (ESP – Scarpa):4位、438 pts
  • エルハウジン・エラザウィ Elhousine ELAZZAOUI (MAR – Pini Mountain Racing):5位、406 pts
  • Ruy UEDA (JPN – Red Bull):7位、398 pts
  • ティボー・バロニアン Thibaut BARONIAN (FRA – Salomon):8位、396 pts
  • ロバート・プケンボイ Robert PKEMBOI (KEN – Sky Runners Kenya): 8位、396 pts
  • アントニー・フェルベル Anthony FELBER (FRA – Sidas X Matryx):10位、384 pts
  • エリ・ヘミング Eli HEMMING (USA – Aerobic Monsters):11位、378 pts
  • バート・プレジェドボスキ Bart PRZEDWOJEWSKI (POL – Salomon):15位、314 pts
  • サム・ヘンドリー Sam HENDRY (CAN – Salomon):16位、294 pts
  • ペトロ・マム Petro MAMU (ERL – Scarpa):19位、244 pts
  • アドリアン・ミショー Adrien MICHAUD (FRA – Scott Running):20位、240 pts
  • アンネシュ・カレビック Anders KJAEREVIK (NOR – Salomon):21位、216 pts
  • アンジェイ・ヴィテク Andrzej WITEK (POL – Dynafit):22位、212 pts
  • ペーター・フラノ Peter Fraňo (SVK – Salomon):23位、200 pts
  • モルガン・エリオット Morgan ELLIOTT (USA):25位、 194 pts
  • コンスタンティノス・パラデイソプロス Konstantinos PARADEISOPOULOS (GRE – Dynafit):27位、150 pts
これも読む
マウンテンランニング・トレイルランニング世界選手権(タイ・チェンマイ)プレビュー前編・アップヒル種目とロングトレイル種目 #WMRTC2021

女子 Women

  • ニアンケ・ブリンクマン Nienke BRINKMAN (NED – Nike Trail):1位、600 pts
  • ソフィア・ラウクリ Sophia LAUKLI (USA – Salomon):2位、532 pts
  • サラ・アロンソ Sara ALONSO (ESP – Salomon):4位、492 pts
  • エリセ・ポンセ Elise PONCET (FRA – Sidas X Matryx):5位、418 pts
  • ケイトリン・フィールダー Caitlin FIELDER (NZL – Salomon):6位、406 pts
  • ベイリー・コワルジック Bailey KOWALCZYK (USA – Salomon):7位、372 pts
  • マルセラ・バシノバ Marcela VASINOVA (CZE – Salomon):9位、354 pts
  • ダニ・モレノ Dani MORENO (USA – One One/Rabbit):10位、332 pts
  • ジュリー・ルー Julie ROUX (FRA – Salomon):11位、306 pts
  • オイアナ・コルタザ Oihana KORTAZAR (ESP – Salomon):11位、306 pts
  • テレス・ルブーフ Theres LEBOEUF (SUI):11位、306 pts
  • タボー・ヘミング Tabor HEMMING (USA – Aerobic Monsters):14位、300 pts
  • アリー・マクラフリン Allie MCLAUGHLIN (USA – On Running):14位、300 pts
  • パトリシア・ピネダ Patricia PINEDA (ESP – La Sportiva):16位、284 pts
  • ジョアンナ・アストロム Johanna ÅSTRÖM (SWE – Arc’Teryx):19位、240 pts
  • シルビア・ノードスカー Sylvia NORDSKAR (NOR – One One):21位、228 pts
  • イリス・パッセー Iris PESSEY (FRA – Scott Running):22位、222 pts
  • フィリアリース・キサン Philiaries KISANG (KEN – Daudin/On Running):29位、156 pts
これも読む
11月26-29日開催「TAMBA 100 アドベンチャートレイル(プレ大会)」

各国・地域のGTNSからの招待選手はオープンカテゴリーに

今年は世界の11の国・地域(フランス、米国およびカナダ、イタリア、スペインおよびポルトガル、イギリス、メキシコ、スロベニアおよびクロアチア、ドイツ・オーストリア・スイス、チェコ・スロバキア・ポーランド、北欧4カ国、日本)でゴールデントレイルシリーズの各国版となる “Golden Trail National Series” (GTNS) が開催されました。

これらのGTNSのそれぞれのランキングで男女それぞれの上位3人は、Madeira Ocean & Trailsの参加資格が設けられず誰でも参加できるオープンカテゴリーに招待されています。同じコースとフォーマットのレースながら、上記の男女それぞれ30人のエリート選手によるレースとは別のレースとなるオープンカテゴリーについても、5つのステージを通した男女それぞれ上位5位までに賞金、上位3位までに来年のワールドシリーズのシリーズ戦への招待という特典があります。このほか、GTNSの各国・地域のチーム戦も行われ上位3チームに賞金が贈られます。チーム戦は各ステージの男女それぞれタイムのよい2人の選手が集計対象となります。

日本からはGTNSジャパン全5戦のランキングでトップ3に入った男女あわせて6選手がオープンカテゴリーに招待されています。

男子 Men

  • 吉野大和 Yamato YOSHINO (JPN – GONTEX/INSTINCT):GTNS Japan 1位
  • 小笠原光研 Koken OGASAWARA (JPN) :同2位
  • 甲斐大貴 Hiroki KAI (JPN) :同3位

女子 Women

  • 尾藤朋美 Tomomi BITOH (JPN):GTNS Japan 1位
  • 長野安那 Anna NAGANO (JPN):同2位
  • 澤田由紀子 Yukiko SAWADA (JPN ):同3位

大会期間中のグランドファイナルについては当サイトも発信する予定

開催期間中の「Golden Trail Series Grand Final」は通信事情のためライブストリーミングによる配信は行われませんが、毎日現地時間午後8時(日本時間翌日午前4時)からその日のレースのハイライトと選手のインタビューが、ゴールデントレイルシリーズのウェブサイトで配信される予定です。

このほか、ゴールデントレイルのInstagramアカウントFacebookページでも随時リアルタイムで情報が発信されます。

当サイト、DogsorCaravanでも「Golden Trail Series Grand Final」のハイライトと現地からのレポートを大会期間中に掲載する予定です。

Sponsored link